本「蜜蜂と遠雷」

テーマ:

蜜蜂と遠雷

 

恩田陸 幻冬舎 2016年9月

蜜蜂と遠雷 蜜蜂と遠雷
 
Amazon

 



3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

 

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!

 

 

 

ピアノコンクールの話だけで、こんなに盛り上がるとは、なんて、素晴らしい小説なんだろう。

 

言葉巧みで、豊かな表現に、ピアノの素晴らしい演奏が聞こえてきそう。

 

 

 

天才肌の出演者たちのコンクール。

ライバルでありながら、競っているというよりは、仲間意識を感じているところがいい。

予選,を勝ち残っていくにつれ、成長していくところもいい。

 

そして、若い人たちに交じって、今はサラリーマンという男性が家庭と仕事がありながら、コンクールに出場していて、夢をあきらめずに挑戦している姿もよかった。

 

審査員の人物像も描かれていて、審査員側からの目線も感じられた。

 

読み終わった後も、音楽の余韻に浸っている感じ・・・・・・・・・・・

 

お気に入り度★★★★★

AD

映画「ロブスター」

テーマ:

ロブスター

 

監督: ヨルゴス・ランティモス

 出演: コリン・ファレル, レイチェル・ワイズ, ジェシカ・バーデン, オリビア・コールマン, アシュレー・ジェンセン

2015年

 

 

 

 

ギリシャの奇才、ヨルゴス・ランティモス監督によるSFドラマ。独身者は身柄を確保されてホテルに送られ、そこで45日以内にパートナーを見つけなければ、動物に姿を変えられるという近未来。ひとり身になったデヴィッドもホテルへと送られ…。 

 

 

独身者は罪という社会。

独身者は身柄を確保されてホテルに送られ、そこで45日以内にパートナーを見つけなければ、動物に姿を変えられる。

 

ひとり身になったデヴィッドは、このホテルに送られる。

 

動物に変えられるより、テキトーな相手を見つけて、うまくやればいいのでは?と思ったが、そう単純なことではなさそうだ。

カップルになったら、お試し期間みたいなのがあるようで、そこでも、本音がみえるような試練も・・・・・・・・・・・

 

森には、ひとり者が集まっているグループがいる。

ここでは、恋愛が禁止と正反対だ。

 

 

 

簡単に殺されたりして、おそろしいかったけれど、ユーモアを交えた可笑しい作りであり、不思議な世界。よく、こんな変なしくみを考えたものだ。

 

 

見終わったすぐは、なんなんだ、この映画は!とあっけにとられたが、時間が経つにつれて、みょうにくせになる。この不条理な世界の中に入ってしまった。

 

お気に入り度★★★

AD

ウエディングドレス

 

玉岡かおる 幻冬舎 2016年6月

 

 

 

世界中の女性に愛されるウエディングドレスを制作し、国際的なファッションデザイナーとして活躍する佐倉玖美。草分け的な婚礼貸衣装業を展開し、結婚式のひとつの様式を築いた服飾研究家の田代窓子。生い立ちも性格も体つきも対照的な女学校の同級生。「夢」と「自立」をめぐる女たちのレジスタンス!

 

 

大阪のレストランで再会した女学校の同窓生、佐倉玖美と田代窓子。
彼女たち二人の会話は、思い出話にうつる。

女学校時代は、共に同じ夢を持ち、一緒に学んだ二人だったが、時代とともに、戦争に翻弄され、別の道を進む。
一人は、母の洋裁教室を手伝う。一人は結婚。
その後も困難が続き、交流も途絶える。

 

 

そして、たどりついた先は、結婚式に関係した衣装の仕事だった。
洋装と和装という違う方向だが、二人の到達点は、同じところのように思う。

女性が仕事をして生き抜いていき、新しいことを始めるということは、並大抵のことではなかっただろう。女性の一代記としての読みものとして、読みごたえがあった。

 

今では、ウエディングドレスを結婚式で着ることは、当たり前のように思われているが、美しいことを禁止されていた時代からしたら、どれほど、幸福なことなのか。

その歴史の深さを感じた。

 

女学生時代の教師、ムッシュ河原崎。夢をあきらめないように指導した彼の存在がよかった。


後で知ったことだが、佐倉玖美は桂由美さんがモデルらしい。



お気に入り度★★★★★

AD

映画「さざなみ」

テーマ:
さざなみ

 監督: アンドリュー・ヘイ
出演: シャーロット・ランプリング, トム・コートネイ
2015年
 
さざなみ [DVD] さざなみ [DVD]
4,104円
Amazon


シャーロット・ランプリング主演、男女の結婚観や恋愛観の埋められない違いを描いたドラマ。田舎でふたり暮らしの仲睦まじい夫婦、ジェフとケイト。しかし、ジェフ宛ての1通の手紙が届いたことで、ふたりに危機が訪れる。




手紙が届いてからの夫の態度って、どうよと思う。
ただ、懐かしんでいるだけかもしれないけど、妻は傷つくよ・・・・・
妻の気持ちをわかっていない。


いくつになろうと、女は女。
自分と知り合う以前のこと。今は亡くなっている女性。
しかし、自分にはないものを手に入れていた・・・・・・・

心がざわめく妻・・・・・・
いっしょに暮らした45年って、何だったんだろうって考えてしまうよね。



仲睦まじい夫婦だったのに、今までの生活が、壊れてしまうのか!?





お気に入り度★★★★

本「壁の男」

テーマ:
壁の男

貫井徳郎 文藝春秋 2016年10月
 
壁の男 壁の男
 
Amazon
 

ある北関東の小さな集落で、家々の壁に描かれた、子供の落書きのような奇妙な絵。
その、決して上手ではないが、鮮やかで力強い絵を描き続けている寡黙な男、
伊苅(いかり)に、ノンフィクションライターの「私」は取材を試みるが……。
彼はなぜ、笑われても笑われても、絵を描き続けるのか?

寂れかけた地方の集落を舞台に、孤独な男の半生と隠された真実が、
抑制された硬質な語り口で、伏せたカードをめくるように明らかにされていく。
ラストには、言いようのない衝撃と感動が待ち受ける傑作長篇。

 

便利屋として働きながら、子供の落書きのような奇妙な絵を描き続ける伊苅。

なぜ、描くのか?そのわけを解いていくお話。

 

ノンフィクションライターの鈴木が、伊苅のことを調べ始める・・・・・

 

時代系列はバラバラで、断片的に伊苅の過去がわかってくるが、その都度、印象が変わってくる。うまい構成だ。

 

家族や友達のことを知るうち、

ああ、そうなんだ。そうだったんだ。と・・・・・・

 

切なさがこみ上げてきた。

 

母親の言葉「才能の有無で人の価値は決まらず、何をしたかが大事」という言葉が印象に残った。

 

お気に入り度★★★★

スポットライト 世紀のスクープ

監督: トム・マッカーシー
出演: マーク・ラファロ, マイケル・キートン, レイチェル・マクアダムス, リーヴ・シュレイバー, ジョン・スラッテリー
2015年
 



2001年、夏。ボストンの地元新聞“ボストン・グローブ”の新任編集局長としてマイアミからやって来たマーティ・バロン。神父による子どもへの性的虐待事件に着目すると、これを追跡調査する方針を打ち出す。地道な取材を積み重ね、次第に事件の背後に隠された巨大な疑惑の核心へと迫っていくが…。



神父の性的虐待とは、許されない行為だ。

それも、教会ぐるみで隠蔽してきたという。
日本では考えられないが、それだけ教会の力が強いということなのか!


その疑惑に正面から対峙し、特集記事を書こうとする記者たちの奮闘ぶり。
巨大な勢力につぶされそうになりながらも、事実を伝えようとした記者たち。
ジャーナリストとしての誇りとチームワークがすばらしかった。


関わっていたのは、一人や二人ではなく、なんという多数の人物!!
エンドクレジットによる都市名の多さに唖然!!


お気に入り度★★★★★

本「χ(かい)の悲劇」

テーマ:

χの悲劇

 

森博嗣 講談社 2016年5月

 

あの夏、真賀田研究所でプログラマとして働いていた島田文子は、いくつかの職を経て、香港を拠点とする会社に籍を置いていた。人工知能に関するエキシビションの初日、島田は遠田長通という男に以前、愛知で起きた飛行機事故に関する質問をされる。トラムという動く密室で起きる殺人。その背後に感じられる陰謀。静かだった島田の生活が、その日を機に大きく動き始める。Gシリーズの転換点。後期三部作開幕!
 
 
「すべてがFになる」を読んでから、何年経つのだろう。
物語も、年が経過しているのを感じた。
 
真賀田研究所でプログラマとして働いていた島田文子が主人公だが、彼女が、どれだけ優秀なプログラマーで、真賀田四季が認めていたことがわかる。

トラムという動く密室で起きる殺人というリアルの世界とバーチャルな世界が混在する。
バーチャルの世界を文章で表現しているところがあり、その世界がわからないわりにも、その雰囲気がつかめた。
 
内容は詳しく書けないが、
昔起きたあの事故を調べていたり、あの人の登場があったりと
森氏の作品をずっと追いかけている私にとっては、たまらない1冊だった。
 
お気に入り度★★★★★

本「スタフ staph 」

テーマ:
スタフ staph   

道尾秀介 文藝春秋 2016年7月
 
スタフ staph スタフ staph
 
Amazon
 
街をワゴンで駆けながら、料理を売って生計をたてる女性、夏都。彼女はある誘拐事件をきっかけに、中学生アイドルのカグヤに力を貸すことに。カグヤの姉である有名女優のスキャンダルを封じるため、ある女性の携帯電話からメールを消去するという、簡単なミッションのはずだったのだが―。あなたはこの罪を救えますか?想像をはるかに超えたラストで話題騒然となった「週刊文春」連載作。
 
 
最初は、離婚して、ワゴン販売で生計を立てていく夏都のことが書かれていて、ひとりでワゴン販売をする大変さや、別れた夫へのおもいなど、夏都の離婚して揺れる女心がよく描かれていた。
 
その夏都が、間違えて 拉致されてしまい、事件に巻き込まれていく。あれよあれよといううちにどんどんあらぬ方向に話がいってしまうので、先を読まずにはいられない。
 
いっしょに暮らす姉の中学生の子ども智弥が、夏都の愚痴を聞く相手になっていたりして、妙に大人だと感じた。
 
いやなやつだと思っていたけど、そうでもなかったり・・・・・
最初と最後で印象が変わった人物も・・・・・・

カラスの親指 を思い出させる、事件の中にもどこかユーモアがあり、ラストにどんでん返しのあるお話。

こんな風な方法しかとれなかった人物の悲痛な心の叫びを感じた。

夏都に思いを寄せる塾講師の菅沼が不器用で、でも、夏都を思う気持ちは本物だろうな。


 
お気に入り度★★★★

 
消えた声が、その名を呼ぶ

 監督: ファティ・アキン
 出演: タハール・ラヒム, シモン・アブカリアン, マクラム・J・フーリ, モーリッツ・ブライプトロイ
2014年

 
 
 

若き巨匠、ファティ・アキン監督がアルメニア人虐殺という歴史的悲劇を背景に、声を失った男性の壮大な旅路を描いたドラマ。1915年、オスマン・トルコ。家族と引き離されたアルメニア人のナザレットは、喉を刺されながら奇跡的に生き延びるが…。

 

 

アルメニア人虐殺という歴史的悲劇を背景にした物語。

 

鍛冶職人であるナザレットは、妻と娘を愛するやさしい父親で幸せな毎日を送っていたのに、わけもなく、強制連行され、砂漠での強制労働の末に、死刑宣告を受け、ナイフでのどを掻っ切られる。

なんてむごいことをするのだろう。

 

 

声を失ったものの、奇跡的にひとり生き残ったナザレット。

石鹸工場の主人に拾われ、働くうち、昔の知り合いと再会し、娘が生きている知らされる。

ナザレットは、娘を探しに行くが、やっとたどり着いた先には、娘は移動した後で・・・・・・・・・
 
なかなか会えないが、探し続けるナザレット。


娘に会いたいと必死な思いが胸を打つ。その思いが、ナザレットの生きる糧となっていたのだろう。

娘を探す壮大な旅の物語だ。

ラストに感動!


お気に入り度★★★★

映画「ぶどうのなみだ」

テーマ:
ぶどうのなみだ

 監督: 三島有紀子
出演: 大泉洋, 安藤裕子, 染谷将太
2014年
 
 
 
 
『しあわせのパン』の監督・主演コンビが再び北海道を舞台に贈るヒューマンドラマ。北海道・空知。兄のアオはワインを作り、年の離れた弟のロクは小麦を育てている。そんなふたりの前に、キャンピングカーに乗ったひとりの女性・エリカが現れる。
 
 
 
 
アオは東京で成功してたりたが、何らかの事情で地元の北海道の空知に戻り、ワインを作り、年の離れた弟のロクは小麦を作っていた。
 
そこに、キャンピングカーに乗ったひとりの女性が、やって来る。アオは追い出そうとするが・・・・・・・・・
 
何らかのトラウマを抱えている、男女が、成長していく物語。
 
静かな時間が流れている童話のようなお話だった。
 
大地に根をはり、力強く成長しようするぶどう・・・・・
土地の人たちもやさしい感じだったし、ぶどう畑の風景に癒された。


お気に入り度★★★