ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
 $ひばなの シネマの天地

    ジャンル : ドラマ
   製作年 : 2004年
   製作国 : フランス
   配給 : アスミック・エース 
        エンタテインメント
    上映時間 : 110分

    監督 : オリヴィエ・マルシャル
    出演 : ダニエル・オートゥイユ
        ジェラール・ドパルデュー
        アンドレ・デュソリエ


本作は、かつてフランスのお家芸だった犯罪ノワール映画を現代に誕生させたわけではなく、新たな趣向を加え、若い観客にも訴えかける一級のミステリー映画となっている。

実際に警察官として働いた経歴を持つオリヴィエ・マルシャル監督が、その当時の事件や実在の人物に基づき映画化。

その企画にダニエル・オートゥイユ、ジェラール・ドパルデューほかフランスを代表するスターたちが賛同し、豪華オールスター映画として完成した。

ストーリーの面白さに注目したハリウッドが早くもリメイク権を獲得。

緊張感溢れる息もつかせぬサスペンス。

心に深く刻まれる“本物の男たち”による“本物の感動”。

フランスで誕生した新たなる傑作が、遂に日本上陸!(作品資料より)


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

フランス、オルフェーブル河岸36番地にあるパリ警視庁に、二人の警視がいた。一人は仲間からの信頼厚く、正義を信じるレオ・ヴリングス。

もう一人は権力志向の強い野心家のドニ・クラン。

親友だった二人は、同じ女性を愛し奪い合った過去を持ち、今は次期長官の座を競うライバルとなっていた。

市内で多発する現金輸送車強奪事件を巡り、交錯する男たちの思惑。

ドニの裏切りで、レオはすべてを奪われ投獄される。

7年後、再会した二人の運命はどこへ向かうのか…。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

以前紹介した 「やがて復讐という名の雨」「いずれ絶望という名の 闇」に繋がる1作です。

やっぱりいい出来ですね~~~~!

すべてが 完璧に仕上がってると思います。 これ以上はないというくらいの秀作です。

ハリウッドがオファーするのも 頷けます。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

やっぱりかっこいい~~!!

全体的な雰囲気がたまらない!!!

レオとドニの間にある確執が 強盗団捜査にいろんな問題を起こしてしまうんですが。。。

野心の為に 仲間を裏切るドニが どうにも許せなくて怒りがこみ上げてきます。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

最後まで自分のスタンスを貫く2人。

この対照的な2人の男達を 取り巻く人間関係も ストーリーを面白くさせてくれます。

やはり。。。権力がすべてを呑み込んでしまうのか!!??

そんなやるせない気持ちも湧いてきます。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

レオの行動は スマートで紳士的で。。。男の哀愁を感じます。

結局レオは 最後までいろんな意味で裏切られているんですね。

ラストの展開は 予想が付きますが。。。。それでも 怒りを納めるには充分な終わりでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。