ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
        $ひばなの シネマの天地

      ジャンル : スリラー/サスペンス
      製作年 : 2009年
      製作国 : アメリカ
       配給 : 東宝東和
       監督 : ケヴィン・マクドナルド
       出演 : ラッセル・クロウ
           ベン・アフレック
           ヘレン・ミレン
           レイチェル・マクアダムス
           ジェイソン・べイトマン

『グラディエーター』『アメリカン・ギャングスター』など、骨太な秀作への主演が続くラッセル・クロウ主演最新作は、あるスキャンダルをきっかけに、巨大な陰謀に巻き込まれていく新聞記者たちの戦いの日々を描いたポリティカル・サスペンス。

『ラストキング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルド監督がメガホンをとった。スキャンダルの渦中に巻き込まれる若手議員を演じるベン・アフレックや、編集長役のヘレン・ミレンなど共演陣も豪華だ。

新聞記者(ジャーナリスト)の活躍を描くサスペンスは、時に警察の捜査さえも及ばぬ事件の深い真相の闇へと、観客を少しずつ誘ってゆく緊張感を醸し出すところが見どころだ。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

ワシントンD.C.で相次いで起こった二つの事件。

ひとつはドラッグ中毒の黒人少年の射殺事件、そしてもうひとつは、気鋭の国会議員コリンズのもとで働く女性職員ソニアが地下鉄に転落して死亡したこと。ワシントングローブ紙の敏腕記者カルは、この二つの事件の奇妙な関連性を発見する。

彼はリン編集長から、ソニアと不倫関係にあった渦中のコリンズと接触するよう言われる。やがて彼の調査は思わぬ事件の真相に迫っていき…。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

この作品は イギリスBBCのテレビドラマ『ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~』をハリウッドでリメイクした作品です。

海外ドラマファンなら きっと見たことがある方も多いでしょう。

当初カル・マカフリー役にはブラッド・ピットが、スティーヴン・コリンズ役にはエドワード・ノートンがキャスティングされていましたが 映画制作の遅れを理由に降板。

その後、マカフリー役はラッセル・クロウに、コリンズ役はベン・アフレックに変更された。

当初のキャスティングだったら どんな雰囲気になっていたのか。。。。ちょっと気になりますね。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

推理サスペンスなので ストーリーについてはコメントしないように。。。。

新聞記者の事件を追う執念と 親友夫婦との人間模様などが 奥深く描かれています。

ドラマシリーズと違い 限られた時間内で完結しなくてはいけないので ちょっと急ぎ足な感じもしますが。。。。

要点は押さえられていて 事件の流れが分かりやすくなっています。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

疑わしき人物は 事件を追うごとに変化して 次第に全貌が明らかになっていきます。

真実を追うことだけに魅せれてしまった一人の記者の 苦悩も見え隠れして面白かったです。

あまりにも分かりやすいストーリーだと サスペンスとしては物足りなさも感じますが。。。程よくドキドキさせてくれるので 満足は出来ました。

普段からミステリーやサスペンスが好きなので 犯人探しが楽しめる作品でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。