はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~

18歳から人生の半分以上クレーター肌をやってるおばさんの実録。いじりナシの経過写真多数です。


         ■いつもご覧いただきありがとうございます■


     元難治性ニキビ、高打率クレーター移行体質の「はみんこ」です。


----------------------------------------------------------------------------------------

 このブログは、日々ニキビ痕(クレーター)の改善を目指しているおばさんの記録です。

実録ですので肌写真は自前です。お見苦しい点は何卒ご了承ください。

----------------------------------------------------------------------------------------


[記事の信憑性を増し、箔をつけるための大風呂敷]

・日本ニュートリション協会 サプリメントアドバイザー
・元某海外化粧品ブランド ビューティーアドバイザー
・全国珠算連盟 珠算1級 暗算1級


はじめてお越しの方こちら をご覧ください。

よくある質問こちら です(一番効果があった治療法はなんですか?この治療はどうだった?TCAはどこで買えるの?等)。

◆ここ数年、クリニックではなく自宅治療をメインににしている理由はこちら


【コメントのご質問について】

・視力低下により、一般的な質問だけのコメントがボヤけてよく見えないため、返信ができなくなりました。
・私でないと分からないご質問(私の施術の経過・感想など)は、これまで通りできる限りお答えしたいと思います。

・「この施術はこれに効くのか」、また肌について等の一般的な質問は、素人の私ではなく専門家に聞いてください。


しばしば個別にアドバイスやカウンセリングのご希望をいただくのですが、なにぶん備忘録を書いているだけのド素人ゆえ、お受けできかねますのでご了承ください。■


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


こいつら↓を1日各1回クリックしていただけると、私は大喜び、あなたの肌はより美しくなることでしょう。

blogranking にほんブログ村 美容ブログ 凹凸・クレーター肌へ


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


2000年12月
ビタミンCイオン導入を始める。2001年後半のビタミンC誘導体化粧品認可前は、動物用名目で販売されていたAPM(リン酸アスコルビルmg)「ニャンC」を使用。



haminco village 

2002年
スピロノラクトンで、毎朝のこもりニキビどもからようやく解放。

やっとこさクレーター治療に本腰を入れられるように。

クリスタルピーリング、クールタッチ、クールタッチⅡ、トレチノイン、ハイドロキノン、CO2アブレージョン、ヤグレーザー+切除縫合までやった肌です。それでもハレーション部分でさえも白く飛ばずにハッキリと凹みが分かるほどの陥没ぶりです。

haminco village 


2003年
上記に加えてTCAピーリングを2回受けました。

知人から「友達が、あの人肌きれいになったけど何かやったの?って驚いてるよ」と伝い聞きしたほど改善を見せた状態です。

各クレーターの角が取れ、ボックススカーから皿型になったからと思われます。

まーそれでもこんなもんです。

2004年12月
自宅TCAを始める。


2005年6月
ビタミンC誘導体をAPPSに切り替える。


2007年11月
クレーター治療に湿潤療法(主にキズパワーパッド)の併用を始める。最初の記事はこちら


2008年7月
自宅ダーマローラーを始める。最初の記事はこちら


2009年9月
アンコア(ブリッジセラピー)を受ける。最初の記事はこちら


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


haminco village  ◇◆haminco village◆◇
2007年以前の記録「ニキビ痕を治す会」などがあります。

faq  ニキビ・ニキビ痕FAQ
ブログ等でよくある質問をQ&Aでお答えしています。


・当サイト内のテキストおよび画像は無断で使用しないでください。
・エロスパム、マルチポスト等は削除させていただきますのでご了承ください。
・あくまでも私個人の効果、感想ですので、すべての人にあてはまるものではありません。
・このブログを参考にして起きたことのすべてに対して、一切の責任を負いかねます。







テーマ:

寄せては返す波に、一つとして同じ形はない。
そう、人生には、チャンス、タイミングというものがある。

私は出来る限りそれを見落とさずに生きていきたい。


私には見える。

これを言えるのは、今しかない。

 

I have a pen.

 

ペン - 片一方 - ダーマペン

 

ポコ太郎は、イオン化ミネラル(生体ミネラル)とAQのグロスファクターとのコラボを試さずにはいられなくなり、0.8mmではありましたが久しぶりにぶっ刺してみたのです。

そんなPKDPの経緯はこれまた素晴らしく、滲出液もほとんど出る幕なしであったという。
翌日いつも通りにファンデーションを塗ったくって外出できました。

 

手順は次の通り。

 

<洗顔>→<アルビオンエクサージュシーバムコントロールエッセンス>汚れふき取り→<エムラクリーム>麻酔30分→<ダーマスタンプ>流血→<濡れコットン>血ふき取り→<メガハイドレート水溶液>ぶっ刺され衝撃による活性酸素(ヒドロキシラジカル)対策→<希望の命水(10倍濃縮は要希釈)スプレー>情報伝達力UP・酵素、GF等の能力引き出し体制→<AQ アクティブセラム>有用率の高い絶妙バランスGF補給→<ポリ袋ラップ>湿潤療法


メガハイドレート

多いと赤く腫れるので、こんなもんで私はちょうどいい。


希望の命水10倍濃縮液


AQアクティブセラム

 

ざっとこんな流れです。


思い返せば10年ほど前から湿潤療法と組み合わせるようになり、キズパワーパッドで自らの滲出液内のGF(成長因子)に頑張ってもらっていました。
その後、4年ほど前からAQのGFに助けを乞うようになり、かなりの成果が上がるように。
そして今、希望の命水による鉱物の70種類以上もの自然なバランスのミネラルによって、肌本来の力を引き出すというウルトラCが加勢。


それによってAQの精鋭GF群パワーが最大限に生かされるという寸法です。
なによりも最も分かりやすい例えで言えば、小出監督あってのQちゃん金メダルということです。


とまあこんな具合に、ミネラルAQ成長因子コンビにたいそう感激してしまったため、もうちょっと掘り下げてみることにします。

 

まずイオン化ミネラル(生体ミネラル)。
希望の命水は、36種類のミネラルが水に溶けてイオン化して存在しているシロモノ。
予算をかけてえらい検査をすれば、実際のところ70種類以上は検出されるそうな。
普通の水に浸けておいてもほとんど溶けださないタングステンや白金などのミネラルも、特殊な酸抽出によってバランスよく含まれているがゆえの70種超え。
当然、水銀やストロンチウムといった有害金属はしっかり取り除かれております。

 

生命の誕生の場である海。そんな生命の元である海に、ミネラルをもたらした大元が鉱物。
minera(ミネラ)は鉱物を指すラテン語。つまるところ、ミネラルの出発点は鉱物なんですな。

そんなミネラルですから、飲用することですでに様々な変化を実感しているところでありますが、肌に直接つけてもなにかしらものすごいことがあるはず。

人間も、鉱物のミネラルが溶け込んだ海から進化した生き物なのですからな。


とは言い条、ただ鉱石を砕いたものをつければいいというわけではござんせん。水に溶けたイオン化状態であることが肝要。

てなわけで、顔にはこっちのノーマル希望の命水をスプレーボトルに入れて使っています。


というのは特典でいただいたからなので、10倍濃縮液を精製水なんかで希釈したものでもまったく構わないと思いますがね。

 

さて、イオン化ミネラルの大きさは概ね0.2ナノメートルだそうですから、バリア機能イオンチャンネル(0.7ナノメートル)など余裕の顔パス。
そうして取り込まれたイオン化ミネラルは、それぞれの役割を果たすわけです。

例えば、抗酸化酵素SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)は、銅や亜鉛、マンガンがないと完成形にならないので、これらが取り込まれてやっと働き始めるのです。


ミネラルの就職先としては、このように酵素を形成する一部となるもの、ビタミンが働ける状態にすること、他には浸透圧の調整、重金属など有害物のキレート除去、情報伝達などなど。

至る所で活躍しているのです。
これらの現象を肌実感レベルに落とし込んで解釈すれば、潤いや弾力アップ、肌トラブルになりづらい肌、といったあたりでしょうか。

 

それゆえ、ミネラル豊富と言われる海洋深層水をベースにした製品もいろいろあるのでしょう。

もちろんよいものだと思うのですが、命水スプレーはさらに大元に近い本質的な部分からアプローチしているように思います。

 

ミネラル、体によし!精神によし!肌によし!女性によし!
と言っている鳥越俊太郎が目に浮かびます。

 

そうそう、そして、成長因子発動スイッチともいえる受容体(レセプター)を働かせるにも専用の代謝酵素が必要です。でもって、その酵素を作るにしても、例に漏れずなんかしらのミネラル(微量金属)が必須なわけであります。

 

となると、イオン化ミネラルと成長因子の関係というのは…もう言わずもがなって話ですよ。

 


でも言っちゃうんだぜ。
次、 AQ Skin Solutionsについて。


価格もそれなりに高いので、選ぶだけの価値が感じられなれば安価なGFでいいわけです。
てなわけで調べたり直接AQさんに聞いたりしてしまうわけです。


まず、GF単体の製品ではなく、気が遠くなるような実験によって得られたベストなGF群の組み合わせと絶妙なバランス。

そして、リーズナブルに作れる合成ペプチドよりも、ヒト由来のGFは生理活性(実際にその成分が働くかどうか)が高いとのこと。

いくら素晴らしい成分が体の中に入っても、そいつが働かなくては意味がないですからな。
せっかく超難関国立大卒者を採用したのに、机に座ってぼーっとされてちゃ意味がなく、知識を活かしてバリバリやってくれるかどうかがカギなわけです。

 

そして、ナマモノである成長因子を守るための対策。
高濃度GFの リカバリーセラムは、要冷蔵の使い切り小型アンプルにするしかないそうな。
普段使いのアクティブセラムに関しては、常温で生理活性を保てるヒューマンフィブロブラストナンタラカンタラという媒体で守られていると。
有能な新人を潰そうとする悪い輩の手から、陰ながら守ってくれる頼れる先輩のようなもんですな。

あー、やっぱりAQにしとくかーと思った次第です。

 


これらを通じて私の感じた、「希望の命水」と「AQ」成長因子の共通点。
ベストなチームワーク、これですわ。

 

人も成分も傑出した力を持つものは存在しますが、スタンドプレーには限界ってもんがあり、それが行き過ぎるとなにかしらひずみが産まれますでしょう。

孫悟空もめちゃくちゃ強いけど、亀仙人やブルマやクリリンなどのチームワークがなければ数々の敵を蹴散らすことはできなかったはず。

元気玉なんて、その最たるものです。

 

70種超えのミネラルがそれぞれに働き、それぞれにバランスを取っている。
さまざまなグロスファクターがそれぞれに働き、それぞれにバランスを取っている。

 

必要なものを与えることで正常な機能を促し、不要なものは分解や取り込みをして排出する。

すなわち「本来の働き+不要物の排除」。
これはやはり、それぞれ違った特徴を持つもので集まったチームプレーのなせる業だと思うわけです。
だからこそ、この共通点を持つ2アイテムは、私の肌にも相乗効果を発揮してくれたように思えてならないのであります。

 


…てな具合に、イオン化ミネラル(生体ミネラル)に関して、飲用およびスキンケア(つーか治療に近いか)について垂れ流してきたわけですが、もうちょっとおつきあいいただきたい。
まだイオン化ミネラルについては言い足りないのですよ。

 

ミネラルの働きの中でも、脳の信号を含む情報伝達のあたりは、もうただの元素ではなく意志を持ったなにかであるように思えてくるのであります。
また宇宙最小の元素である水素にしても、酸化物を還元、すなわち元に戻し、生物の原動力となるエネルギーの産生を高める。
「元素」を訓読みすると「もとのもと」であるということを、しみじみ実感するのであります。

なんかオバハン、柄になく壮大なロマンを感じちゃうんですよ。

 


さて最後に、リクエストをいただいていたこともあり、正面からの肌画像で今回は終わりたいと存じます。
それにしても、不惑過ぎのオバハンの肌を見たいとわざわざお申し出くださるとは、悪趣味にもほどがありますぜ。
とはいえ、「NO滲出液ダーマスタンプ肌」が落ち着いた状態をお見せするという意味でも出すつもりだったので、渡りに船であります。

 

それでは、部屋を暗くして画面から離れて見て下さい。

なお、気分のすぐれない方は下にスクロールしないで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

スッピンアップ(ちょいピンボケしました)

 

ファンデーションありアップ


I have a pore.

 

2005年夏と2016年後半の右頬比較

2005年                         2016年

 

2005年の写真が暗いので、近づけるために2016年画像は彩度だけいじっています。

このとおり「10年前の肌になぞ絶対戻りたくない」と心から思う、世にも珍しいオバハンになりました。

CMの「めざせ-5歳肌」とか、もう、戦慄してますよ。

それでも、1995年の私が左の写真だけ見たら「私こんなによくなったのか!すげえ!」と感激する状態なんすけどもね。

右の写真を見たら失神するだろうな。

 

今では、ぼったくり某クリニックの惨状にもある意味感謝しています。

なにしろ、なんだこりゃー(変わらない凹とからっぽの通帳)!試行錯誤して絶対にマシになってやるぜ!という闘志を与えてくれたんですからな!

まあ、某だけで数百万もかかる高い買い物だったけどな!

 

 

こんなペースですが、まだまだ、水素、酵素、ミネラル、成長因子、その他戦士たちにより、さらなる展開があることを確信しているのでオラわくわくしています。

てなわけで↓ こいつら1日各1クリック してくれよな!

blogranking
にほんブログ村 美容ブログ 凹凸・クレーター肌へ
にほんブログ村  

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。