ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : スリラー/サスペンス
製作年 : 2008年
製作国 : 香港=中国
配給 : ブロードメディア・スタジオ
上映時間 : 110分
監督 : ベニー・チャン
原案 : ラリー・コーエン
出演 : ルイス・クー
バービー・スー
ニック・チョン
リウ・イェ


オリジナルはデヴィッド・R・エリス監督が撮り上げたハリウッド映画『セルラー』。

監禁女性からのSOSを携帯電話で受けた青年が、事件解決のために奔走するというサスペンスを、香港映画界がリメイク。

携帯電話が命綱となる設定はそのままに、激しいアクションをふんだんに盛り込み、動き出したら止まらないノンストップ・サスペンス・アクションに仕上げた。

そんな息をもつけない状況の中で浮き彫りにされていく“絆”が、物語をドラマチックに盛り上げる。

監督を務めたのは『インビジブル・ターゲット』などを手がけたベニー・チャン。

アクション映画で高い評価を受ける彼によって、抜群のスピード感とキレ味を持つ映像となっている。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ロボット設計士のグレイスは突然謎の集団に拉致され、廃屋に監禁されてしまった。

パニックになりながらも壊れた電話を修理し外部へ連絡を試みるグレイス。

すると電話は気弱な経理マン・アポンの携帯電話に繋がった。

留学に旅立つ息子の見送りのために必死で空港へと車を飛ばすアポンは、グレイスの電話を悪戯と決めつけて無視しようする。

しかし彼女の恐怖におののく声を聞き、やむなく近くの警官を呼び止めたのだが……。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ハリウッド作品を香港リメイクという珍しい(?)作品。

オリジナル作品の「セルラー」は キム・ベイシンガー/クリス・エバンス/ジェイソン・ステイサム という人気俳優で描かれ ハラハラドキドキの面白い作品でした。

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

悪役には「アフター・ザ・レイン」で 秀才留学生を演じていたリュウ・イェ。

どこかで見たなぁ~と思いながら ずっと見ていたんですが。。。。「アフター~」で好青年を演じていたのに 全く違う役どころで雰囲気も違うのでちょっとびっくりです。

誘拐されたグレイスから電話を受けた アボンの頑張ってるのにドジドジな感じに 好感が持てて 楽しかったです~(笑)


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

中盤でちょっと警察の対応にイラっとしたんですが。。。。ラストへのフリなので がまんがまん。。。。。

ハリウッド作品と違い 香港映画らしさが出ていて リメイクとしてはよく出来てると思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。