ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$          ひばなのシネマの天地

原題: TRANSSIBERIAN
製作年度: 2008年
製作国 イギリス/ドイツ/スペイン/リトアニア
公開情報:劇場未公開
上映時間: 111分

監督:ブラッド・アンダーソン
出演:ベン・キングズレー
ウディ・ハレルソン
エミリー・モティマー
エドゥアルド・ノリエガ
トーマス・クレッチマン
ケイト・マーラ
ブラッド・アンダーソン
脚本:ウィル・コンロイ


モンゴルの砂漠、極寒のシベリア大雪原、大森林地帯など雄大で美しい景観の中、爆走する超特急で繰り広げられる緊迫のクライム・アクション!

夫のロイと共に、シベリア横断鉄道でモスクワへの旅に出たジェシーは、車中でカルロスという男と出会う。

途中下車した雪原の教会で、レイプされそうになったジェシーはカルロスを殺してしまう。

その秘密をロイにも告げられず、列車に戻ったジェシーの前に麻薬捜査官が現れ…。


$          ひばなのシネマの天地

コレは。。。。!!

「マシニスト」の監督作ということで タイトルと画像に誘われて借りて見ました~

見終わっての感想は。。。。あれ???

そして タイトルをもう一度確認してしまいました~(笑)


          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

爆走する超特急で繰り広げられる緊迫のクライム・アクション!ってことですが。。。。

暴走はしてませんね~(爆)・・・・あ ちょっとはあります!!

でもって セガールも出ていません。 それは分かっていたんですが。。。。

アノ雰囲気を想像してはいけませんね。。。やっぱり 「マシニスト」の雰囲気です。

静かに淡々と 事件が起こっていく感じです。


          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

最初の教会での件が 何かこのストーリーに影響してくるのかと思っていたんですが。。。。それはないようですね~

宗教的な関連はないんですが・・・何故か教会がよく出てきます。 慈悲の心というのが キーワードなのでしょうか。。。。

それにしても よくありそうな展開なのに 先が読めない突飛な感じがするストーリーですね。


          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

B級を超えて Z級との呼び声も高いこの作品。

背景にはCGやスタジオを使わず 本物のシベリア鉄道を使っています。

雪の中を走る姿は ノスタルジックな面持ちを感じて 幻想的です。


          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

ウディ・ハレルソンの善良さが際立っています。 それゆえにこのラストが待ってるのか。。。。

時間が経つと なんとなく分かってくる感じです。(汗)

劇場未公開なのは仕方ないと思いますが。。。ある意味 良作なのかなぁ~


          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

          ひばなのシネマの天地

普通の作品に飽きてしまった方に お勧めします。

たまには こんな感じの マニアックな作品もいいかもしれません。。。

鉄道ファンの方には 超お勧めかもしれませんね! 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。