ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : スリラー/サスペンス
製作年 : 2008年
製作国 : アメリカ
配給 : デスペラード、日活
上映時間 : 90分

監督 : ヴァディム・パールマン
原作 : ローラ・カジシュキー
出演 : ユマ・サーマン
エヴァン・レイチェル・ウッド
エヴァ・アムーリ
ブレッド・カレン
ガブリエル・ブレナン


ユマ・サーマンのいつになく険しい表情に、ダイアナのただならぬ苦悩や恐怖、混乱を感じずにはいられない。

そして、『サーティーン~あの頃ほしかった愛のこと』『レスラー』などで注目の若手女優エヴァン・レイチェル・ウッド扮する高校生時代とが時間軸を無視してミステリアスに交錯する。

向こう見ずな生き方を軌道修正しようとしていた矢先に理不尽な暴力によって生死の決断を強いられたヒロインが、良心、かけがえのない友情、愛、未来への夢によって自らの人生を選び取って行く姿を、観客を欺きつつ巧みに描いたのは『砂と霧の家』の監督ヴァディム・パールマン。

モーリーン役にスーザン・サランドンの娘エヴァ・アムーリ。


$ひばなのシネマの天地

3回見たんですけどね。。。。どうしても理解できない作品です。

ストーリーは流石にわかるんですが。。。その流れを 映像からは読み取れなくて。。。。難解です(汗)


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ダイアナに起こった悲劇は コネチカット州郊外の小さな町の高校での銃乱射事件。

オープニングのこの映像から この後のストーリーの展開を想像するのはとても無理な話。

17歳のダイアナと30代になったダイアナ。。。。回想を交えて描かれるストーリーはラストの展開を全く予期しないものにしていきます。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

途中でヒントは散りばめられているんですけどね。。。。

3回見ても分からなので ダイアナの人生に思考を巡らせるまで達しないんです。。。。。(泣)


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

過去の積み重ねが未来を作るのではなく 未来をどう生きるかというイメージが現在の自分を変え よりよい未来を作り上げていく。。。。

ストーリーの中で語られるこの言葉 たった一瞬のイメージが ダイアナの心の軌跡となって描かれているのは分かるんだけど。。。。


$ひばなのシネマの天地

ラストの映像でやっと何となく理解するんですが。。。。それまでの展開を思い起こすと また分からなくなってしまう。。。非常に難解な作り方で。。。

オープニングの悲惨な事件を忘れてしまいそうな作品です。


ダイアナの選択 [DVD]/ユマ・サーマン,エヴァン・レイチェル・ウッド

¥3,990
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。