ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

原題: HOUSE OF D
製作年度: 2004年
監督: デヴィッド・ドゥカヴニー
上映時間: 96分

出演: アントン・イェルチン
ティア・レオーニ
デヴィッド・ドゥカヴニー
エリカ・バドゥ
ゼルダ・ウィリアムズ
ロビン・ウィリアムズ
フランク・ランジェラ


ドラマ「Xファイル」の主演でスターとなったD・ドゥカヴニーが初メガホンを取った感動ドラマ。

「Xファイル」の数エピソードを手がけた経験はあるものの、ドゥカヴニーにとって長編劇場映画の監督は初めて。

自身の出演を最小限に抑え、ほぼ監督に徹することで初挑戦とは思えない安定した演出力を披露した。

自らの少年時代を投影し、1970年代を舞台に13歳の少年と病気のため心が子供のままの校務員との友情を描く。

校務員役の名優R・ウィリアムズはもちろん、少年役の「ターミネーター4」のA・イェルチンも好演を見せる。


$ひばなのシネマの天地

1970年代のニューヨーク。

父を亡くした少年トムは、まだ立ち直れない母と共に暮らしていた。

そんな彼にとっての楽しみは、学校の校務員パパスの手伝いをすること。

心が少年のままのパパスは、年上ながらトムの一番の親友だった。

2人はショーウィンドウに飾られた美しい緑の自転車を手に入れることを夢見ながら、精肉店でアルバイトをしていた。

だがやがて、トムは同級生の女の子に恋をして、1人だけ大人への階段を上り始める。

$ひばなのシネマの天地

しかし、初恋を通じてトムが、少しずつ大人の階段を昇りはじめると、大人になれないパパスとの間に少しずつひびが入りはじめる。

そんな時、二人が憧れていた緑の自転車が盗まれてしまい・・・・。


$ひばなのシネマの天地

大人になったトムが 家族との絆を取り戻すために 置き去りにした過去を回想しながら ストーリーが進んでいきます。

彼がなぜ ニューヨークを捨てフランスに住み 2度と帰ることがなかったのか・・・・


$ひばなのシネマの天地

全ては 13歳になる年に起こり そして 時間も止まったまま・・ 子供のころを振り返って 大人になった自分がすべきこと。

友人パパスとの約束を守るため。 背中を押してくれた黒人の女性。 緑の自転車。
ノスタルジックでほんのりほんわかする 映画です。

$ひばなのシネマの天地

トムとパパスの関係がとても 楽しくてちょっぴり 切なくさせてくれます。

ラストは全部が繋がって・・ スッキリします。 96分の作品なのに どうしてか。。。長く感じました。


最高のともだち [DVD]/デビッド・ドゥカブニー,ロビン・ウィリアムズ,アントン・イェルチン

¥3,990
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。