ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
        $ひばなの シネマの天地

       ジャンル : ラブ・ストーリー
       製作年 : 2008年
       製作国 : アメリカ
       配給 : アスミック・エース エンタテインメント
       上映時間 : 96分
       監督・脚本 : ウディ・アレン
       出演 : スカーレット・ヨハンソン
           ペネロペ・クルス
           ハビエル・バルデム
           パトリシア・クラークソン
           レベッカ・ホール

年一作のペースで新作を発表するウディ・アレン監督が、スペインのバルセロナを舞台に、四角関係(それ以上?)の恋愛を描くロマンチック・コメディ。

二人のアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻が、それぞれの個性や恋愛観をぶつけあいながら駆け引きを繰り広げる。

『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続き、ウディ・アレン作品でヒロインを演じるスカーレット・ヨハンソンのほか、『ノーカントリー』でオスカー受賞のハビエル・バルデムとペネロペ・クルスが出演。

ペネロペはこの作品で、本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞。そんな魅力的な俳優陣に加え、美しいバルセロナの街並、名所も見どころの一つ。


        $ひばなの シネマの天地

バカンスでバルセロナを訪れたヴィッキーとクリスティーナは、親友同士だが恋愛観は正反対。

二人はヴィッキーの親戚夫婦の家に滞在して、バルセロナの街を観光する。

ガウディの建築物や、ミロの芸術に酔いしれていた。

ある晩、訪れた画廊のパーティーで出会ったのは、画家のフアン・アントニオ。

彼は元妻と離婚したばかりだった。そんな彼に、クリスティーナは興味を持つ。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

ウディ・アレン監督の作品は 好き嫌いがはっきりとしてしまうことが 多いんですが~

この作品は 好きです。 

そして もう一つこの作品に惹かれる理由は 背景の美しさですね。。。。どのカットも風景や建造物が素敵で 見とれてしまいます。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

2人のバカンスを楽しむ女性 そして聖人君子のような男性とその元妻。

3人の全く違う考えと人生観を持っている女性なのに どの女性にも共感してしまう。。。。。。

一人の女性の中にある 多面性を3人の女性で表現したように思えました。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

ことの状況を ナレーションする方法は 昔のアメリカンドラマを見ているようで 面白いですね。

バックミュージックも 軽快で明るいので 内容は4角関係でドロドロしがちなのにコメディの雰囲気を醸しだしています。

ラブコメといえるほど どたばたな雰囲気はないんですけどね。。。。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

モテモテの彼 ファン・アントニオ・・・・

彼自身イケメンとは思えないんですが~(笑)

彼の生き方が魅力的なんでしょうね。。。。目の前にいる女性を 常に一番だと豪語するところは ちょっと引いてしまいましたが~(汗)

愛の定義や思考は 幾通りもあるし基準はないので 彼女達はそれぞれ模索しながらこれからも生きていくんだと思います。

自分の中の 彼女達と付き合いながら・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。