ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

原題 : Down of the Dead
製作年 : 1977年
製作国 : アメリカ
配給 : 日本ヘラルド映画配給

監督:ジョージ・A・ロメロ
製作:クラウディオ・アルジェント
アルフレッド・クオモ
脚本:ジョージ・A・ロメロ
出演:デイヴィッド・エンゲ
スコット・H・ラインガー
ケン・フォーレ
ゲイラン・ロス


20世紀末、アメリカ。大爆発を起こした惑星から発せられた特殊な光線により、死者が甦り、生者に襲いかかり、大パニック状態が起きていた。

フィラデルフィアのスラム街。

虐殺されたプエルトリコ人の死体が置かれている地下室に足を踏み入れたSWAT部隊のロジャー(スコット・H・ラインガー)は、同じく隊員で黒人のピーター(ケン・フォーレ)と共に、甦る死者の頭に弾丸を撃ち込んだ。

一方 テレビ局で働いている友人ステファン(デイヴィッド・エンゲ)とその恋人フラン(ゲイレン・ロス)と共にヘリコプターで、その町から逃れた。

上空から見ると、地上では死者たちが、生者の肉を求めて行進しており、この状況はどこへ行っても続いていた


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

今週末から新作『サバイバル・オブ・ザ・デッド』が公開になるので ”ゾンビ”という名が世間に広がるきっかけとなった作品を鑑賞して見ました。

この作品の前に”ゾンビ”が描かれた作品としては『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』があるんですが この時には”リビングデッド(生ける屍)”という表現でした。

けれど”ゾンビ”という言葉を最初に使った監督はロメロ監督ではなく 『ホワイト・ゾンビ』の原作者ガーネット・ウェストンになるんでしょうね。。。こちらの作品も鑑賞予定です。

本作を語るには『ホワイト・ゾンビ』&『地球最後の男(1932)』を見ないと語れませんね。。。。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

”リビング・デッド”と付く題名の作品は殆ど見たんですが やっぱり本作にはかないませんね。

サバイバル・ホラーなのだけど ただ恐怖を描くだけではなく屍よりも恐ろしいものを浮き彫りにしていく手法が絶妙です。

ゆっくりと歩く”ゾンビ”は一見危険には見えないのに 集団になると逃げられなくなる。。。。恐ろしい~


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ショッピングセンターでのシーンは 静と動の組み合わせ。

外の世紀末的な世界とは裏腹の暮らし。。。。つかの間の静寂等など 演出がたまらなくいいです。

このまま終息を迎えるのか?!と思っていると 新たな恐怖が始まりメリハリもバッチリです。


$ひばなのシネマの天地

ロメロ監督の”ゾンビ”は本当に奥深い!!!

きっと誤解してる方も多いと思うのですが。。。。この作品結構泣けるんです。

まだ見ていない方には是非お勧めしたい映画です。。。苦手な方にはちょっと衝撃的なシーンもありますが。。。。頑張ってみて見ください~(笑)


スマイルBEST ゾンビ 米国劇場公開版 [DVD]/出演者不明

¥1,980
Amazon.co.jp

ゾンビ 米国劇場公開版 GEORGE A ROMERO’S DAWN OF THE DEAD .../デビット・エンゲ,ケン・フォーリー,スコット・H・ラインガー

¥3,990
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。