宝塚市から全国へ★宝塚発達コミュニティ『花』 親と支援者の会、親の会、発達障害、発達凸凹、グレーゾーン、自閉症スペクトラム、ADHD

発達にでこぼこのある子(グレーンゾーンを含む)の親と支援者のコミュニティ。発達障害、発達障がい、自閉症スペクトラム障がい、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害、軽度知的障害、LD、親の会、交流会、学習会、イベント、講演会、余暇支援


テーマ:

宝塚発達コミュニティ  

宝塚市から全国へ つながる ひろがる まなびあう
親と支援者のコミュニティ

【花のご紹介】【ホームページ】【Mail】
【Facebook 『いいね!』で最新情報が見られます】
【活動実績&今後のスケジュール】 【会員募集中】

 

<今回は療育手帳のメリットについて>

※ご提供していただいたお写真です。

 

どうしても療育手帳を持つことにとまどいを感じる

親御さんも多いのも事実です。

実際、小学校の支援級に入っていても、

取得していない方もいらっしゃいます。

 

取得については、義務ではなく、権利であり、

すべて親の判断によるものです。

 

私もなかなか踏み切れずいましたが、娘のためを考えると

娘のありのまま(障がいを含めて)を受け止めてあげる

その第一歩として、申請しているところです。

 

なぜ、療育手帳を取得できるのに、

取得しようとしないのか?!

 

その多くは親の心の問題です。

その方たちは、その手帳をもらうことで、

自分の子が「障がい児」と社会的に認められてしまうと感じ、

なかなか一歩踏み出せないといいます。

 

障がい受容も人それぞれで、難なくクリアする人もいれば、

私のように何年もかけて、ようやく受容していく人たちもいます。
※私も途中段階かもしれません。

 

<果たして子供にとって、何が最善なのか?!>

療育手帳を持ったことで、なくすものはなんでしょうか?

療育手帳は、更新するシステムになっており、

いつでも返却することは可能です。

そして、言わない限り、人に知られることはありません。

 

子供のために、受けられるいろんなサービスを

上手に活用していくことこそ、本来の子供のためかと思います。

 

<どんなサービスが受けられるの??>

まず、自治体や判定や等級によって、

受けられるサービスは異なってきますが、

以下のようなものがあります。

 

・携帯電話料金の割引

・所得税・住民税の割引

・JRを使った旅行での割引

・地下鉄の切符の割引

・自動車

・レジャー施設

 

など、その他いろいろあります。

 

上記のサイトをご覧になったり、

宝塚市民の方は、市役所でお尋ねください。

 

健康福祉部 福祉推進室 障害福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁グランドフロアー
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 

 

取得できる方は、取得して損はありません。

 

そのメリットでもっと楽しく子供と過ごしましょう。

お金を大切にしましょう。時間を大切にしましょう。

そして子供のためにいろんなことをしてあげましょう。

 

同時に『療育手帳』も取得する場合は、こちら

【受給者証と療育手帳のまとめ】に戻る場合は、こちら

 

花ピンク めぐみ 花ピンク

 

必要な方に情報が届くように

ランキング参加中晴れ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

1日1クリック投票システム。

本日も応援よろしくお願いします流れ星

 

LINEキャラクター学習会やイベントのお知らせを

LINEでお届けしています音譜(最大月4回)

 友だち追加 

クリックで友だち追加して下さいねカナヘイハート

 

下記のQRコードからも追加できますカナヘイうさぎ

『花』の交流会などのイベント情報はこちらベル
これまでの記事が一覧で見やすい!! テーマ別記事一覧

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

宝塚発達コミュニティ 『花』 親と支援者の会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。