ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
        $ひばなの シネマの天地

        ジャンル : スリラー/サスペンス
         製作年 : 2004年
         製作国 : アメリカ
         配給 : 日本ヘラルド映画=松竹
         上映時間 : 146分

         監督 : トニー・スコット
         脚本 : ブライアン・ヘルゲランド
         出演 : デンゼル・ワシントン
             ダコタ・ファニング
             クリストファー・ウォーケン
             ラダ・ミッチェル
             ジャンカルロ・ジャンニーニ
             ミッキー・ローク



        $ひばなの シネマの天地

傷ついた大人と無垢な子供が通わせる純愛-。

『レオン』『都会のアリス』『グロリア』等の名作に連なる、新たな愛の物語が誕生した。

主演はオスカー俳優デンゼル・ワシントンと、『アイ・アム・サム』で観客の涙を誘った天才子役ダコタ・ファニング。

2人のプラトニックな愛の顛末が、時に微笑ましく時に切なく描かれる。だが本作はそれだけでは終わらない。

中盤からはスリリングな犯罪サスペンスへと転調し、『トレーニングデイ』で見せたデンゼルのハードな魅力が全開。


        $ひばなの シネマの天地

予測不能のストーリーを経て、万感胸に迫るラストシーンを導いてゆく。

映画の舞台となるのは、誘拐発生率世界第3位というメキシコシティ。その雑多で危険な街並みを旅情あふれるタッチで捉えたカメラも見どころ。

演技、物語、映像の三位一体により感動もスリルも3倍増の作品だ。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

対テロ部隊で暗殺任務に明け暮れた過去に苛まれ、酒浸りの日々をおくるジョン・クリーシー。

メキシコに住む友人を訪ねたクリーシーは、実業家の一人娘ピタのボディガードの仕事を紹介される。

昨今メキシコシティでは身代金目的の誘拐事件が多発。

危険な任務には打ってつけのクリーシーだが、無邪気な少女の相手をするのは苦痛だった。

送り迎えの車中であれこれ質問するピタに「僕の仕事は友達になることじゃない」と冷たく言い放つクリーシー。

だがけがれのないピタの笑顔は、クリーシーの傷ついた心を少しずつ癒していく…。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

先日 近所のバザーでこの作品を含め3本250円で買ってきたDVDです。

こんなに面白い作品を手放した人がいるなんて。。。。何度も見たくなる作品です。

ボディガードを必要とする社会。 その恐ろしさと愛情に飢えている2人の出会いと絆が胸を熱くするストーリーになっています。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

中盤以降は クリーシーの怒りとピタへの想いが 悪への報復へと向けられバイオレンス仕立てになっています。

クリーシーの非情な行動は いいことだとは思えないけど。。。。あそこまでやってくれると かえってすっきり?!する感じです。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

なんといっても 天才子役ダコタちゃんが 物凄くかわいい!!

このこのためなら命さえかけちゃう気持ち 分かります~

ラストは重く。。。切ない終わりですが 作り物っぽくない終わり方なのでいいのかな。。。

涙なくしては ラストを見れませんね。。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。