ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなの シネマの天地

ジャンル : Music/ミュージカル
製作年 : 2007年
製作国 : アメリカ
配給 : 東北新社
上映時間 : 131分

監督・原案 : ジュリー・テイモア
出演 : エヴァン・レイチェル・ウッド
ジム・スタージェス
ジョー・アンダーソン
ディナ・ヒュークス


女流演出家ジュリー・テイモアが今回挑んだのは、全曲ビートルズの曲を使用したミュージカルだ。

ただし本作はビートルズ・ヒストリーではなく、ビートルズが活動していた時代に生きた若者たちの恋や青春を描く。

『いちご白書』『ヘアー』など「あの時代」の雰囲気を表す映画へのオマージュもあるが、本作は単に懐かしむだけや、昔ながらの反体制を主張する映画ではなく、

物語の舞台である60年代に「暴力に暴力で対抗する」という9.11以降の世界を重ね合わせ、それにビートルズの曲を使って「NO!」と叫んでいるのだ。

劇中知っている曲ばかりだが、映画の中に配置されると「あの歌詞がこんな意味にもとれる」という新鮮な驚きがある。


$ひばなの シネマの天地

1960年代。

リバプールからアメリカへ、ジュードが父親を捜しにやってきた。

彼は父親との再会には失望したものの、新しい友人マックスやその妹ルーシーと出会う。

やがてジュードはマックスとNYに向かい、歌手のセディが住むアパートの間借り人に。

ギタリストのジョジョ、同性愛者のプルーデンスらと出会いい自由な時を満喫していた。

兄を訪ねてやってきたルーシーとの恋に落ちるジュード。

しかしマックスは徴兵されベトナムへ…。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

ビートルズマニアには嬉しい作品です。

台詞の代わりに ビートルズのヒットナンバーが何曲も繰り出されて 思わず口ずさんでしまいます。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

50年代後半から60年代初頭まで 自由でありながら戦争へ召集されていく若者。。。。

そんな時代を 独特な映像と色彩で描いています。

ビートルズ作品の「マジカル・ミステリー・ツアー」を見ているような トリッピーな感じです。


$ひばなの シネマの天地

ミュージカルは苦手な分野ですが。。。。

大好きなビートルズナンバーなら 何とか最後まで見られました~(笑)

でも。。。。音楽に気をとられて ストーリーはいまいち理解できていない感じです(汗)

ということで。。。。予告編をどうぞ~



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。