ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$          ひばなのシネマの天地

ジャンル : SF/ファンタジー
製作年 : 2006年
製作国 : アメリカ=イギリス
配給 : 東宝東和
監督 : アルフォンソ・キュアロン
出演 : クライヴ・オーウェン
ジュリアン・ムーア
マイケル・ケイン


英国作家界の女王P.D.ジェイムズの「The Children of Men(人類の子供たち)」を映画化した本作。

子どもたちの声の聞こえない、銃弾の飛び交う荒んだ未来の世界を描いている。

その世界には、テロや銃撃戦、裏切りが満ち満ちている。

圧倒的な質量で描く銃撃戦のすさまじさには、思わず圧倒されてしまうはずだ。

特筆すべきはアルフォンソ・キュアロン監督が徹底的にこだわったという8分間の長回しのシーン。

完璧な計算とスタッフ・キャストの連携がなければ実現不可能なこのシーンだけでも、この映画を観る価値はあるだろう。

なぜ、子どもたちが生まれなくなってしまったのか……、今を生きる私たちに深いテーマを投げかけてくる一作だ。


          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

西暦2027年。

ロンドンには移民が溢れ、当局は移民たちを厳しく取り締まっていた。

街にはテロが横行し、全てが殺伐としていた。

18年間、人類には子どもが誕生しておらず、人々は未来のない世界を生きていた。

ある日、エネルギー省官僚のセオは、元妻・ジュリアンが率いる地下組織FISHに拉致される。

彼らはセオを利用し、人類救済組織“ヒューマン・プロジェクト”に、人類の未来を担う一人の少女を届けようとしていたのだ……。


          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

最年少の人が亡くなると ニュースになってしまう。。。今とは逆転した時代。

子供の声が聞こえない世界は 殺伐とした感じがします。

何故こんな時代になってしまったのか。。。。近未来の人々にも あまりにも突然のことで ただ もう子供は生まれないということだけを 受け入れなければいけない。。。


          ひばなのシネマの天地

$          ひばなのシネマの天地

映像も終始 どんよりと薄曇の感じで 重い時代を感じさせます。

何故こんなことになってしまったのかは 全く分からないんですが 今の日本の状況を考えると ありえない話ではないような気もします。

少子化が続き 本当に子供がいなくなってしまったら。。。。?

考えただけでも 恐ろしいですよね。


          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

そんな中で 現れた一人の少女に一条の光を見た人間が 政治的に利用しようとしたり ただただ守ることを考えたり。。。。

人々の救いにもなりうる存在を 我が物にしようと考える様は 中世の宗教戦争を思い出させます。


$          ひばなのシネマの天地

少女が現れ 人々の前を歩くとき 銃を持った戦士までも 一時幸福を感じる場面に 涙が止まりませんでした。

命がけで 彼女を守る人々の祈りが 聞こえてくるようでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。