ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : ドラマ
製作年 : 2009年
製作国 : 日本
配給 : 東京テアトル
監督・脚本 : 沖田修一
原作 : 西村淳
主題歌 : ユニコーン
出演 : 堺雅人 生瀬勝久
きたろう 高良健吾
豊原功補 西田尚美
古舘寛治 黒田大輔
小浜正寛 小出早織
宇梶剛士 嶋田久作


南極隊員で料理担当であった西村淳のエッセイ「面白南極料理人」を映画化。

日本から1000キロも離れた平均気温マイナス54度の土地で働く観測隊員の生活をユーモアたっぷりに描く。

自分の意志に反して南極に単身赴任になった料理長・西村。

しかし、テレビも外食もコンビニもない南極で、朝昼晩三食を観測隊員に作る西村は、いつしか隊員たちと家族のような心の繋がりを感じるようになっていく。

ロケは北海道で行われ、セットで作られたドームふじ基地は、実際の設計者である北見工業大の教授たちにそっくりだとお墨付きをもらったとか。

出演は、堺雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補ほか。監督は本作が商業長編作品デビューとなる沖田修一。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

この作品はお腹がすいてるときには 見てはいけません。(笑)

南極の極寒の地での生活をユーモラスに描いているので その苛酷さが伝わりにくいんですが。。。。

それでも隊員8名の さまざまなドラマが楽しくてご機嫌になれます。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

物凄くおいしそうなお料理を料理担当西村が 3食+おやつまで作るんですが みんなあまり食べることに執着していないんですよね。。。。

けれど 食べることの大切さや楽しさに気がついたとき みんなの意識が変わっていきます。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

水の確保や観測など 日々の業務を淡々とこなし1日を終える。。。。そんな何の変化もない毎日。

出演者がバラエティーに富んでいるので 多分もっと過酷な日々なんでしょうが 自由で楽しそうに見えてしまう~(笑)


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

どんな料理も作ってしまう西村が 奥さんの作ったあまり上手とは言えない手料理を思い出すシーンは 何とも言えない気分になります。

家族との絆も 遠く離れて気付くものなんだなぁ。。。。と 改めて感じさせてくれます。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

この作品を見た方のコメントに 「ラーメンが食べたくなった」というのが多かったんですが。。。。納得です!!!

そして。。。。。『オーロラ? そんなもんどうでもいいっ!』に爆笑でした~

楽しくて面白くて ちょっぴり切ないとってもおいしいお話でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。