ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : ドラマ
製作年 : 2009年
製作国 : アメリカ
配給 : ワーナー・ブラザース映画
監督・製作 : クリント・イーストウッド
原作 : ジョン・カーリン
出演 : モーガン・フリーマン
マット・デイモン
トニー・キゴロギ
パトリック・モフォケン
マット・スターン


『チェンジリング』と『グラン・トリノ』、ともに高い評価を受けたクリント・イーストウッド。

ひばなのシネマの天地

新作の舞台は、初の黒人大統領が誕生したばかりの南アフリカ。

少し前まで「アパルトヘイト」と呼ばれる人種隔離政策を行い、白人が多数の黒人を支配していた国。

しかしマンデラは、「黒人が白人に仕返しをするのではなく、共に新しい国家を造ろう」と訴える。

ひばなのシネマの天地

そして白人たちが愛していたものを取り上げるのは逆効果と考え、ほとんどが白人というラグビーチームを応援する。

ひばなのシネマの天地

すでに歴史上の偉人と言ってもいいマンデラには、正に適役のモーガン・フリーマン。そしてチームの主将には『インフォーマント!』のマット・デイモン。


ひばなのシネマの天地

1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラだが、新生国家の船出には多くの問題があった。

ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦したマンデラの頭の中で何かが閃いた。

$ひばなのシネマの天地

南アではラグビーは白人が愛好するスポーツで、黒人にとってはアパルトヘイトの象徴。

ひばなのシネマの天地

しかし、1年後に南アで開催されるラグビーのワールドカップで南アのチームが勝てば、それが人種間の和解につながるかもしれない…と。


ひばなのシネマの天地

昨年公開された「グラントリノ」。

あの感動はもう味わえないのではないかと思っていましたが。。。。またもやイーストウッド監督がやってくれました~(泣)

今回は銃や暴力の無い 男の。。。。人間の戦いです。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

アパルトヘイトに関する映画(『ホテル・ルワンダ』『ルワンダの涙』『マンデラの名もなき看守』など。。)を何作かみて 強烈な印象を持っていたこの国で 新大統領ネルソン・マンデラが 祖国統一の為に仕組んだ計画。

それは 国の中の国境を取り去ること。。。人々の心を溶かして結びつけること。

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

”赦し”の本当の意味を 身をもって教えられました。

そして その願いに答えようとする ラグビー代表チームの思いが少しずつ広がっていく様子に 涙が止まりませんでした。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

物凄くベタなストーリーですが これが実話。

そして 国中が湧きかえる様子を見て 多くの血を流してきたこの国をうらやましいと思ってしまいました。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

このチームのユニフォームを着ることさえ拒んだ少年の 笑顔が全てを象徴しているようで この国の未来が希望で満ちていました。

スポーツの力の素晴らしさを 改めて感じて。。。。清々しい気持ちにさせてくれます。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。