ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : ドラマ
製作年 : 2007年
製作国 : 日本
配給 : シネカノン
上映時間 : 114分

監督・原作・脚本・編集 : 是枝裕和
出演 : 阿部寛
夏川結衣
YOU
高橋和也
田中祥平
樹木希林
原田芳雄

『ワンダフルライフ』や『誰も知らない』など、国内外で高い評価を受けている是枝裕和監督の新作は、成長して巣立った子供たちと老夫婦の、ある一日をたどるホームドラマ。

人生の黄昏期を迎えた老夫婦に原田芳雄と樹木希林、息子夫婦に阿部寛と夏川結衣、長女にYOUと、観終わればその見事な役者のアンサンブルに舌を巻くはず。

料理する台所の様子、家族そろっての食卓の風景、墓参りへ向かう歩道――そんな何気ない場面で交わされる会話のひとつひとつから、お互いの微妙な関係が判明していくところに、脚本の素晴らしさがある。

子を持つ親、親を持つ子なら誰もが自分自身と重ね合わさずにはいられない物語だ。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ある夏の終わり。横山良多は妻・ゆかりと息子・あつしを連れて実家を訪れた。

開業医だった父と昔からそりの合わない良多は現在失業中ということもあり、気の重い帰郷だ。

姉・ちなみの一家も来て、楽しく語らいながら、母は料理の準備に余念がない。

その一方で、相変わらず家長としての威厳にこだわる父。

今日は、15年前に不慮の事故で亡くなった長男の命日なのだ…。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

今回の記事で 300本目の映画レヴューとなります。

区切りがいいので 何かいい作品をを紹介したいと 何本か見てみたんですが。。。

この作品のタイトルもなんとなくいい感じがしたので 選んでみました。

『歩いても 歩いても』。。。辿りつかない~ というネガティブな印象のこのタイトル。

ところが。。。。作品を見ると 歩いても辿りつかない~ けれど歩いていく。 というポジティブな印象に変わります。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ある家族の日常を切り取ったような作品。 

特別なことは起きなくて 淡々とストーリーが進んでいきます。 自分のおかれた立場や 年齢で見方が変わるのではないかと思いました。

ちょっと小津安二郎のホームドラマのような作風を思わせる作風。。。。なのかな?(あまり 邦画には詳しくないので~)

昔見た映画のように 懐かしい気分になるのは シーンの一つ一つ 台詞全てが日常だからなんですね。


$ひばなのシネマの天地

主人公良多の妻 ゆかりと 樹木希林演じる母との会話と 良多の両親である老婦が背を向けて歩くシーンが 印象的でした。

感動。。。というのではなく感銘。 

「歩いても 歩いても」を英訳しようとすると しっくりくるものがないそうです。 

この作品が どこの国にもない日本の日常を描いている そんな印象をこのエピソードからも受けました。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。