ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
   $ひばなの シネマの天地

ジャンル : Music/ミュージカル
製作年 : 2008年
製作国 : アメリカ
配給 : 東宝東和

監督 : フィリダ・ロイド
出演 : メリル・ストリープ
アマンダ・セイフライド
ピアース・ブロスナン
コリン・ファース
ステラン・スカルスガルド
ドミニク・クーパー

「ダンシング・クィーン」「恋のウォータールー」など70年代に次々とヒット曲を放ったABBAの楽曲から誕生したミュージカルは、今や世界中で上演を重ねる大人気の舞台だ。

その待望の映画化を担ったのは、ロンドンでのオリジナル版を手がけた演出家フィリダ・ロイド、脚本のキャサリン・ジョンソン、製作のジュディ・クレイマーという女性クリエイター・トリオ。

ステージの高揚感を丸ごとスクリーンに甦らせている。

歌って踊るヒロインには演技派中の演技派メリル・ストリープ。

その娘役をオーディションで勝ち取ったのは『ミーン・ガールズ』のアマンダ・セイフライド。

バイタリティに満ちた女性たちの生き様が爽快な一本。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

ギリシャの島で小さなホテルを営むドナの愛娘ソフィの結婚式前日、三人の男たちが島にやって来る。

父親を知らずに育ったソフィの夢は結婚式でヴァージンロードをパパと二人で歩くこと。

かつての母の恋人サム、ハリー、ビルのうちの誰かが自分の父親だと見当をつけたソフィが、内緒で招待状を送ったのだ。

式の準備でただでさえ大わらわのドナは、昔の恋人たちの出現に大ショック。果たしてソフィの父親は誰なのか?


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

苦手なミュージカルの鑑賞です。。。

オペラ座の怪人を劇場で爆睡して以来 苦手意識が増幅していたんですが。。。。新作なのに1週間レンタル可能だったので 借りてみました。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

使われている曲が アバのヒット曲ばかりのせいか そんなに退屈な思いはしませんね。

歌詞と台詞がマッチしているのもあって 主人公達の感情もよく分かります。 それに。。。全部が歌ではなく ちゃんと台詞もあるので 見やすいですね。

ストーリーの内容も 単純なものだし 音楽も勝手に体が動いてしまうようなノリのいい物ばかり!これなら 苦手な私でも楽しめます!!


$ひばなの シネマの天地

あのメリル・ストリープが歌って踊って~に驚きです!!

作品中で生き生きとしている出演者達を見て ウキウキしてきます。

娘役の アマンダ・セイフライドも 人魚姫みたいでキュートです。

誰が父親か。。。ともすると暗くなりがちの題材なのに とっても明るくて ラストも奇想天外で面白い作品ですね。


   
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。