花田のTOEICブログ

新宿で授業やってます!TOEIC専門校「花田塾」のホームページはこちら → http://www.hanadajuku.com/


テーマ:

人気ブログランキングへ

 

こんにちは、花田塾の花田です。

 

4月8日の第229回TOEICを受験された皆さん、お疲れさまでした!
ベストを尽くして頑張ることができた方はぜひご自分にご褒美をあげてくださいね。

 

早速、僕が受けたフォーム(ボトルから何かを飲んでいる女性の写真が1番、レジでお金を渡している写真が6番に出題されたフォーム)の 印象を書いてみたいと思います。

 

<講評>

 Part1:
 Part2: やや難
 Part3: 普通
 Part4: 普通
 Part5: やや難
 Part6: 普通
 Part7: やや難


今回のリスニングにはイギリス人とオーストラリア人のナレーターが新加入し、ベテランの5人と合わせて計8名によるバリエーション豊富な音が流れていました。Part1でも久しぶりにハイレベルな表現が用いられてたので、リズムが乱れてしまった方もいらっしゃると思います。

 

Part5では、ひっかけの選択肢が巧妙に作られている語法問題が散見され、文脈ではなく構文的にアプローチできたかが重要でした。

 

Part7は、検索型の問題が少なめで、かなり時間を要する厳しいセットが多く含まれていたので、時間内に全問を手掛けるのはなかなか大変だったかと思います。

 

というわけで、やはり普段から継続的に努力を積み重ねて、本物の英語運用能力やスピード処理能力を磨いておくことが重要だと言えるでしょうね。

 

一緒に頑張ってみたい方は、花田塾へ是非どうぞお越しください。

まだ残席がございます。

 

お申込みはこちらからどうぞ!

 

わたくし花田が各パートにおけるコツを皆さんへ直接伝授し、最新傾向に合わせた効率的かつ本物の英語トレーニングを提供いたします。

 

最後までお読みいただき有難うございました!

よろしければ、ワンクリック投票お願いします
     ↓


テーマ:

こんにちは、花田塾の花田です。みなさん春を満喫されていますか?

 

さて、早いものであれから7年以上が経ちましたが、残念ながら復興と言えるにはまだまだ長い道のりです。

 

一時的にたくさんの支援をするよりも、被災地で頑張っていらっしゃる方々の姿を胸に刻んでずっと一緒に歩んでいこう.....そんなことを考えながら続けている特別なイベントがあります。

 

意識が薄れかけてしまっている今だからこそ、また是非やりたいと思います。


第8回花田塾チャリティセミナー 

満員御礼!(キャンセル待ちとなります)

日時: 4月29日(日) 13:00~17:30(12:30より受付開始)

趣旨: 東北大震災で被害にあわれた方々への継続的支援

協賛: 朝日新聞出版

講師: 神崎正哉さんTEX加藤さんOJiM(八島晶)さん

     Rabbit(藤枝暁生)さんJet Bullさん

会場: 朝日新聞東京本社2F(朝日新聞読者ホール)
    東京都中央区築地5-3-2(大江戸線築地市場駅A2出口から

    徒歩1分)

定員: 100人(恐縮ながら定員に達し次第、お申込みは締切らせて

    いただきます)

内容: TOEIC形式の問題演習、座談会、参加者の皆様とのQ&A

    セッションetc.

費用:5,000円(全額寄付、被災者の方々への直接的な支援に充当

    されます)


お申込み方法: 当ブログの下の方にございますお申し込みフォームにアクセスのうえ、必要事項をご記入いただければ、折り返し連絡を差し上げます。


参加費用の5,000円は現金にて当日お持ちいただけますと幸いです。

 

なお、セミナー終了後に銀座周辺(築地から15分ほど歩きます)の店で懇親会も行いますので、参加されたい方はお申込みフォームにて、その旨をお知らせください(受付時に別途5,000円をお預かりします)。

恐縮ながら座席に限りがございますので、懇親会は先着40名様までとさせていただきます。

 

有難いことにいつも大変お世話になっている朝日新聞出版の齊藤さんが今年も朝日新聞社のイベントホールをおさえてくださったので、皆様の参加費用は全額寄付にまわすことができます!

 

今年も豪華な講師陣が登壇してくださることになりました!数々の貴重なtipsを得ることができることと思いますので、どうぞご期待ください!

 

これまで参加してくださった方々からは「とても有意義で参加してよかった」というお声を頂戴しております。

 

第1回花田塾チャリティセミナーの記事はこちらでご覧いただけます。

第2回花田塾チャリティセミナーの記事はこちらでご覧いただけます。

第3回花田塾チャリティセミナーの記事はこちらでご覧いただけます。

第4回花田塾チャリティセミナーの記事はこちらでご覧いただけます。

第5回花田塾チャリティセミナーの記事はこちらでご覧いただけます。

第6回花田塾チャリティセミナーの記事はこちらでご覧いただけます。

第7回花田塾チャリティセミナーの記事はこちらでご覧いただけます。

 


昨年と同様、募金先は以下のとおりです(復興が特に遅れている福島への比重を高めたく考えております)。

「東日本大震災ふくしまこども寄附金」  50%
「東日本大震災みやぎこども育英募金」 25%
「いわての学び希望募金」          25%


すぐに満席となることが見込まれますので、ご都合のつく方はなるべくお早めにこちらのフォームよりお申し込みくださいませ。

満員御礼!(キャンセル待ちのお申込みに切り替えさせていただいております)

 

24時間以内にこちらから受付確認のメールを差し上げるようにいたします。ご賛同いただける方々のあたたかいお気持ちを心待ちにしております!

 

 

 

 

 


テーマ:

人気ブログランキングへ

 

こんにちは、花田塾の花田です。

 

3月11日の第228回TOEICを受験された皆さん、お疲れさまでした!
最後までベストを尽くして頑張れた方は、ぜひご自分にご褒美をあげてくださいね。

 

新形式に変わってから、右肩にQRコードが提示されているだけで、これまでのようなフォーム番号が記載されていないうえ、マークシートの色もピンクで統一されているため、皆さんが受験されたものと同じフォームかどうか判断し難いのですが、僕が受けたフォーム(女性が男性にフォルダーを渡している写真が1番、男性が冷蔵ケース越しに立っている写真が6番に出題されたフォーム)の印象を書いてみたいと思います。

 

<講評>

 Part1: やや易
 Part2: やや難
 Part3: やや難
 Part4: 普通
 Part5: 普通
 Part6: やや難
 Part7: やや難


リスニングでは、今回もオーストラリアの新人ナレーターが登場(ベテランのオーストラリア人ナレーターも少し登場していました)していたのですが、今回はゆっくりとしたスピードでかなり抑揚をつけながら話していました。ベテランナレーター達のような安定感が出てくるまでは時間がかかるのかもしれません。

 

Part3意図問題で処理するのに時間を要するものがいくつかあり、その後の3問目までうまく意識を分散できるかが鍵を握っていたように感じました。

 

リーディングはPart5で分詞を選ばせるハイレベルな品詞問題が2つありました。Part7では第1セットから記事問題で始まり、シングルだけで3セット出題されていたので、かなり高度な速読力が必要とされていたと思います。

 

というわけで、やはり普段から継続的に努力を積み重ね、揺るぎない英語運用能力やスピード処理能力を磨いておくことが重要だと言えるでしょうね。


一緒に頑張ってみたい方は、花田塾へ是非どうぞお越しください。
3月18日(日)から新学期スタートです!
(毎学期すぐに満席となってしまいますので、ご希望の方はお早めにお申込みください)

 

お申込みはこちらからどうぞ!

 

わたくし花田が各パートにおけるコツを皆さんへ直接伝授し、最新傾向に合わせた効率的かつ本物の英語トレーニングを提供いたします。

 

最後までお読みいただき有難うございました!

よろしければ、ワンクリック投票お願いします
   ↓

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。