安倍信者はなぜゲスなのか?

テーマ:


「イエス!高須クリニック!」を侮辱された高須院長が「スポンサーを降りる」と表明したら、ミヤネ屋は即座に謝罪に追い込まれた。あまり誠意を感じない対応なのにあっさり許したのは、却って他局、他番組への牽制、つまり「抑止力」になるのである。

この事例はスポンサーへの問い合わせが一定の効果があることをよく示している。
潮目は変わりつつあり、弱気になっている時ではないのだ。
いまこそ、私たちができることをコツコツとやるべき時である。




このブロガーの主張をまとめると、要するに安倍政権の政策が正しいかどうかに関わりなく、政権批判をするマスコミが気にくわないのでみんなで圧力を加えて、公正な報道を安倍政権寄りに歪ませようと言っているに過ぎない。

こうなると、「健康のためなら死んでも良い」ならぬ、「安倍首相のためなら日本がどうなってもいい」と言うぐらいの思い入れがあることは理解できる。しかし、それを一般の国民にまで押しつけるのは完全に間違いだしはた迷惑も良いところだ。

ハッキリ言う。安倍政権とは、この程度の支持者にしか支持されない程度のものでしかない。
AD