ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなの シネマの天地

ジャンル : ドラマ
製作年 : 2008年
製作国 : アメリカ
配給 : ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間 : 112分
監督 : ジョナサン・デミ
出演 : アン・ハサウェイ
ローズマリー・デウィット
ビル・アーウィン
トゥンデ・アデビンペ
マーサー・ジッケル
アンナ・ディーヴァー・スミス
アニサ・ジョージ

インテリでリベラルで裕福そうな家庭にあっても、人生は難しく家族は厄介だ。

生きることの本質的な孤独と苦悩を大胆かつスマートに描きつつ、人は人を信じ許すことができるという希望を失わないストーリーは、巨匠シドニー・ルメットの娘ジェニー・ルメットが脚本家デビューを飾ったオリジナル。

脚本を気に入った『羊たちの沈黙』『フィラデルフィア』のジョナサン・デミ監督が「最も美しいホームビデオ」を目指し、リハーサル無しでの撮影を敢行。

結果、素晴らしくリアルでユニークな傑作が誕生した。

トラブルメーカーを自認するキムを繊細に演じたアン・ハサウェイはアカデミー賞ノミネートをはじめ高い評価を得ている。


$ひばなの シネマの天地

バックマン家の次女キムが9ヶ月ぶりに更生施設から帰宅する。

2日後に姉レイチェルの結婚式を控え、手作り挙式の準備で大わらわの自宅には新郎の友人ら見知らぬ人々が溢れ、所在無さと疎外感でキムは苛々をつのらせて行く。

そんな妹の身勝手な態度にレイチェルは怒りを爆発させてしまう。

依存症の治療を続けるキムの存在は気まずさと緊張感をもたらし、一家に辛く悲しい過去の記憶を否応なく甦らせるのだった。


$ひばなの シネマの天地

予告を見て 重そうな題材なのでスルーしていた作品です。

やっぱり。。。思ってた通り重かった~(汗)

見てから消化するのに ちょっと時間がかかってしまいました。。。。。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

家族一人一人が それぞれに苦悩を抱え それを胸の中にしまったまま日常を送る。

そんな時帰ってきたキム。 

この家族にとっての 起爆装置みたいな存在です。

相手を思っているのに 自分のことで精一杯な家族に 思わぬ行動をさせてしまうキム。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

長女レイチェルの結婚式を期に 家族の絆を取り戻すような 簡単なストーリーではありません。

家族の確執は根が深く 本音を語るキムの存在が 取り繕って日常を送る家族の傷にまた血を流させる。。。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

幸せを象徴する結婚式と家族の葛藤が 対照的で。。。。

式に参加し楽しむゲスト達を見ても くらく重い気持ちになってしまいます。

根本的な問題にまだ触れることを恐れているこの家族に 憤りを感じます。


$ひばなの シネマの天地

この家族にどれだけの時間が必要なのか。。。。

一人一人が自分自身で 考え昇華しない限り 本当の幸せは訪れない。

レイチェルとキムの対照的なもとの時間 その間にあるものを考えると 家族ってなんだろう・・・・と 考えざるを得ない

冷酷にも思える作品です。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。