ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : ドラマ
製作年 : 2008年
製作国 : アメリカ=イタリア
配給 : ショウゲート
上映時間 : 163分
監督 : スパイク・リー
原作・脚本 : ジェームズ・マクブライド
出演 : デレク・ルーク
マイケル・イーリー ラズ・アロンソ
オマー・ベンソン・ミラー ジョン・タトゥーロ


『ドゥ・ザ・ライト・シング』『マルコムX』などでアメリカ黒人社会の光と影を描き続けているスパイク・リー監督が新境地を開いた。

原作・脚本は、叔父がかつて黒人のみで編成された部隊“バッファロー・ソルジャー”の一員であったジェームス・マクブライド。

1944年8月12日、イタリアのトスカーナでナチスが罪のない大勢のイタリア市民を殺害した“セントアンナの大虐殺”を下敷きに作り上げた物語である。

かつて激しい攻防が行われた戦場や過酷な虐殺現場となったセントアンナ教会で撮影を行い、文化の違いやイタリアの方言を正確に描くためにこだわりぬかれた俳優たちが生み出す“本物”のエネルギーを体験してもらいたい。

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ニューヨークの郵便局で働く定年間近の局員が、ある日窓口で切手を買いに来た男性客をいきなり銃殺した。

男の名はヘクター。

ひばなのシネマの天地

前科や借金などもなく、精神状態も良好の実直な男だった。家宅捜査の結果、彼の部屋から長きに渡って行方不明となっていたイタリアの貴重な彫像が発見された。

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

一向に犯行動機を口にしないヘクターだが、やがて重い口を開く。

謎を解く鍵は第2次世界大戦真っ只中の1944年、イタリアのトスカーナにあた。


ひばなのシネマの天地

まさに奇跡の物語ですね!! 戦争映画なので中々見る気にならず先延ばしにしていた作品です。

子供が出てくる戦争の話は 切なくて悲しい物語が多いので けんえんしていたんですが。。。。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

いきなり切手売り場の男が銃を取り出し お客を打つ。。。出だしから驚きで始まります。

確か。。。戦争もの~と思っっていたので 意表を突かれた感じです。

その事件が引き金になり 奇跡のストーリーが始まります。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ドイツ軍との攻防と アメリカ内での人種差別。。。。彼らの舞台の置かれた状況は 悲惨で過酷なものです。

祖国の為に戦う彼らに 人種の壁は高くその扱いは捕虜以下という。。。。日本人の私から見ると 全く理解しがたい状況です。

そんな中で 納屋で見つけた少年と心やさしい黒人兵の交流が 戦争下にあっても人の心を感じられて心が温まります。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

戦火の中での数々の奇跡が ラストまで続く 戦争映画でもやさしい作品です。

セントアンナの奇跡 プレミアム・エディション [DVD]/ラズ・アロンソ,ジョン・タトゥーロ,マイケル・イーリー

¥4,935
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。