ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : ドラマ
製作年 : 2005年
製作国 : アメリカ
配給 : ワーナー・ブラザース映画
監督 : スティーブン・ギャガン
出演 : ジョージ・クルーニー
マット・デイモン ジェフリー・ライト
クリス・クーパー ウィリアム・ハート
アマンダ・ピート クリストファー・プラマー


S・ソダーバーグ監督作『トラフィック』のチームが再結集して放つ衝撃の社会派サスペンス。

監督・脚本を務めるのは、同作でアカデミー賞脚色賞を得たスティーブン・ギャガン。

アンサンブルドラマの手法で地球規模の麻薬禍を浮かび上がらせたスタイルはそのままに、今作では文明社会の至宝である“石油”をめぐっての駆け引きや陰謀を俯瞰的に見つめてゆく。

「石油とは世界が依存するコカインのようだ」とギャガンが語る通り、登場人物は石油会社重役、CIA工作員、経済アナリスト、弁護士、中東の王族、出稼ぎ労働者と多岐に渡り、彼らの人生が相互に絡み合いつつショッキングな結末を導いてゆく様は、ドラマチックであると同時にズッシリと重い。

風変わりなタイトルは、CIA近辺で用いられている中東再建プロジェクトを指す専門用語。


ひばなのシネマの天地

CIA諜報員ボブは、息子の進学を機に、キャリアに終止符を打とうと決心する…。

ひばなのシネマの天地

ジュネーブ在住の石油アナリスト・ブライアンは、ある事件をきっかけに石油王の王子ナシールの相談役となる。

ひばなのシネマの天地

一方、一流法律事務所の弁護士ベネットは、アメリカの巨大石油会社の合併調査を依頼される。

$ひばなのシネマの天地

そしてパキスタン人のワシームは、母国を離れ中東の油田で働いているが、過酷な労働と人間以下の生活に希望を失いかける…。

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

石油を毎日使っているのに 石油産出国のことを全く知らなかった自分に 情けない。。。。という感情が湧いてきます。

元CIA諜報員の自伝をもとに作られたこの作品は フィクションと言いながらも  全くの空想とは思えない ドキュメントのような作品。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

真実だと思っていたことが すべて疑惑に変わっていく。。。。そんな怖さがあるストーリーに よくぞここまで描いてくれたと感心してしまいます。

石油をめぐり 政治と金と暗躍が渦巻き 自らその中に飛び込む人はともかく 意図せずに巻き込まれていく人々に空しさと悲しみを感じました。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ラストまで緊迫感があり 現実とどうしても重ね合わせて見てしまう。。。。

こんな終わり方でいいのか??!! ホラー映画より背筋の寒くなる作品です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。