ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : コメディ
製作年 : 2006年
製作国 : 日本
配給 : ファントム・フィルム

監督 : 小林正樹
総監督 : 真島理一郎
出演 : 谷原章介 、 アントニオ猪木 、 ガッツ石松


スキージャンプ競技の新種目の誕生から、2006年トリノ冬季オリンピックへの道のりを、その競技の発案者である原田博士と、それを実行し初代チャンピオンになった原田兄弟の姿を軸に描いた、涙と感動のドキュメンタリー…、を堂々と作ってしまった「疑似ドキュメント」だ。

もともとスキージャンプ・ペアは、内外の数々の賞を受賞した真島理一郎氏によるCG作品。

2003年に発売されたDVDはたちまちベストセラーになり、話題を呼んだ。この映画版では、ドキュメント場面が実写、競技部分のみCGで描かれている。

本作は、ユーモアに満ちた上質の「疑似ドキュメント」になっている。

爆笑ではないが、穏やかな笑いが最後まで持続する感じだ。


$ひばなのシネマの天地

物理学者・原田は発見した「ランデブー理論」を立証するため、息子たちの力を借りて、人類初の有人スキージャンプ・ペアの飛行を成功させる。

やがて博士や息子たちの懸命のアピールにより、ペアジャンプは国際スキージャンプ連盟の正式競技として認められる。

ワールドカップでの原田兄弟ペアの優勝を見届けるようにして、博士は死去。

そして各国の選手たちによる、アクロバッティングな飛行による「離れ技」の時代がやってきた。


$ひばなのシネマの天地

オリンピック関連作 第4弾は ジャンプ!!

CG作品が大ヒットしての映画化ですね。

これはもう 真面目に見てはだめなんですが。。。内容が某国営放送局のドキュメンタリータッチで その上夜中に続けて放送するときのような 3段階の繋ぎ方なので そこに嵌ってしまうと 抜けられないツボです(爆) 


$ひばなのシネマの天地

実写部分には 実在のジャンプ選手の 舟木選手と荻原(弟)選手も出演していて ここまでやってくれるのか!!と ただものではない作品だと 納得せざるをえません。。。。(笑)

途中 少し中だるみな感じもあるので 飽きてしまう方もいるかもしれませんが。。。

大好きな人には 一見の価値のある作品ですよ!!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。