ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
        $ひばなの シネマの天地

        ジャンル : アクション
         製作年 : 2007年
         製作国 : アメリカ
         配給 : シナジー
         上映時間 : 122分

         監督 : ジェームズ・マンゴールド
         出演 : ラッセル・クロウ
             クリスチャン・ベイル
             ピーター・フォンダ
             グレッチェン・モル
             ローガン・ラーマン

アメリカでは2007年に公開され、初登場1位、アカデミー賞にも2部門ノミネートされた話題作。

2大スターが共演、監督も一流だが、なぜか日本では公開が延びていたウエスタンだ。

冷酷な悪党だが人間的な魅力もある強盗団のボスにラッセル・クロウ、金のためだけでなく自分の誇りを取り戻すために護送を続ける牧場主にクリスチャン・ベイルが扮している。

ひとりの男が自分の誇りのために、孤立しても仕事をやり抜くというのは、監督であるジェームズ・マンゴールドの初期作『コップランド』を想起させる。

ふてぶてしい悪役のクロウはとても魅力的。

本作はリメイクで、オリジナルはグレン・フォード主演の1957年作品。


        $ひばなの シネマの天地

妻と二人の息子と暮らす牧場主ダンは、地主から借りた金を返せずに土地からの立ち退きを迫られていた。

ある日、ダンは強盗団のウェイド一味が駅馬車を襲う現場を目撃する。

町へ出たダンは、ウェイドが逮捕される現場に偶然立ち会った事から、彼を護送する仕事を志願する。

刑務所のあるユマ行きの列車が出るのは、午後3時10分。

しかしそれまで、ウェイドの仲間たちの追撃をかわさなければならない。

男の意地をかけた旅が始まった。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

先日レヴューした決断の3時10分(←過去記事へクリック!)のリメイクです。

やっと鑑賞できました。 レンタル店では 大人気作品のようです。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

ストーリーの概要はオリジナルと同じなんですが ウェイドを護送するシーンはずいぶん肉付けされています。

オリジナルのシンプルさに比べると ストーリー自体に厚みが出来たのかな?と思いました。

ところどころの話が ちょっとずつ変えられていて ウェイド一味の凶悪さが強調されています。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

オリジナル作品とは 印象が全く違いますね!!

現金輸送馬車の襲撃シーンでは オリジナルでは人情味を感じる強盗団だったのが この作品では 極悪非道になっています。

その分 ボスであるウェイドの影の部分や心情などが ストーリーが進むにつれ変化していくのが よく描かれています。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

自分の土地を守るために護送を志願したダンと息子の関係も みどころの一つになっています。

オリジナル作品では 家族という括りでの描き方だったので この部分はリメイクならではのストーリーになっているようです。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

3時10分発の列車を待つ ダンとウェイド・・・・

ラストシーンはウェスタンというより バイオレンス感覚の銃撃戦ですね~

オリジナルとは全く違う ラストにびっくりしてしまったんですが。。。。。

列車へ向かうウェイドの目が 「英雄になれ」といったように見えドキドキしました。

ラストの印象が全く違う 2作品。 

是非 オリジナル作品の鑑賞もお勧めします。 私の好みは。。。。。オリジナルのラストですね~ 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。