宝塚市から全国へ★宝塚発達コミュニティ『花』 親と支援者の会、親の会、発達障害、発達凸凹、グレーゾーン、自閉症スペクトラム、ADHD

発達にでこぼこのある子(グレーンゾーンを含む)の親と支援者のコミュニティ。発達障害、発達障がい、自閉症スペクトラム障がい、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害、軽度知的障害、LD、親の会、交流会、学習会、イベント、講演会、余暇支援


テーマ:

 

宝塚市から全国へ

発達に凸凹のあるお子さまを持つ親のコミュニティ&情報ブログ

【花のご紹介】【主宰者プロフィール】
【Facebook★
いいね!で最新情報が見られます】
【活動実績&予定表】【Mail】

 

こんばんは、ひかりですハート

 

あつ~~~~いですねぇ晴れ

皆さん、体調崩されてませんか?

私はなんだかボーーーッ、ダルーーーッて感じで

たれぱんだ(時代汗)かぐでたまか、みたいな状態です。

 

子どもたちは、外で遊びたいと言うので

本当に熱中症気を付けなければ…。

 

 

今日は、息子いっぽん、

初めての習い事でした。

本人たっての希望でスイミングをはじめることに。

 

 

2週間ほど前からゴーグルを用意し、

お風呂で練習し、

先生の話をちゃんと聞く事、

みんなと一緒に行動する事、

何度も二人で確認しました。

 

スクールに着き、

着替えを済ませ、

プールサイドの出入り口までお見送りに。

だけど、子どもも大人もいっぱいいて

怖かったみたいで、逃げ出してしまいました。

入りたくないと言うので

外の観覧席から様子見。

見ながら「いっぱい人がいて怖い」

「やりたくない」「もう帰ろう」などなど

弱音のオンパレードでしたが、

30分くらいして、突然行く気になり

出入り口のシャワーのところまで行きました。

 

行きたいけど、怖い

その葛藤が凄くよく分かった。。。

何度もシャワーボタンを押して

「ここでいい」「いかなくていい」と言いつつも

しばらくして

「おかあちゃん、一緒に来て」と言うので

プールサイドまで見送りました。

 

今日は見るだけ、と言っていたのに、

さっと水にも入り、

ちょっと列に割り込んだり、腕輪を拒否したりはしてたけど、

それなりにやっていて、

 

 

上がってきた時は、

「楽しかったー!入れたよーー!!」

ととてもいい笑顔で嬉しかったです。

 

 

だけど、先生も一緒についていらっしゃって、

 

プールサイドに上がってしまうことがあるので、

一緒に水の中にいてくれたらいいのだけど、

先生が一人追いかけていくと、

もう一人で沢山の人数を見ないといけなくなるので、

難しい。

こういう子の親子の水泳教室もあるから

そちらを考えてみられてはどうですか、と。。。

 

分かります。

先生の人数が限られること。

他の子どもにしわ寄せが来てはいけないこと。

そこは、本当にその通りです。

 

ただ発達障害であることは最初に伝えてあります。

スモールステップでしか進めないこと。

無理やりするとパニックになること。

※最初に、逃げ出した段階でも

「無理矢理連れて行くことは?」と言われました。

「パニックになるからできません」とお伝えしました。

 

最初はプールサイドへ母親が連れて行く事すら

ダメだと言われました。

見送れば、ちゃんとプールサイドに行けるのに。

合理的配慮は×ですね。

 

そしてこういう子という

曖昧で差別的な発言。

これはこういう子の親子水泳教室とは

知的障害児・者親子水泳教室のことです。

きちんと、発達障害であることも伝えているのに

「こういう子」という雑なくくりであいまいな情報をもらっても

なんの役にも立ちませんよね。

知的障害の方にも失礼ですしね。

 

なんだか、がっくり来てしまいました。

 

一応スモールステップなことを再度説明して、

場に慣れれば輪にいられることもお伝えして

もう一回猶予はもらいましたが…。

 

子どもの頑張ったよー!!っていう

キラキラした顔と現実とのギャップに

胸が締め付けられました。

 

いっぱい褒めてあげたけど、

それだけじゃなく伝えなきゃいけない。

ちゃんと先生の言う通りにしないと

もうプールに通えなくなること。

やっぱり、がっくりきた様子。

それでも頑張ると言っていたので、

来週見届けたいと思います。

 

自分のことは、あれこれ言われても

全然平気だけど、

子どもの事となると

落ち込みますね~。

 

来週最後通告突き付けられるのか、

通えることになるのか。。。

みんなと一緒に過ごす世間の壁の高さ

実感いたしました。

またご報告させてください。

 

まだまだやはり啓発が必要だな、と感じた

水泳教室でした。

 

凸凹キッズの社会環境作り

がんばります、花花

凸凹、チクチク可愛いでしょうハート

 

花ひかり花

 

 

『花』の交流会などのイベント情報はこちらベル
これまでの記事が一覧で見やすい!! テーマ別記事一覧

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

宝塚発達コミュニティ 『花』 親と支援者の会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。