ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : アクション
製作年 : 2010年
製作国 : アメリカ
配給 : パラマウント ピクチャーズ ジャパン
監督 : ジョン・ファヴロー
出演 : ロバート・ダウニー・Jr.
グウィネス・パルトロウ スカーレット・ヨハンソン
ミッキー・ローク ドン・チードル
サム・ロックウェル サミュエル・L・ジャクソン


普段は普通の人間と同じ能力しか持たない天才科学者兼経営者トニー・スターク。

自ら開発した凄まじいパワーを発揮するパワード・スーツを身にまとい、いくつもの戦いを経て、メディアの前で自らが“アイアンマン”であることを明かしたトニー。

そんな彼の前に、次なる試練が待ち構えていた。パワード・スーツの受け渡しを国家から命じられるが、トニーはこれを拒否したため、査問会へ出頭を命じられる。

そんなトニー・スタークの存在に憧れながらも、同時に対抗心を燃やすウィップラッシュは、アイアンマンと同様の破壊力を身に付け、モナコGPに出場したトニーの前に現れる。

その最大の武器である“エレクトリック・デス・ウィップ”は、一撃でF1カーを真っ二つにするほどの威力だった。

さらに、次々と現れる正体不明の予期せぬ敵が、アイアンマンに襲いかかる…。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

やっと楽しみにしていた本作を鑑賞してきました~!

えっ?! 期待はずれ??? いえいえ。。個人的に思いっきり楽しめました!!

アメコミ・ヒーローの中ではスパイダーマンが大好きなのだけど パワーと決めポーズはアイアンマンの方がかっちょいい♪


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

新たな敵の登場で明らかになる スターク社の過去と未来への展望。

そしてアイアンマンをめぐる 国家や軍事産業での争奪戦。。。。トニー自身の苦悩等など 前作よりもさらに人間味を帯びたアイアンマンですね~

ただ一人相変わらずトニーを支え続けるポッターの存在が 前作からの流れを乱さず見せてくれるので 妙な安心感があります。



ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

本作で楽しみだったのは。。。。

ミッキー・ロークの悪役ではなく。。。。スカちゃんのアクション!!

どんなふうにアイアンマン&スターク社長と絡んでくるのか。。。そして 予告で見たあの動き!

もう~~惚れ惚れラブラブかっちょいい~!!!!!

女の私でも思わず「欲しい」ってい言っちゃいそう(笑)


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

この作品でたった一つ残念だったのは トニーの親友ローズ役が 前作のテレンス・ハワードからドン・チードルに変わってしまった事。。。。

ドン・チードルのイメージが物凄くまじめな人なので。。。。テレンス・ハワードの雰囲気の方がこの作品には合ってると思ってたのよね~(泣)


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

早々と次回作「アイアンマン3」の製作も決定とのことなので また首を長~~~くして 公開を待ちましょう~

あ・・・エンドロールで席を立たないで! 新たなヒーローの匂いがかげませんよ・・・・(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。