ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
  $ひばなの シネマの天地

   ジャンル : ラブ・ストーリー
   製作年 : 2008年
    製作国 : アメリカ
    配給 : アスミック・エース エンタテインメン
        角川エンタテインメント
    上映時間 : 120分

    監督 : キャサリン・ハードウィック
    出演 : クリステン・スチュワート
        ロバート・パティンソン
        エリザベス・リーサー
        ニッキー・リード
        ピーター・ファシネリ
        ジャクソン・ラスボーン

全世界で2500万部を突破したベストセラー小説の映画化。

ちょっと変わり者で内気な少女と、ヴァンパイアの美青年――二人の恋をメインに据えながら、ほかの吸血鬼一族との対立を描くアクションシーンや、ヴァンパイアの因習、人間との関わり合いなど伝承的でミステリアスな要素も含んだ世界観を楽しめる1 作。

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』でもそのハンサムぶりが際立っていたロバート・パティンソンは、ヒロインのピンチを救う白皙の王子様のような吸血鬼を演じ、多くの女性を虜にした。

原作は全4部からなる大作だけあって、早くも続編の制作がスタートしているというから今から楽しみだ。

$ひばなの シネマの天地

高校生のベラは、母親の再婚でワシントン州の小さな町フォークスで父親と暮らす事になる。

そこでベラは謎めいた美青年エドワードと出会う。

やがて二人は恋に落ちるが、実はエドワードにはある秘密があった―彼は不死のヴァンパイアで、1918年から年をとっていないのだ!

だがエドワードには牙がなく、人間の血は飲まない。動物の血が唯一の栄養源なのだ。

そしてエドワードにとってベラは、90年間待ち続けた運命の相手だった…。


$ひばなの シネマの天地

もう 今日からしばらく 甘いものはいりませんビックリマーク

って言いたくなるくらい お腹ケーキソフトクリームキャンディーチョコレートいちごいっぱいです。

人間の美少女とヴァンパイアの純愛ドキドキ 

今までのヴァンパイア映画は どこか恐怖を駆り立てるストーリーが多くて その上 R指定な場面も欠かせない物が多かったのに

ここまでプラトニックカギなヴァンパイアはほかにいないって感じです。

$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

映像もきれいで いろいろなアングル映画を使って ヴァンパイアの俊敏さや力強さをうまく表現していました。

エドワードとベラの見つめあう目シーンが 沢山あるんですが・・ 

もう・・・・メロメロになっちゃいますよ~ラブラブ!

$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

エドワードの瞳の色が変化していく様子や ベラの透き通った瞳に引き込まれます。

そんな引き込まれそうな瞳で「命がけで 君を守る」な~~~んて言われちゃうんですから・・・もう~ たまりませんあせるあせる

$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

館内は圧倒的に 女性が多かったです。でも カップルにもチョ~アップお勧めです。

ただ・・・・こんなに素敵な純愛ストーリーを見るんですから注意 劇場内でのマナーは絶対に守ってくださいね!

$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

女性同士のグループのガサガサおやつの音 おしゃべりの声 折角のいい気分が台無しでしたガーンしょぼん
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。