ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:


          ひばなの シネマの天地



         ジャンル : ドラマ

         製作年 : 2007年

         製作国 : フランス=アメリカ

         配給 : アスミック・エース エンタテインメント

         上映時間 : 112分


         監督 : ジュリアン・シュナーベル

         原作 : ジャン=ドミニク・ボービー

         脚本 : ロナルド・ハーウッド

         出演 : マチュー・アマルリック

              マリー=ジョゼ・クローズ

              マックス・フォン・シドー



病院のベッドで目を開けたジャン=ドーは、自分が何週間も昏睡状態だった事を知る。


そして身体がまったく動かず、唯一動かすことができるのは左目だけだという事も。


ジャン=ドーは雑誌「ELLE」の編集者で、三人の子どもの父親だった。


彼は言語療法士の導きにより、目のまばたきによって意思を伝える事を学ぶ。


やがて彼はそのまばたきで自伝を書き始めた。


その時、彼の記憶と想像力は、動かない体から蝶のように飛び立った…。



          ひばなの シネマの天地


原題は「潜水服と蝶」。


潜水服とは身体的に不自由な状況を、蝶はそんな状況の中にあっても自由な彼の思考や想像力を現しており、そのイメージがたびたび映画の中で示される。


動くのは左目だけという絶望的な状況の中でも生きる希望を見出す主人公とそれを支える人々。


自身が画家でもあるシュナーベル監督は、派手な演出を排し、大人の冷静さを持ってそれを静かに描く。


一人称目線で語られる前半に対し、後半は広がる想像力に呼応するようにカメラが自由に動くが、主人公の心情を視覚化したその映像は素晴らしいに尽きる。


撮影監督はスピルバーグ作品でおなじみの名匠ヤヌス・カミンスキー。


本作はカンヌ映画祭で監督賞と高等技術賞を受賞。(goo映画より)



        ひばなの シネマの天地


とても悲しいストーリーですが。。。。。


なぜか 観終わってジャン=ドーの気持ちが伝わったのか 悲しみより達成感を感じました。



  ひばなの シネマの天地

          ひばなの シネマの天地

肉体に閉じ込められた自分。


潜水服を着て 水中を浮遊するシーンは 彼の置かれた状況が よく分かる比喩です。


そして。。。。何度も繰り返される アルファベット。


ものすごく対照的な シーンです。



  ひばなの シネマの天地

          ひばなの シネマの天地

健康な時には 手に入れられなかった 彼を取り巻く人々との交流。


そして いとしい人への想い。


介助なしでは表現できない もどかしさ。。。。



  ひばなの シネマの天地

          ひばなの シネマの天地


自伝を書くことで 生きることへの希望を見出し。。。。 


けれど その反面 自分と一緒に 大切な人を沈めてしまう。。。そんな葛藤との戦いもあります。



  ひばなの シネマの天地

          ひばなの シネマの天地


90歳を越えた父親との 電話での会話が印象的でした。


「肉体に閉じ込められた 息子と アパートに閉じ込められた私。。。

 こんな形で 話すことになるとは・・・・」


そんな言葉とともに 涙する父親。 切なくなってしまいました。



        ひばなの シネマの天地


自分の過去が遠ざかり 思い出の灰になろうとしている・・・・


僕は ここで 永遠を繰り返す。。。。


この言葉が 印象的で 。。。。 彼だけではなく もどかしく人生を生きている人にとって 同じ思いを想像しました。


潜水服を脱ぎ 蝶のように舞う。



               ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。