ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:


       ひばなの シネマの天地
 

上映時間 115分
製作国 フランス
公開情報 劇場公開(シネマパリジャン)
初公開年月 2000/06
ジャンル

ドラマ/ファミリー  


監督: ジャン・ベッケル
製作: クリスチャン・フェシュネル
製作総指揮: エルヴェ・トリュフォー
原作: ジョルジュ・モンフレ
脚本: セバスチャン・ジャプリゾ
台詞: セバスチャン・ジャプリゾ
撮影: ジャン=マリー・ドルージュ
衣装: シルヴィー・ド・セゴンゼック
音楽:

ピエール・バシュレ

出演: ジャック・ガンブラン
ジャック・ヴィルレ
マルレーヌ・バフィエ
イザベル・カレ
アンドレ・デュソリエ
ミシェル・セロー
エリック・カントナ
シュザンヌ・フロン

クリクリのいた夏 [DVD]
¥9,600
Amazon.co.jp

 1930年代初頭のフランス。とあるマレの畔に、クリクリの一家が住んでいた。

彼らは豊かな自然にめぐまれたこの地で、スズランの花をブーケにしたり、カエルやエスカルゴをとったりして自給自足の優雅な生活を送っていた。

そんな平穏な日々も束の間、クリクリの父リトンのヘマのせいで、大変な事件が一家を襲う。


彼らはこの窮地を脱することが出きるのか……。


現代ではすでに失われてしまった人間の本当の豊かさを詩情あふれる鮮やかな映像で描いたヒューマン・ドラマ。


ひばなの シネマの天地

なんでしょうね・・ この作品。

ず~っと 笑顔で見てしまうんです。

クリクリの父リトンと隣に住むガリス そしてアメデ。

この3人の 日常の会話だけで クスッと笑ってしまう・・・

ひばなの シネマの天地
沢山の優しさが あちらこちらにあって 町や沼地の情景も長閑で癒されます。

そして・・・

クリクリが タイヤのブランコで くるくる回ると

見ている私も 一緒に もの凄く楽しい気分になりました。

ひばなの シネマの天地

お金は・・日々の生活をやっと送れるくらいしか無いけれど

自由で豊かな心は 十分あります。

ボクサーのジョーでさえも この沼の水で 頭を冷やすと

豊かな心を取り戻し 素直な気持ちになれます。 

ひばなの シネマの天地
あったかくて 優しくて・・・ 

晩年を過ごす クリクリが昔を懐かしむように 語りかけます。

      ペタしてね  


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。