ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : ドラマ
製作年 : 2004年
製作国 : フランス=イギリス=カナダ
配給 : トランスフォーマー
上映時間 : 111分
監督・脚本 : オリヴィエ・アサイヤス
出演 : マギー・チャン
ニック・ノルティ ベアトリス・ダル
ジャンヌ・バリバール ジェームズ・デニス


元夫オリヴィエ・アサイヤスの脚本とメガホンで、マギー・チャンが最高の輝きを放つ。

英語、フランス語、中国語を自在に操り、ドラッグに溺れ母親失格の烙印を押されながらも「わたしは必ず変われる」と粘り強く再起を図るヒロインを演じて、カンヌ国際映画祭女優賞を受賞した傑作である。

誰もが陥る可能性のある地獄の日々を描きつつ、生きていれば必ずやり直せるという信念が貫かれていて力強い。

愛する孫の将来を真剣に案じ、最善の道を模索する義父役のニック・ノルティ、旧友を演じるベアトリス・ダルら脇を固めるキャストも秀逸。

音楽ではブライアン・イーノ、トリッキー、デヴィッド・ローバックらが楽曲を提供している。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

かつてのロックスター、リーがドラッグの過剰摂取で急死し、妻のエミリーはヘロイン所持で逮捕される。幼い息子のジェイは以前からリーの両親に預けっ放しだ。

半年の服役後、ジェイに会うこともままならず、家も仕事も失ったエミリーは再出発の地にリーと出会う前に暮らしたパリを選ぶ。

孤独と挫折感に打ちのめされながらも、なんとか職についた頃、念願の歌手デビューと、ジェイを取り戻すチャンスが舞い込む。


$ひばなのシネマの天地

麻薬中毒の上 傲慢な態度でまわりの人間を寄せ付けない主人公の生活と性格が 自業自得としか言えなくて。。。。。

何年も放っておいた子供に 愛情があるというのもちょっと理解しがたくて 腹立たしい限り。。。。


$ひばなのシネマの天地

何もかもが中途半端な感じのする彼女を それでも支える夫の父に大きな愛情を感じました。

嫌悪するほどの主人公を演じた マギー・チャンの演技は称賛に値するのかもしれません。


$ひばなのシネマの天地

ここまでクリーンになれるのだろうか。。。。ちょっと強引な感じもする展開なのだけど。。。

人生は再生できるきっと・・・ 過去を引きずってそれでも前に進む力強さが好き。


クリーン [DVD]/マギー・チャン,ニック・ノルティ,ベアトリス・ダル

¥4,935
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。