ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

原題 : Seance on a wet Afternoon
製作年 : 1964 年
製作国 : イギリス
時間:115分
配給 : インターナショナル・プロモーション
監督:ブライアン・フォーブス
製作:リチャード・アッテンボロー
原作:マーク・マクシェイン
リチャード・アッテンボロー
キム・スタンレイ
マーク・エデン
ジュディス・ドナー
パトリック・マギー


心霊術師の夫婦が綿密な計画を基に少女誘拐を実行するというサスペンス映画。

製作はリチャード・アッテンボロー、監督・脚本は「インターナショナル・ベルベット/緑園の天使」のブライアン・フォーブス、原作はマーク・マクシェイン、撮影はゲリー・ターピン、音楽はジョン・バリーが各々担当。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

レンタルショップで新作なのにモノクロ??? なんだかよさげな匂いがしたので 借りて見ました。

この作品はのちに黒沢清監督が「降霊 KOUREI」としてアレンジ・リメイクしている。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

これは。。。。秀作ですね~!!

60年代の作品にはよくつかわれるんですが カメラワークが物凄くいいんです。

それぞれの表情を カメラの切り替えで映し出していて 緊張感や心情が台詞なしで伝わってきます。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

狂気に満ちた妻の誘拐計画。。。。そして 戸惑いながらも妻に従う夫。。。。。

夫婦それぞれの悲哀が 静かで淡々としたストーリーの中でずっしりと重く感じます。

夫の妻への想い。。。そして犯罪への呵責が入り乱れて その表情が恐怖に変わっていくのが怖いです(泣)


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

誘拐された子供の母親の 悲痛な想いも重なって複雑な展開になっていきます。

警察官が夫婦の自宅を訪れるシーンは 最高にドキドキさせてくれます。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

夫さえ妻の降霊に疑問を持っていたのだけど。。。。。皮肉なラストに 唖然としてしまいます。

そして。。。夫の安堵した表情が何とも言えない作品でした。


雨の午後の降霊祭 [DVD]/リチャード・アッテンボロー,キム・スタンリー,マーク・エデン

¥3,990
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。