宝塚市から全国へ★宝塚発達コミュニティ『花』 親と支援者の会、親の会、発達障害、発達凸凹、グレーゾーン、自閉症スペクトラム、ADHD

発達にでこぼこのある子(グレーンゾーンを含む)の親と支援者のコミュニティ。発達障害、発達障がい、自閉症スペクトラム障がい、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害、軽度知的障害、LD、親の会、交流会、学習会、イベント、講演会、余暇支援


テーマ:

黄色い花 黄色い花 

宝塚市 及び 周辺地域

発達が凸凹のお子さまを持つ親のコミュニティ&情報ブログ

【花のご紹介】【Facebook Group】【Mail】

 

おはようございます。

 

昨日は、雨が降ったり止んだりと

秋の空のようなお天気でしたね。

 

みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

昨日は、代表と副代表で

行政関係者をお招きして、

発達障がい啓発活動の今後の方向性について

意見交換を行いました。

『発達障がい』という言葉

聞いたことがないという方は少なくなってきているような

印象はありますが、言葉が独り歩きしてしまって

どういったものなのか?

どのような種類があり、どういう風に対応するべきか?

ということまでは、

まだまだ理解が進んでいないように感じます。

 

残念ながら「アスペ」という言葉が

差別的に使われるような場面に

出会ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

誤った認識のもと

このような言葉だけが広まってしまうと、

当事者はいばらの道を

歩かなければならなくなっていしまいます。

 

発達障がいは目に見えない障がいで、

心の病気とおもわれがちですが、

脳の機能障がいです。

 

しつけや育て方で起こるものではないので、

対人関係が苦手な人に上手にしろというのは

歩けない人に歩け!と言うのと同じなんですよね。

もちろん、リハビリ(療育など)である程度は

機能を補うことはできます。

 

早くから療育をすることで、

適応障がいを減らしていくことができる

無理解から生まれるいじめや虐待を防止する

 

という観点から

 

行政の方でも

今後、学校や幼稚園などでの

啓発活動、研修会開催に向けての

働きかけや勉強会を開催する方向で

 

話がまとまりました。

 

『花』では今後も継続的に

発達障がいの啓発活動を積極的に行っていきます。

 

一人でも多くの

発達障がい当事者や当事者家族が、

それぞれの花をのびのびと

咲かせられる社会を目指して活動していますチューリップ

 

4月の交流会は満員御礼。ありがとうございますラブ

花といえば…5月は天然精油を使った

アロマクラフト製作つき交流会を企画中です。

子どもの笑顔のもとはお母さんたちの笑顔音譜

私たちと一緒に悩みをシェアしたり、

子どもの楽しい話をシェアしましょうハート

 

『花』の交流会などのイベント情報はこちら
黄色い花ぜひお気軽にご参加ください黄色い花

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

宝塚発達コミュニティ 『花』 親と支援者の会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。