ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
        $ひばなの シネマの天地

         原題 : XYZ Murders
         製作年 : 1985年
         製作国 : アメリカ
         配給 : 日本ヘラルド配給

        監督 サム・ライミ
        製作 ロバート・タパート
        製作総指揮 エドワード・R・プレスマン
            アーヴィン・シャピロ
        脚本 ジョエル・コーエン
            イーサン・コーエン
            サム・ライミ

        出演: ルイーズ・ラッサー
             ポール・L・スミス
             ブライオン・ジェームズ
             シェリー・J・ウィルソン
             エドワード・R・プレスマン

凶悪な殺し屋に命を狙われる殺人目撃者を描くコメディ。

「死霊のはらわた」(50)のロバート・タパートが製作、サム・ライミが監督。

エグゼクティヴ・プロデューサーはエドワード・R・プレスマンとアーヴィン・シャピロ。

共同プロデューサーはブルース・キャンベル。脚本はジョールとイーサンのコーエン兄弟とサム・ライミ、撮影はクローディア・シルス、音楽はアーロン・オブラーが担当。

出演はルイーズ・レッサー、リード・バーニー、ポール・スミスなど。

デトロイト。

ハドサッカー刑務所で殺人犯ヴィック(リード・バーニー)が電気椅子にすわらされていた。

「僕は殺してない」と叫ぶヴィック。

彼は回想する。

彼はオデガード・トレンド警備会社巧社員で、女のくどき方を本で覚えようとするイモ青年であった。

オデガード(ハミッド・デイナ)は共同経営者のトレンド (エドワード・R・プレスマン)に無断で会社を隣りのカフェ経営者(ブルース・キャンベル)に売却しようとしていた。

これを知ったトレンドは、殺し屋のクラッシュ(ポール・L・スミス)とコディッシュ(ブライオン・ジェイムズ)にオデガード殺しを依頼した。。。。。。


        $ひばなの シネマの天地

ちょっと古いですが。。。。新鮮です!

アメコミをそのまま 実写にしてしまったような作品です。

50年代。。。60年代のアメリカ映画を思い出すような コミカルな演出です。

        $ひばなの シネマの天地

何の能力も持たない 普通の。。。ドジな青年がヒーロー的な活躍をする??!!

ハチャメチャですが ワンシーンごとにみどころが沢山あります。

なんだか 懐かしい~気持ちになります。

落ちが分かっていても 大笑いできる王道コメディですね~(笑)


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

バカバカしいのに ストーリーはしっかりしているし わざとらしい動きも嫌味じゃなく クスット笑えるユーモアー抜群の作品です。

最近DVDが発売された「バーン・アフター・リーディング」とはまた違った 大人の茶目っ気たっぷりの映画ですね!

こういう笑い大好きです~~合格 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。