ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなの シネマの天地

原題 : Scrooged
製作年 : 1988年
製作国 : アメリカ
配給 : パラマウント映画=UIP配給

監督:リチャード・ドナー
製作:リチャード・ドナー
   アート・リンソン
製作総指揮:スティーヴ・ロス
出演:ビル・マーレイ
   カレン・アレン
   ジョン・フォーサイス
   ジョン・グロヴァー

“視聴率の鬼"であるテレビ局の若きエリート社長が、クリスマスの夜に彼のもとに姿を現わした3人のゴーストを通して、本当に大切なものに目覚めてゆく姿を描く。

エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴ・ロス。

製作・監督は「リーサル・ウェポン」のリチャード・ドナー、共同製作はアート・リンソン。

脚本はミッチ・グレイザーとマイケル・オドノヒュー、撮影はマイケル・チャップマン。

音楽はダニー・エルフマンが担当。

出演はビル・マーレイ、カレン・アレンほか。


$ひばなの シネマの天地

テレビ史上最年少の社長で人々の注目の的である世界最大のネットワークを誇るIBCテレビ局の社長フランク・クロス(ビル・マーレイ)は、視聴率を上げるためにはいかなる手段をも選ばない、“視聴率の鬼"の男だった。

今年も金儲けのためにクリスマス休暇中の高視聴率獲得を目指し番組の編成に苦心惨澹しているそんな彼のもとに、そのクリスマスの夜、3人のゴーストが訪れ、世界一さもしい男フランクを様々な手段を使ってこらしめようとする。


$ひばなの シネマの天地

ご存知の方も多いこの作品。

先日公開された 「クリスマスキャロル」と同じ原作がベースのコメディ作品です。

$ひばなの シネマの天地

ビル・マーレイ扮するフランクが 原作ではスクルージとなっています。

強欲なTV局の社長を ジョークを交えながら演じていますが。。。いつもよりはゴーストのおかげでシリアスな雰囲気もあります。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

過去・現在・未来へと 案内人のタクシーに乗ってつれまわされるうちに フランクの心に少しずつ変化が現れます。

疎遠だった弟の優しさに触れ 忘れ去っていたもと恋人への想いを経験し。。。

自分が見捨てた浮浪者のハーマンの死を期に やっとクリスマスの精神に気が付いていきます。

$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

クリスマス番組として製作していた「クリスマスキャロル」をベースに

心温まるストーリーが展開されます。

声を失った少年とフランクとの交流には とても感動します。

ラストシーンでフランクがTV視聴者に語る台詞は この作品の名場面です。 

クリスマスになると 必ず見たくなる作品の1つです。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。