ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
     $ひばなの シネマの天地

ジャンル : スリラー/サスペンス
製作年 : 2008年
製作国 : 韓国
配給 : クロックワークス、アスミック・エース エンタテインメント
上映時間 : 125分

監督・脚本 : ナ・ホンジン
出演 : キム・ユンソク
ハ・ジョンウ
ソ・ヨンヒ
キム・ユジョン
チョン・インギ
チェ・ジョンウ



韓国で大ヒットとなり、同国の主要映画賞を総ナメにしたクライムサスペンス・ドラマ。

実在の事件をベースに、デリヘル斡旋業を営むジュンホとシリアルキラー・ヨンミンとの対決を、手に汗握る緊迫感と共に描いていく。

監督・脚本を務めたのは本作が長編初監督となるナ・ホンジン。ジュンホとヨンミンを中心に様々な人間模様を交錯させながら、精巧かつ重厚な物語を作り上げた。

演出面でも慎重さと大胆さを織り交ぜ、しびれる映像を作り上げている。

ジュンホ役のキム・ユンスクとヨンミン役のハ・ジョンウの演技も素晴らしく、どちらも息を呑むような演技を披露してくれている。

ラストの衝撃は鑑賞後もしばらく心に重く残ることだろう。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

街では連続猟奇殺人事件が起こっている頃、元刑事でデリヘル嬢の斡旋を生業としているジュンホは、彼の元から行方をくらませた2人の女の行方を探っていた。

その手がかりを握る男を見つけるも、探りを入れさせたデリヘル嬢ミジンも失踪。

だが偶然ジュンホは疑惑の人物ヨンミンを見つけ、捕獲する。

すると警察でヨンミンはとんでもない告白を始めた。

「女たちは自分が殺した。そして最後の女はまだ生きている」と――


$ひばなの シネマの天地

これは。。。物凄い映画ですね。。。。。

解説の通り 見終わってから後に引きずる衝撃です。

ストーリーが 実話を元に書かれたという設定なので よりリアルな印象を受けます。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

以前鑑賞した ボン・ジュノ監督作「殺人の追憶」も驚愕のストーリーだったんですが この作品はそれ以上に やるせなさを感じます。

2作品に共通するのは 警察当局のグダグダな捜査に難点があること。。。。それを考えると 日本の警察の優秀さをあらためて実感してしまいます。

映画のための演出とも取れますが 2作品に共通してしまってるので 実際の捜査に近い表現なのだと納得するしかありません。。。。いや・・・納得できずに 怒りがこみ上げてきました~


$ひばなの シネマの天地

キム・ユンソクが演じるジュンホ。 彼の演技はすばらしいです。 

ずっと走りっぱなしの印象があるんですが。。。。そこに 彼の執念をかんじます。 

事件の実態を知るにつれ ジュンホのミジンを探すという気持ちにも変化が見られて その必死さに胸を打たれました。

汚職に手を染めた元警官の 綺麗なままの良心がそうさせたのか。。。


$ひばなの シネマの天地

犯人だと名乗るヨンミンを 憎まずには見られない。

事件解決の兆しが見える頃 この作品の驚愕のラストが始まります。

下手なホラーより 恐ろしい作品かもしれません。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。