ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : ドラマ
製作年 : 2007年
製作国 : ポーランド
配給 : アルバトロス・フィルム

監督・脚本 : アンジェイ・ワイダ
出演 : マヤ・オスタシェフスカ
アルトゥル・ジミイェフスキ マヤ・コモロフスカ


1939年9月、ポーランドは西からドイツ、東からソ連に侵攻され、両国によって分割されてしまう。

ソ連によって占領された東部へ、夫のアンジェイ大尉を捜しに妻のアンナと娘がやって来た。

アンナは捕虜になっていた夫に再会するも、目の前で収容所へと移送されていく。

やがて独ソ戦が始まり、1943年、ドイツは占領したカティンの森で虐殺されたポーランド将校たちの遺体を発見する。

しかし、アンナは夫の死を信じられない。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

記憶に新しいカティンと言えば。。。。

今年4月に 70周年の追悼式典が予定されていたのですが。。。式典に向かうポーランド空軍機が ポーランド大統領レフ・カチンスキと妻のマリア・カチンスカ、大統領府長官、国務長官、上下院副議長、ポーランド国立銀行総裁、ポーランド軍参謀総長及び陸軍・海軍・空軍の三軍の総司令官など政府や軍の要人を中心とする公式訪問団89名と乗員7名を乗せ 墜落してしまったという 痛ましい事故がありました。

この地がまだ呪われているのではないかと 思ってしまったのを思い出します。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

この作品は実際にあった事件をドラマ仕立てで描いています。

アンジェイ大尉とその家族を中心に 彼らにかかわった人々の戦争がもたらす非人道的な行いが、いかに深い傷跡を残すかという物語です。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

収容所から戻るのをひたすら待つ家族。。。ソ連の占領を甘んじて受け入れ自由への望みを捨てた人。。。自由を勝ち取るために立ち上がった人。。。

様々なポーランドに住む女性達が映し出され この国の未来への暗示になっています。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

レジスタンスに参加し 時代の変化と共に希望を抱いて大学進学をしたばかりの青年の 無情なストーリーには 「えっ?!」と驚くばかりです。

こんな風に希望を断ち切られた 若者が沢山いるのかと思うとやるせなくなりますね。。。。


$ひばなのシネマの天地

$ひばなのシネマの天地

スターリンはヒトラー以上の大量虐殺者という事実を この作品で知りそしてこの残虐な事件を忘れてはいけないと思いました。

ラストのシーンは 見ているのが辛くなり そして怒りを覚え映像が脳裏に焼きつく・・・・そんな終わりです。


カティンの森 [DVD]/マヤ・オスタシェフスカ,アルトゥル・ジミイェフスキ,マヤ・コモロフスカ

¥5,040
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。