ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
        $ひばなの シネマの天地

         ジャンル : ドラマ
         製作年 : 2009年
         製作国 : 日本
         配給 : AMGエンタテインメント
         上映時間 : 106分

         監督 : 亀井亨
         原作・脚本 : 永森裕二
         出演 : 佐藤二郎 安達祐実
              渡辺哲 高橋洋
              高橋直純 西田幸治
              笹野高史 石野真子
               藤田弓子



生まれた町から一歩も出ず、35歳まで実家で暮してきたニート男、二郎。

仕事もせず、部屋に篭ってブログに熱中する毎日。

母親が行方不明になり、父親が急死しても、生活を変えることはなかった。

ある日、買い物に出かけた二郎は、赤いスカーフを首に巻いたマメシバの子犬に出会う。

どうやら行方不明の母親が自分の居場所を探させるために送り込んだらしい。

子犬など飼う気のない二郎は、犬の合コン=里親探しの集まりに行くことに。


       $ひばなの シネマの天地

『イヌゴエ』、『ネコナデ』の製作スタッフによる小動物シリーズ第3弾。

35歳ニート男とマメシバの子犬という一風変わったコンビの心の交流を描く。

二郎という名の主人公は、行方不明の母親が送り込んだマメシバ、一郎を手放すために、里親探しを始める。

しかし、犬なんて面倒くさいと言いながら、気が付いたら二郎にとって一郎はなくてはならない存在になっていた。

一人っ子なのに二郎、その弟分の子犬が一郎というセンスも笑えるが、本作の魅力は、これが初主演となる佐藤二朗のオタクな演技につきる。

難しい言葉を並べ、屁理屈を捏ねているが、実は気のいいキャラを独特の存在感で怪演。

ドラマ出演が多かったが、今後は映画でも注目度大だ。


        $ひばなの シネマの天地

ローカルTVドラマだったこの作品 大好きです!!

引きこもり35歳の次郎さんと 母が投入したマメシバ一郎君。。。兄なんですよね~(笑)

ドラマでは 一郎君が次郎さんを自宅から 少しずつ外の世界へと導いていくんですが。。。


        $ひばなの シネマの天地

今回は 一気に富士の裾野まで。。。

幼獣マメシバと次郎さんの大冒険が 周りの人々を巻き込んで始まります。

次郎さんの 挙動不審ぶりはいつもの事ながら 冴え渡っています。

そして。。。次郎さんが抱える 対人恐怖症の様子は 経験のない私には驚きのシーンです。

        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

かわいいわんこ映画ではなく 既に成人してしまった息子の 子育てと親離れの 変わったやり直し。。。

母の思いが沢山入った ちょっと風変わりなドラマストーリーです。


        $ひばなの シネマの天地





ぺタしてね!
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。