ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : スリラー/サスペンス
製作年 : 2007年
製作国 : アメリカ
配給 : ハピネット
上映時間 : 106分
監督 : ジェームズ・ワン
出演 : ケビン・ベーコン 、
ギャレット・ヘドランド ケリー・プレストン
アイシャ・タイラー ジョン・グッドマン


「愛する家族を殺された男が、法に頼らず自らの力で裁きを下す」と言えば、オールド映画ファンにはチャールズ・ブロンソン主演の『狼よさらば』がまず浮かぶだろう。

低予算の映画だった『狼よさらば』は、スマッシュヒットを記録し、続編が次々と作られたばかりか、同じテーマの作品も数多く製作された。

社会が暴力的になっていく中、理不尽に家族を殺された者の復讐心が共感を呼んだのだろう。

そして30年後の今、その『狼よさらば』の原作者によるもうひとつの復讐劇を映画化。

決して強くはない普通の男が、暴力の応酬により変貌していく様がリアルに描かれている。駐車場での長回しの追跡シーンは見ものだ。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

投資会社で働く男ニックは、愛する妻と2人の息子を持ち、幸せな家庭生活を過ごしていた。

しかし、ガソリンスタンドに押し入ったギャングの襲撃にあい、ニックの目の前で長男のブレンダンが殺されてしまう。

ひばなのシネマの天地

ギャングに加入するための度胸試しが殺人の目的だった。

ひばなのシネマの天地

裁判で満足のいく結果が得られないと覚ったニックは、自らの手で犯人への復讐を果たすが、その男はギャングのボスの弟だった。

ひばなのシネマの天地

そして復讐は新たな復讐を招き…。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

オープニングの家族の記録映像の幸せそうな普通の生活と序章で起きる無残な事件で 一気に悲しみのどん底に突き落とされてしまいます。

映画を見始めてこんなに早く涙を流してしまう作品は 『HACHI』以来かも知れません。


$ひばなのシネマの天地

そして 衝動的に復讐へと向かう父親。。。。

さらなる惨劇に 憤りは最高潮になっていきます。 

もう 中盤までは怒り心頭で。。。。イライラ感いっぱいで映像に見入ってしまいました。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

後半できっと このもやもやした感じは拭われるんだろうと 期待していたのですが。。。。。

すっきりするどころか 余計に空しい感覚になってしまいます。

父親の怒りも家族の無念も 分かるけど。。。。どうも 納得できない。


$ひばなのシネマの天地

彼が望んだものはいったい何だったのか。。。。

ケビン・ベーコンの迫真の演技は 普通の父からケダモノへの変貌を演じきって 見る者を引き込んでいきます。

ラストの表情が印象的な作品でした。

この作品の後 気持ちが落ちてしまったので。。。コメディの用意が必要ですね。


狼の死刑宣告 [DVD]/ケビン・ベーコン,ギャレット・ヘドランド,ケリー・プレストン

¥3,990
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。