ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
        $ひばなの シネマの天地

         ジャンル : ホラー
         製作年 : 2007年
         製作国 : アメリカ
         配給 : 東宝東和

         監督 : ジェームズ・ワン
         脚本 : リー・ワネル
         出演 : ライアン・クワンテン
             アンバー・ヴァレッタ
             ドニー・ウォルバーグ
             ボブ・ガントン
             マイケル・フェアマン

新感覚のソリッド・シチュエーション・ホラーとして世界中で大ヒットした『ソウ』。

この作品を成功に導いたジェームズ・ワン監督と脚本のリー・ワネルのコンビが、新たなホラー作品を作り上げた。

妻を何者かに殺された主人公がその死の謎を追い、腹話術人形にまつわる恐怖の中へと堕ちていく姿を描いていく。

デフォルメされているにも関わらず、どこか生々しい腹話術人形。

その恐怖を最大限に発揮すべく、恐怖をあおるシーンであえて音楽を排除するなど、演出にも工夫がなされている。

ストーリーはミステリータッチで進んでいく…。

恐怖を真正面から受け止めつつ、結末を予想しながら観たい映画だ。


        $ひばなの シネマの天地

ある雨の夜、ジェイミーとリサの夫妻の元に送り主不明のトランクが届く。

中には、ビリーと名付けられた腹話術人形が入っていた。

その後ジェイミーが外出、帰宅するとリサが舌を切られて死んでいた。

警察に容疑者扱いを受けたジェイミーは自ら事件の謎を解くべく、ビリーを持って故郷のレイブンズ・フェアへと向かう。

そこには「人形」と「舌を抜く」という言葉の入った詩が言い伝えられていたのだった…。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

この作品は 今まで何度も見ているんですが。。。

人形を使ったホラー作品は やっぱり恐怖感を煽りますね。。。。私の好きな作品の一つです。

        $ひばなの シネマの天地

スティーブン・キングの作品かと思うような 人形の動き。

腹話術なのか!? と思わせるような 怪しい女主人。

何体もの 人形が。。。 その中に見覚えのあるピエロも~


        $ひばなの シネマの天地

声を出したら 舌を抜く。。。。

こんなこと 子供の頃に言われたらトラウマになりますよね~(笑)

気がつかないうちに 私も息を止めてたりして。。。。結構 ホラー描写が強烈です。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

ソウシリーズより この作品をシリーズにして欲しいと思ったくらい 好きです。

スプラッターではなく オカルト的なホラーなので血に弱い人でも これなら見れるかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。