ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

製作年: 2008年
製作国: フランス
収録時間: 197分
出演者: フレデリック・ディーファンタル
アナベル・エトマン
カトリーヌ・マルシャル
ヤン・サンベール
監督: ニコラ・キッシュ
製作: ジャン=ピエール・ゲラン
脚本: オリヴィエ・マルシャル
メーカー: アットエンタテインメント
ジャンル: アクション ハードボイルド


オリヴィエ・マルシャルが放つノワールアクション。

かつて最強のタッグとして名を馳せながら、ある事件以来不仲となったヤックとコンスタンティン。

そんなふたりの刑事が、女性長官を狙った爆破事件の犯人逮捕をめぐって激しく抗争する。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

『あるいは裏切りという名の犬』『やがて復讐という名の雨』が物凄くよかったので 同じ脚本家さんの作品を見てみました。

この作品2部作の映画なのかと思っていたら。。。。。ドラマだったんですよね~(汗)


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ノワールといってもそんなにハードではない感じです。

ドラマなのでストーリーの展開も まさにドラマティックですが 対立する2人の刑事の過去がなかなか見えてこなくて。。。。。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

どの場面も駆け引きと取引ばかりで なんだかすっきりしないのですが。。。。

フランスの警察って こんな風なのか?と思ってしまいます。

こんなに取引ばかりで事件を追っていたら 解決するものもしないんじゃないの?という疑問さえ浮かんでしまいます。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

かつては親友だった2人の過去の清算は。。。。

最後の最後まで どうなっていくのか分からない展開です。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

4話完結なので GWにサラっと見るにはいいかもしれません。

『やがて復讐という名の雨』『あるいは裏切りという名の犬』を超えるのは 難しいんですね。。。。


猟犬たちの夜 オルフェーヴル河岸36番地-パリ警視庁 【完全版】 [DVD]/フレデリック・ディファンタール

¥5,040
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。