Spiral  ~collection blog ~

日々の生活の中で、「あっ!これステキ」と感じた出来事を記録・コレクション


テーマ:
2004年7月に世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場」と「参詣道(熊野古道)」
一度は「熊野古道」へ出かけようと思い調べてみるとその広さに驚きます。
和歌山・三重・奈良の三県にまたがる広大なエリアで「熊野三山」「高野山」「吉野・大峯」の山岳霊場と「その参詣道全体」が含まれ登録されているといいます。「参詣道全体」が登録されているというのも日本では初めてとの事、紀伊半島の大部分が世界遺産という事ですね.....
これは歩いて回るスケールではない事を初めて知りました...(^^;)

●「熊野古道」
熊野参詣道地図
「熊野古道」はどこ?という事だけど、「高野山(真言密教聖地)」「熊野三山(熊野の神々を祀る)」「伊勢神宮」、これら周辺の古道がそうみたい。地図を見ると広範囲ですね。
それで、往路は「伊勢」を出発点とし(わざわざ伊勢まで行った)、《伊勢路》をひたすら車で走りました。これは「南紀勝浦温泉」でも書きましたが疲れる道です(笑)
そして復路は「熊野」を出発して《大辺路》を走り、阪和自動車道「南紀田辺」より高速に入りました。
これって半島をほとんど回っているんですよ.....かなりしんどかったです(^^;)

さて、当日ですが大雨で警報まで出てしまって諦めかけていたら、宿泊チェックアウトあたりから小雨になったので、やっぱり「熊野古道」の1つでもいいから歩いてみたいし予定していた計画を実行しました。

●那智山詣(「熊野三山」の1つ)
それは「熊野三山」の1つである「那智山」の参詣です。
やっぱり「大門坂」「熊野那智大社」「那智の滝」は観て帰りたいですしね。
那智山詣地図
私達の計画は「大門坂」を歩いて上り「熊野那智大社」そして「那智の滝」まで山を一回りすることにして、この辺を走っているバスで「大門坂近くの駐車場」まで下りるコースを計画しました。
駐車場ですが前もってさちねえさんに教えてもらい「大門坂」前の無料駐車場(4台くらい)に置いていきました。あとで知ったのですが「大門坂」手前数十メートルのところにも「大門坂駐車場」という大きな無料駐車場もできていてバスも停まるようです。観光バスはここに駐めていました。
自家用車で行く方は参考にしてみてください。

●大門坂入口
熊野古道「大門坂」
●大門坂の由来
大門坂②
●夫婦杉
夫婦杉②
樹齢は約800年との事で大きな杉です。
みんなこの「夫婦杉」の前で写真を撮って、写真を撮り終わったら車やバスに乗って山を上り「熊野那智大社」や「那智の滝」の駐車場まで行くようです。
天気が悪かったからか「大門坂」を上っていく人はほとんどいませんでした。
夫婦杉①
●大門坂の石畳
大門坂③

大門坂④

大門坂⑤
「大門坂」の真ん中辺りはすぐ側に道路が見えバス停があります。
大門坂⑥
「大門坂」は600メートル程との事ですがやはり上りはしんどいです。
下ってくる人に話しを聞いたら、上の駐車場から下りてくる方がラクとの事ですが、ツアーの方のようでバスが先回りしてくれるみたいです。
私達は「那智山詣」なのでやはり下から上がるのがいいのかも。

●特大の那智黒石
特大の那智黒石
「大門坂」を上ると土産店があります。そこで一番大きな那智黒石。那智山の特産品です。よく知られているのは囲碁の黒石として使われていますね。土産店でも碁石が売られていました。私は最近庭造りをしているので庭石などでも那智黒石を使う事を最近知りました。
●那智黒飴
よく知られている那智黒飴。美味しいですね♪土産店の人に聞いたら、この飴は那智黒石の碁石をかたどった事が由来しているそうです。
那智黒飴と那智黒石
●那智黒石の小物
大きな物は買えないので小さな「ミミズク」と「カメ」の小物を買いました。
那智黒石みやげ

傘を差しながらの「那智山詣」。低い運動靴だった事もあって途中私のパンツの裾がほどけてズタズタでした(笑)ジャージにすればよかった(^^;)
しかしその前の大山の事を思えばなんという事はなかったです(^_^)v

「②那智山(熊野那智大社・青岸渡寺)」に続きます。
★コメントは「③那智山(那智の滝)・大辺路」にお願いします。

碁石実用30号

¥15,750   ゆめ画材

蛤碁石:25号雪印(7.0mm)

¥9,700   将棋盤囲碁盤のめぐみ堂

玉砂利 那智黒8分

¥1,176   お庭の玉手箱

在庫処分品(1点限定):蛤碁石・那智黒碁石35号雪印

¥28,000   将棋盤囲碁盤のめぐみ堂
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「①那智山(大門坂)」を上りきると駐車場と473段の「表参道」があります。
次に目指すは「熊野那智大社」。「表参道」を上がるとすぐです。
●表参道
この石段にも土産店が並んでいて那智黒石の工芸品や那智黒飴などが売られていました。
表参道

●熊野那智大社「一の鳥居」
熊野那智大社一の鳥居
●熊野那智大社「手水舎」
熊野那智大社②
●熊野那智大社「二の鳥居前石段」
熊野那智大社③
●熊野那智大社「拝殿」
熊野那智大社④
この「拝殿」の背後に6棟の「本殿」が並んでいて、主殿には主神熊野夫須美神(くまのふすみ)が祀られています。森羅万象の根源に力を与える神で、起源は「那智の滝」への自然信仰に始まるそうです。
●熊野那智大社「八咫烏(やたがらす)」
「八咫烏」って聞いた事ありますか?
熊野では神の使いとされている烏で足が三本あるんですよ(b^-゜)
八咫烏
●那智詣御守
那智詣御守
私達夫婦は不思議なんですが結婚以来神社づいていて(入籍の時も伊勢参りしていたり)、定期的に氏神様や伊勢神宮に行くのが当たり前みたいになっています。伊勢詣は何度かしましたが「那智山詣」は初めてで2人して参拝できて清々しい気分でした。神棚に入れる御札と交通安全の御守りを買いました。

●那智山青岸渡寺「本堂」
さて、「熊野那智大社」を出るとすぐ隣に「那智山青岸渡寺」があります。
「那智山青岸渡寺」は西国第一番札所です。
那智山青岸渡寺
写真何枚か撮りましたが角度変えてもどれも光が入ってしまいました(^^;)
4世紀頃、印度天竺の僧、裸形上人が那智大滝で修行を積みその暁に滝壺で観音菩薩を感得したことから、草庵を営んで安置したことが最初だそうです。

●那智山青岸渡寺「三重の塔」
那智山青岸渡寺三重塔①
「三重の塔」は平安末期(800年前)に建立されたものと推定されていますが豪族の対立により一山の社堂兵火によって亡失してしまったのを、昭和47年に400年ぶりに再建されたとの事です。
「那智の滝」を背景とした「三重の塔」はほんと美観ですね☆
●板壁画「金剛界曼荼羅」(「三重の塔」三層)
那智山青岸渡寺三重塔②
●板壁画「聖衆来迎図」(「三重の塔」二層)
那智山青岸渡寺三重塔③
「三重の塔」は「千手観音菩薩」や「阿弥陀如来」「不動明王」が安置され、また「板壁画」で飾られていました。

「③那智山(那智の滝)・大辺路」に続きます。
★コメントは「③那智山(那智の滝)・大辺路」にお願いします。

熊野詣 三山信仰と文化 (講談社学術文庫)/五来 重

¥798   Amazon.co.jp

熊野学事始め―ヤタガラスの道/環 栄賢

¥2,940   Amazon.co.jp

那智山 塔影 福田屋特製  干菓子 麩焼きせんべい

¥1,100   FUKUDAYA

1000ピース 青岸渡寺と那智滝 10-552S

¥2,188   Amazon.co.jp
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
●那智の滝(那智大滝)
この写真は「②那智山(那智山青岸渡寺)」の「三重の塔」より撮影してみました。
那智の滝全景
●那智の滝(注連縄)
那智の滝注連縄
滝の銚子口(落ち口)は注連縄が張られていますが、これは毎年2回(7月・12月)に張り替えられます。
この滝の銚子口の幅は13m。銚子口の岩盤に3つの切れ目があって、滝が3本になって落ちることから「三筋の滝」とも言われているそうです。
那智の滝②

那智の滝③

●「那智の滝」へ向かう石段
那智の滝へ

●「飛瀧神社(参道入口)」
滝前駐車場まで来ると「飛瀧神社」の鳥居が見え、「那智の滝」について看板が掲げられていました。すごい滝の音が聞こえてきます。
那智御瀧看板
●激しい渓流
那智の滝④
杉木立の参道を下っていくのですがその横を渓流が流れています。
この日は前日からの大雨で水量が多くその様子に驚きます。

●那智の滝(那智大滝)
落差133メートル、さすが日本一の直瀑です。迫力の飛瀑!
那智の滝⑤

那智の滝⑥

那智の滝⑦
毎秒10tの水が一本の滝となって落ちてくるので、あたりはすごい水しぶきで近くにいるのも辛い状態でした。
太古から神と崇められた大滝というのもこの様子を見ると頷ける気もします。

★この滝を後にして滝前から2区間ほどバスに乗って車までもどります。
熊野交通の路線バスですから時刻表も確認しておくといいですよ(b^-゜)
お天気が少し回復してきた事もあって慌ててバスツアーの人たちが観光しようと集まってきた午後でした。小雨降る中でしたが空いていてよかったです。

●「大辺路(帰路)」の海岸の風景
帰路:那智湾

帰路:串本周辺海岸
●橋杭岩(ビュースポット)
帰路:橋杭岩

★今回の「熊野古道」は、車での《伊勢路》《大辺路》ドライブ、そして「那智山詣」でした。
往路《伊勢路(伊勢から熊野まで約160km)》も、復路《大辺路(熊野から田辺まで120km)》も海岸線の美しい風景を眺めながらでした。
次回出かける時には他の「熊野古道」や「高野山」にも行ってみたいです。

世界遺産 日本の原郷 熊野古道/山本 卓蔵

¥2,310   Amazon.co.jp

熊野仏壇掃除筆

¥3,980   生活雑貨の部屋

【□】熊野の筆匠 古城園の化粧筆8本セット CB-5000H

¥4,725   アットホーム
いいね!した人  |  コメント(35)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。