ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル:ミステリー
原題 :TEN
脚本 :ドン・ボーリンガー
制作年:2008 年
制作国:オーストリア
収録時間:90分

監督:ウルズ・エッガー
出演:クリストフ・ヴァルツ
ジルク・ボーデンベンダー
トビアス・モレッティ
スティーヴン・バーコフ


『イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツ主演によるサイコサスペンス。

ひばなのシネマの天地

とある地下室で拷問された若い売春婦の死体が発見される。

さらに翌日には両腕を切られた麻薬の売人の死体が見つかり、捜査官のペーターズは捜査に乗り出すのだが…。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

映画かと思って借りて見たら 海外ドラマ。。。。でした。

第2章も5月7日にリリースとのことなので 2本揃ってから鑑賞するのがベストかもしれませんね~


$ひばなのシネマの天地

$ひばなのシネマの天地

$ひばなのシネマの天地

猟奇的な殺人事件が連続して起きる。 一見バラバラに見える事件を捜査していくうちに ある共通点を見つける。

けれど 犯人像は全く浮かび上がらず 捜査も進展しない。。。。。

時間を見るとあらら。。。。このまま いきなり犯人逮捕になっちゃうのかしら~と心配になるような展開。

この時まさか 第2章があるなんて知る由もなく。。。。。(泣)


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

登場人物もバラエティーに富んでいて どの人も怪しい感じ。。。。

推理小説やミステリー・サスペンスが大好きな人にとっては 物凄く想像力を掻き立てられるストーリーです。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

捜査官の家族の絆と過去のトラウマ。。。。新人刑事との不倫や同僚たちの様々な立場など ドラマならではの人物の描き方でわかりやすいですね。。。

この作品は 事件の序章と人物紹介的な形なので どんどん目新しいシーンが登場するので 画面から目が離せません。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

まだ点でしかないこの事件が どんなふうに展開していくのか 物凄く楽しみです!!

まさか 第3章。。。。ってことはないですよね~(笑)

次回で完結との予告もあったので きっと大丈夫でしょう~


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

気になってる方は 第2章がリリースされてから鑑賞してくださいね。。。。前半だけ見た私は 只今 後半が気になって悶々としております(汗)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。