宝塚市から全国へ★宝塚発達コミュニティ『花』 親と支援者の会、親の会、発達障害、発達凸凹、グレーゾーン、自閉症スペクトラム、ADHD

発達にでこぼこのある子(グレーンゾーンを含む)の親と支援者のコミュニティ。発達障害、発達障がい、自閉症スペクトラム障がい、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害、軽度知的障害、LD、親の会、交流会、学習会、イベント、講演会、余暇支援


テーマ:

宝塚発達コミュニティ  

宝塚市から全国へ つながる ひろがる まなびあう
親と支援者のコミュニティ

【花のご紹介】【ホームページ】【Mail】
【Facebook 『いいね!』で最新情報が見られます】
【活動実績&今後のスケジュール】 【会員募集中】

 

ベル 花主催イベント ベル

2017年3月10日(金)

事業所説明会

10:00~ 宝塚市立西公民館

詳しくは【こちら

 

2017年3月19日(日) 

西谷コラボイベント(西谷の自然と触れ合う)

詳しくは【こちら ※募集中♪はじめての方も大歓迎♪

 

2017年3月31日(金) 

金出映子先生による個別療育

詳しくは【こちら ※残席1

 

 

 

こんにちは、ひかりです。

 

昨日の市長懇談の記事に

懇談後に発達支援センターの所長と

直接お話したまりさんから

Facebookにコメントをもらいました。

 

<懇談終わった後に子ども発達支援センターと障害福祉課の方へ他の自治体資料を持って行きましたが、「こんなの沢山作って誰に配るのですか?」という回答でした。
懇談中の私たちの話は聞かれてなかった様子でした。

(※補足、ほかの自治体の取組み例としてリーフレットを用意しました。どのような取り組みをしているのか実際に手に取ってみてもらうために。そのことも懇談中にお話しています)
とてもガッカリでしたね。
というより悲しかったですね。
教育委員会がとても頑張っているのと対照的でした。
これからは福祉と教育の連携をしていきましょう。となってきているのに、何もご存知ない感じでしたね。

「近隣の市もまだまだそこまでいってないみたいですよ〜」

「宝塚だけじゃないです」とも言われました。

次回は質の高い回答を期待しています>

 

 

これが宝塚市の福祉の現実、

子どもへの姿勢…。

 

国がどんな提言をしようが、

近隣自治体がやらなければ宝塚は何もしない。

他がやっていなければ

宝塚の子どもがどうなろうが知ったこっちゃない。

 

言い換えるとこういうことですよねびっくり

 

 

改めて、障害福祉課とこども発達支援センターの

障害者支援についての方針を

文書で回答いただくつもりです。

 

 

私たちは必ずこういう懇談の場で

まずお伝えしていることがあります。

 

本人を中心に、建設的に、どうすればできるか?から考えよう

私たち親もも間違えていたら教えてほしい、と。

 

その声は、ここにはかすりもしていないようでした。

 

 

 

発達障害者の今からや将来について

見通しが持てるリーフレットを作ってほしいと

言った時も、

どなたの発言かは忘れましたが

第一声が

「こういうのは言葉選びが難しい」

でした。

 

そんな事はどうでもいいとは言わないけど、

本当に大事なものはそこじゃない。

 

その陰で困っている多くの子どもや家族を

まず見てほしい。

 

物言わぬ大多数の人たちが

一部のクレームによって

どれだけ大きな負担を強いられているのか。

毅然とした態度で、

本当に大切なものを大切にしていると

宣言してもらいたいです。

 

私たちは、前向きな取り組みを

もっとここで紹介したいです。

 

 

宝塚はスゴイ!と

モデルはここにある!みんなの所でも真似して♪

と言えるような街であってほしい。

 

 

そうなれるように一緒に歩みたい。

小さな一歩でもいいじゃないですか。

ありきたりだけど千里の道も一歩から。

 

バカみたいに夢を見ています。

 

子どもの未来を諦められないから、

自分の住んでいる街を諦められないから。

 

 

 

 

こども発達支援センターでも作成している、

相談支援計画やモニタリング報告書、

私たち大事に使っていますよ。

同じように大切に感じて、

相談支援専門員の方には誇りを持ってお仕事

していただきたいな。

 

相変わらず居宅訪問はないですが、

我が子の担当の相談支援専門員さんは、

昨年こども発達支援センターで懇談させてもらって以降

子どもの様子をしっかり見てもらえるようになったなぁと思います。

提案などもしてくださるようになりました。

 

ハード面を変えるのはお金が必要だけど、

ハートを変えることはお金がなくてもできます。

 

大人が心を通わせていたら

子どもは安心の中で育まれていくでしょう。

 

子ども本人に関わる大人が共通の目的地に向かって

それぞれの役割を全うしたり、アプローチしたりするための

モニタリング報告書やサービス等利用計画を

基に生まれるエンパワメント。

そのために大切なことを

書いてくれている宙★りすのブログです。

ぜひご覧ください。

 

支援者や親のハートの一歩は

子どもにとってはとても大きな一歩になるでしょう。


 

福祉と対照的に前のめりな教育の分野。

 

4/3に県内初となる

幼児教育センターが設置されます✨

 

教育の分野では切れ目ない連携の形が

始まろうとしています。

これは、発達障害の子どもだけじゃなく、

すべての子どもが対象です。

先生方の研究や研修も♪

 

 

発達障害のリーフレットももうすぐ新たにできるそうです。

どんなものになるか楽しみです。

また出来上ったものは

ブログでも紹介したいと思います。

 

教育委員会の

1人ひとりを大切にしよう

その子に合った育ちを応援しようという姿勢が

ビシビシ伝わってくる積極的な取り組み、

本当に素敵です。

 

 

線引きできない人生。

各課を越えて

子どものこれからと将来に繋がる

連携にも広がっていきますように。

 

 

お花。ひかりお花。

 

 

必要な方に情報が届くように

ランキング参加中晴れ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

1日1クリック投票システム。

本日も応援よろしくお願いします流れ星

 

 

LINEキャラクター学習会やイベントのお知らせを

LINEでお届けしています音譜(最大月4回)

 友だち追加 

クリックで友だち追加して下さいねカナヘイハート

 

下記のQRコードからも追加できますカナヘイうさぎ

『花』の交流会などのイベント情報はこちらベル
これまでの記事が一覧で見やすい!! テーマ別記事一覧

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

宝塚発達コミュニティ 『花』 親と支援者の会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。