宝塚市から全国へ★宝塚発達コミュニティ『花』 親と支援者の会、親の会、発達障害、発達凸凹、グレーゾーン、自閉症スペクトラム、ADHD

発達にでこぼこのある子(グレーンゾーンを含む)の親と支援者のコミュニティ。発達障害、発達障がい、自閉症スペクトラム障がい、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害、軽度知的障害、LD、親の会、交流会、学習会、イベント、講演会、余暇支援


テーマ:

宝塚発達コミュニティ  

宝塚市から全国へ つながる ひろがる まなびあう
親と支援者のコミュニティ

【花のご紹介】【ホームページ】【Mail】
【Facebook 『いいね!』で最新情報が見られます】
【活動実績&今後のスケジュール】 【会員募集中】

 

ベル 花主催イベント ベル

2017年3月19日(日) 

西谷コラボイベント(西谷の自然と触れ合う)

詳しくは【こちら ※キャンセル待ち受付中

 

2017年3月31日(金) 

金出映子先生による個別療育

詳しくは【こちら ※キャンセル待ち受付中

 
今日は、子どもたちを送った後、
郵便局にダッシュし、
仕上がったばかりの日帰り旅行のしおりを
発送しました。
 
未就園児を抱えて、
みんなが見やすいようにと
時計とイラストを使った工程表や
持ち物チェックリストなどが書かれた
しおりを作ってくれた
スタッフのなつきさんの想いが
子どもたちとつながるといいな~♪


 
発送終わってから、
ツアーの備品を買い出しに行き、
その後は、
元副代表と二人で
花一周年を祝うランチパーティ。
 
みんなでお祝いもしたいけれど、
初心に返る意味も込めて
はじまりの二人でささやかなパーティ
…のはずが、
 
全然二人とも過去を振り返らない真顔
超未来志向。
初心に返るつもりが、
勢いが止まりませんでした。
パチリ。

 
それで午後イチからは
幼稚園で就学に向けての講演会に参加。
 
失敗をさせない事ではなく、
見守って、立ち上がるサポートをするように、
とのこと。
 
「死ぬこと以外はかすり傷」と
誰かの座右の銘が耳元でささやいていました。
 
Facebookでは、
私が震災の日に書いた記事の下に
ひっそりと
「6年前の今日を忘れません」と書いた事を
どんな想いで書いたのかについて
想いを馳せて下さった方がいました。
 
本当は溢れ出んばかりの想いがある事なので
今日、改めてブログに書こうと思います。
  
長男いっぽんは
六年前の3月8日に生まれました。
超ビッグに生まれましたが、
気胸だったため保育器で酸素治療しており
母子分離の入院。
暇を持て余していました。
 
3/11
妹とミヤネ屋を病室で見ながら
どーでもいい話をしていたら、
テレビの中が大混乱。
入院していた岡山の病院も震度1でしたが揺れました。
東北の地震が遠く離れたこの地も揺らす衝撃。
 
そしてあの津波。
 
私は、3.11の3日前に新たな命を産みました。
その3日後に沢山の人が津波に飲み込まれて亡くなりました。
家が流されました。街がまるごとなくなりました。
呆然と立ち尽くすしかなかった命からがら逃げ伸びた人たち。
そしてメルトダウン。
 
私はテレビでその光景を見ていただけ。
本当の苦しみや苦労を知っているわけではありません。
 
だけど、もしあの場にいたら?
3日前に生まれて今離れているこの子は?私は?家族は?友人は?
 
たまたまあの場所に地震が起きて津波が押し寄せた。
たまたま私はあの場所にいなかっただけ、
たまたま近くで地震が起こらなかっただけ。
 
私やこの子が死んでもなんら不思議ではなかった。
 
産み出た「生」とさらわれた「生」、つまり「死」
私の頭の中でぐわんぐわん振り子が揺れた。
 
生きている事は決して当たり前ではない。
 
人生の始まりと終わりが数日のうちに来て
これ以上ない鮮明なコントラストになった。
 
私は、今ある「生」をよく生きるしかない。
「よく」とは言い換えるなら「誠実」だろうか。。。
 
3日前に生を受けたこの子に
その背中を見せて生きる。
 
出産で女性は変わると言うけれど、
3.11は私にそれとは別の大きな楔を打ち込んだ。
 
私は私の人生を生きる。
この子はこの子の人生を生きる。
 
私もいつ死ぬかもわからないし、
この子もいつ死ぬかもわからない。
 
この子が自分の人生を生きた、
と思えるように親としてやるべきことをやる。
 
死を想い生きる。
私は6年前のこの日を忘れない。
 
た だ し
最も大切なのは
親のエゴにならないこと。
 
常に自分の姿勢を正しく見極める目を
持っていなくてはいけない。
そのために日々勉強。
 
失敗したら、より良く立ち上がれるように。
 
前に進む自分と
後ろを確認する自分。
 
「努力」の方向が間違っていないか
「押しつけ」になっていない。
「親のため」になっていないか。
 
「私は間違える」という前提に立って
どんどん外れる自分を
本人中心に戻すために
知識や専門家の意見を取り入れる。
 
間違えたままの頑張りは
子どもを追い詰めるから最悪だ。
盲目。本当にそのことが怖ろしい。
子どもを産んだら外のものは怖くなくなる。
本当に恐ろしいのは内なる自分だ。
 
障害があるから
サポートは必要だけれど、
最大限に
本人が自分の生を自分で拓いていけるように
私は出来るすべての事をする。
(こけないようにする事ではありません)
 
なおかつ
私は私の人生を生きる
 
それが私の死を想い生きるということ。
 
6年前のあの日が常に問いかける。
よく生きているのか、と。
  
皆さんも皆さんらしいよき人生を。
  
お花。ひかりお花。

 

必要な方に情報が届くように

ランキング参加中晴れ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

1日1クリック投票システム。

本日も応援よろしくお願いします流れ星

 

LINEキャラクター学習会やイベントのお知らせを

LINEでお届けしています音譜(最大月4回)

 友だち追加 

クリックで友だち追加して下さいねカナヘイハート

 

下記のQRコードからも追加できますカナヘイうさぎ

『花』の交流会などのイベント情報はこちらベル
これまでの記事が一覧で見やすい!! テーマ別記事一覧

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

宝塚発達コミュニティ 『花』 親と支援者の会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。