ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : スリラー/サスペンス
製作年 : 2006年
製作国 : イタリア
配給 : ハピネット
上映時間 : 121分
監督 : ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽 : エンニオ・モリコーネ
出演 : クセニア・ラパポルト
ミケーレ・プラチド アンへラ・モリーナ
マルゲリータ・ブイ クラウディア・ジェリーニ


モニカ・ベルッチを主演に迎えた『マレーナ』が男のファンタジーを追求した映画だとすれば、本作はとことん女の映画だ。

ロシア出身のクセニア・ラパポルトが熱演するイレーナは、甘美な憧れの対象ではなく、地獄を味わい、どれだけ追いつめられても死に物狂いで生き抜いてゆくしたたかなヒロインだ。

今回、監督ジュゼッペ・トルナトーレが描くのは母性。登場するのは母になりたい女たちだ。

お得意のセンチメンタルよりもサスペンスを全面に押し出し、巨匠エンニオ・モリコーネの音楽がエモーショナルに物語を盛り上げる。

イタリア映画賞の最高峰ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞をはじめ主要5部門を独占した力作。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

題名が名作の匂いなのに Rー15指定??? と疑問を持ちながらの鑑賞です。

オープニングのシーンで R-15の謎が解け 納得の作品です。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

目をそむけたくなるような 悲惨な過去を持つ女性イレーナ。

彼女の過去の記憶と 現在の目的が交差して映像で映し出されて 主人公の思い詰めた心情が手にとるように分かります。

普通ならもっと遠くへ 過去の記憶が薄れるような場所に行くはずなのに。。。彼女が選んだのは かつて愛した人への想いを全うする場所。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

家政婦として働く彼女の目的が 少しずつ分かってくると 女性として複雑な心境になります。

まさに死に物狂い。。。。そんな風になるほど 彼女が欲しかったのは・・・

勤め先の少女に 転び方を教えるシーンは 鬼気迫る感情が恐ろしいほどでした。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

イレーナを演じるクセニア・ラパポルトの演技も体当たりという感じです。

暗い過去を持つ女性が 一縷の希望を抱いて起こす事件。。。。切なくて物悲しい展開も ラストでやっと報われる・・・・・

すっきりとはしない内容ですが 不安な表情が安堵へと変わるのを見て 幸せなのだと納得できました。


題名のない子守唄 [DVD]/ピエラ・デッリ・エスポスティ,クラウディア・ジュリーニ,クセニア・ラパポルト

¥3,990
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。