ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
        $ひばなの シネマの天地

        ジャンル:ヒューマンドラマ
        製作国:アメリカ
        制昨年:2003年
        収録時間:103分
        出演: ジェームズ・ウッズ
            ニック・ノルティ
            ダリル・ハンナ
            アンソニー・エドワーズ
            クレア・フォーラニ
        監督: マイケル・ポーリッシュ


「サンダンスフィルムフェスティバル」、「ロンドンフィルムフェスティバル」に正式出品された秀作!

1955年。モンタナの田舎町ノースフォークには、最後の時が迫っていた。

ダムの拡張工事のために、あと一週間ほどでこの町は水の底に消える運命なのだ。

ウォルター・オブライエン(ジェームズ・ウッズ)は息子ウィリスとともに、ノースフォークに帰ってきた。

いまだ町にとどまる人々の退去を促す執行官として・・・ウォルターの思いは複雑だった。

ノースフォークは、病死した妻の眠る地なのだ。彼の手には、モンタナ州からの墓地の移葬に関する最後通告が握られていた。

重病のためにノースフォークに置き去りにされた孤児、アーウィンの命も街と共につきようとしていた。

ノースフォークの人々は皆奇跡を求めていた。

そんな時、高熱にうなされるアーウィンの夢の中に、天使が現れる・・・。


        $ひばなの シネマの天地

「庭から昇ったロケット雲」の監督作品です。 このマイケル・ポーリッシュ監督なので 題名もよさそうだし。。。

最近ホラー続きだったのもあって 全く予備知識なしに鑑賞してみました。


        $ひばなの シネマの天地

出だしはよかったんですが。。。。。

神父の下へ 一人の少年が養子先から戻ってきてから。。。。難解になってきて~

寝落ち(笑)と休憩を挟んで ちょっと作品情報を検索してみました。

なんとこの作品。。。IQ120以上の人じゃないと 理解できないらしいです~(汗) そんな映画なぜ 作ったんでしょうね。。。。

その記事を読んで 俄然見る気が湧いてきました(爆)←ただの 負けず嫌い。。。。


        $ひばなの シネマの天地

結局。。。理解には至りません。 完全な敗北です(笑)

宗教的要素が物凄く濃いので そこからもう 入って行けない感じもあるんですが。。。。

地球上のすべては 生まれ。。。そして死んでゆく。

大地も 生命もすべてです。 ノースフォークという天使が舞い降りたという伝説を持つ町での出来事をすべて神の意思として結び付けていく。。。

ファンタジーというよりは 幻想的な精神世界。

天地創造をしているようだといいながら 住民を立ち退かせる親子と 一人の少年が見る夢の中の世界。。。

現実と夢の中の出来事の区別が付かなくなり 見ていてどんどん 混乱してきます。


        $ひばなの シネマの天地

執行官の妻が眠る墓地で 死者への思いをはせる親子。

墓を掘ることは 果たして誰の為なのか。。。。

一度は水没させることを考えた夫ウォルターは 妻への無慈悲な行為に疑問をめぐらせる。。。。

冒頭で水面に浮かぶ棺が この作品のテーマだったんだとやっと分かる瞬間でした。

すべてのものは死に。。。そして新しい生命が生まれる そして繰り返される。

難解な作品ですが 映像はすごく綺麗です。 ノースフォークの風景も素敵です。

ただ。。。まだ分からないのは 天使がくれた奇跡ってサブタイトルなんですが どこのことなのか。。。。どれが奇跡なのか????

モヤモヤの残る作品です。(冷汗)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。