はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~

18歳から人生の半分以上クレーター肌をやってるおばさんの実録。いじりナシの経過写真多数です。


         ■いつもご覧いただきありがとうございます■


     元難治性ニキビ、高打率クレーター移行体質の「はみんこ」です。


----------------------------------------------------------------------------------------

 このブログは、日々ニキビ痕(クレーター)の改善を目指しているおばさんの記録です。

実録ですので肌写真は自前です。お見苦しい点は何卒ご了承ください。

----------------------------------------------------------------------------------------


[記事の信憑性を増し、箔をつけるための大風呂敷]

・日本ニュートリション協会 サプリメントアドバイザー
・元某海外化粧品ブランド ビューティーアドバイザー
・全国珠算連盟 珠算1級 暗算1級


はじめてお越しの方こちら をご覧ください。

よくある質問こちら です(一番効果があった治療法はなんですか?この治療はどうだった?TCAはどこで買えるの?等)。

◆ここ数年、クリニックではなく自宅治療をメインににしている理由はこちら


【コメントのご質問について】

・視力低下により、一般的な質問だけのコメントがボヤけてよく見えないため、返信ができなくなりました。
・私でないと分からないご質問(私の施術の経過・感想など)は、これまで通りできる限りお答えしたいと思います。

・「この施術はこれに効くのか」、また肌について等の一般的な質問は、素人の私ではなく専門家に聞いてください。


しばしば個別にアドバイスやカウンセリングのご希望をいただくのですが、なにぶん備忘録を書いているだけのド素人ゆえ、お受けできかねますのでご了承ください。■


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


こいつら↓を1日各1回クリックしていただけると、私は大喜び、あなたの肌はより美しくなることでしょう。

blogranking にほんブログ村 美容ブログ 凹凸・クレーター肌へ


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


2000年12月
ビタミンCイオン導入を始める。2001年後半のビタミンC誘導体化粧品認可前は、動物用名目で販売されていたAPM(リン酸アスコルビルmg)「ニャンC」を使用。



haminco village 

2002年
スピロノラクトンで、毎朝のこもりニキビどもからようやく解放。

やっとこさクレーター治療に本腰を入れられるように。

クリスタルピーリング、クールタッチ、クールタッチⅡ、トレチノイン、ハイドロキノン、CO2アブレージョン、ヤグレーザー+切除縫合までやった肌です。それでもハレーション部分でさえも白く飛ばずにハッキリと凹みが分かるほどの陥没ぶりです。

haminco village 


2003年
上記に加えてTCAピーリングを2回受けました。

知人から「友達が、あの人肌きれいになったけど何かやったの?って驚いてるよ」と伝い聞きしたほど改善を見せた状態です。

各クレーターの角が取れ、ボックススカーから皿型になったからと思われます。

まーそれでもこんなもんです。

2004年12月
自宅TCAを始める。


2005年6月
ビタミンC誘導体をAPPSに切り替える。


2007年11月
クレーター治療に湿潤療法(主にキズパワーパッド)の併用を始める。最初の記事はこちら


2008年7月
自宅ダーマローラーを始める。最初の記事はこちら


2009年9月
アンコア(ブリッジセラピー)を受ける。最初の記事はこちら


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


haminco village  ◇◆haminco village◆◇
2007年以前の記録「ニキビ痕を治す会」などがあります。

faq  ニキビ・ニキビ痕FAQ
ブログ等でよくある質問をQ&Aでお答えしています。


・当サイト内のテキストおよび画像は無断で使用しないでください。
・エロスパム、マルチポスト等は削除させていただきますのでご了承ください。
・あくまでも私個人の効果、感想ですので、すべての人にあてはまるものではありません。
・このブログを参考にして起きたことのすべてに対して、一切の責任を負いかねます。







テーマ:
この体質のおかげで、脳内メーカーをやれば全面クレーターで占めるであろう精神状態が長らく続いておりました。
実際肌悩みはそれだけではないのですが、クレーターにはそれほどの破壊力があるということです。例えば、過剰な皮脂分泌も化粧は崩れるわテカテカヌルヌルで生活しづらいわで鬱陶しいんですよ。私の海馬も「過剰皮脂=嫌だ」という漠然とした認識なのですが、クレーターの存在感が圧倒的過ぎてそれ以外は蚊帳の外っつーか。

しかしここにきて執念がやっと成果に結びつき始め、ハレーションでも隠れないクレーターが自然光ではかなり目立たないレベルにまで改善してまいりました。

それにしても人間ってやつぁ貪欲なもんで、一つ叶ってくると次のものが欲しくなる。
しかしですよ。得てして欲ってのは悪者扱いされがちですが、誰にも迷惑をかけていなければ何も問題はないと思うんですよ。清貧なんてク★くらえってなもんです。せっかく生まれてきたのに、幸せを願って何が悪い。
勿論、何もかもを欲しがって分かりあえた友の愛した人でさえも狙ったりしちゃいけませんがね。

そこいくと自分の肌を改善しようとすることは、家事育児放棄してのめりこんだりしない限り人に迷惑はかけませんから、思う存分やっちまっていいんだと思います。
もし美肌体質の絶対量が決まっていて、それを取り合うシステムだったりすれば美肌の人の肌が荒れれば自分に分け前がくる可能性もあり、それはもうえげつない美肌争奪戦が繰り広げられることでしょう。しかし、ご存じの通り実際はただただ自分との闘いなのであります。
つまりは、勝利も敗北もないまま孤独な治療は続いてくというわけです。


てなわけで、皮脂抑制についてもあれこれ画策しまいりました。
古くは油分断ちから始まり、ビタミンB6とB2、女性ホルモン様物質(ザクロ、プエラリア、大豆など)、パントテン酸B群などなど。
でもって、人によってドンピシャはそれぞれですが、改めて私の体質には亜鉛がしっくりくると実感したのであります。
推奨の30mg/1日を超える50mgですが、こいつを欠かさず摂る。自己責任にはなりますが、このくらいの量であれば自分は支障ないと見ております。

テカリ民にとっては太陽は東から昇るくらいに常識の方程式があります。
「男性ホルモンテストステロン+酵素5αリダクターゼ=皮脂爆上げ男性ホルモンデヒドロテストステロン」
亜鉛の皮脂抑制メカニズムは、そこに一矢報います。この5αリダクターゼを抑制するわけです。

過去に、5αリダクターゼの受容体をブロックするスピロノラクトンで長年の難治性ニキビが改善した経緯を持つ私に合うのは自明の理っちゃ理なのやもしれません。
おかげさまで、ここんとこアクアエステソニックをの角栓掻き出しとライポザイムの角栓分解は共に週1くらいでいけてます。

口ばっか、もとい文ばっかでもなんなので、皮脂の減り具合を動画でご覧ください。


ほら、こんなに押してんのに角栓が出ないんだぜ!キャーこんなの初めて!

時折見える首筋の線でも明らかなように、かなりの強さで押しています。
これはグイグイ押しても出ないんだよという証明のためにやっておりますので、エクストラクター(押し出し器)をお持ちの面々は、こんなにやっちゃダメ、ゼッタイ。
こりゃ数日後皮むけ不可避でしょうな。

器具をかるーく当てるだけで、柱のような角栓やらお好み焼きマヨのような白いチュルチュルやらが売れるほど採取できていたのが信じられません。
角栓小鼻ニュルニュル


しかし、道のりはまだ長い。やはりクレーターは一筋縄でも二筋縄でもいかない。
それでも、前述のとおり治療を始めたころと比較するとかなり改善はしました。


2002
ハレーションど真ん中でも凹みがハッキリ分かる

ダウンタイム終了
2015
蛍光灯真下でも「ああ・・」くらいで許してもらえそうなレベル


先日もちらっと触れましたが、容赦なくアラを浮き出させる戦慄の蛍光灯下がかわいらしく見える異次元の空間がございましてね。その名も、凄惨極める「下からLED」であります。これはもう見る者すべてがチビってしまうと言われるほどの破壊力を有するという。ご覧になる方はくれぐれも覚悟されたい。

戦慄の蛍光灯下顔
戦慄の蛍光灯下


さあ、いくぜ。


凄惨を極める下からLED
凄惨極める下からLED

これほどうらめしや~がしっくりくるものもそうそうない。
ゴールはまだまだまだ先だと痛感させられるショットであります。

ただ、ヒアルロン酸注射が吸収されていない部分もあるような気もしますんで、もうちょっと時間が経てばちったぁマシになるかもしれません。かもだけどな。

しかし今私は幸いサブシジョンもどきのサブsをセルフでできる環境にあります。こいつは直接的にクレーターの元凶である瘢痕組織を攻撃しながら、ダメージもダウンタイムも大幅に抑えることができる手段。
できればTCAと組み合わせたほうがよりよいんでしょうが、季節的にも仕事復帰的にも今後TCAは厳しくなります。

だけども下からLED顔を目の当たりにしておきながら積極的な治療を半年以上禁欲するってのは、悟りを拓くレベルに達していないとなかなか難しい所業。
そんな中で、通年行える積極的治療サブsを知ることができたというのは非常に幸運だと思っています。

こいつを繰り返していく過程で、今後新規参入や軌道修正が入る可能性もあると思いますが、しばらくはオフシーズンでも「サブs+ダーマスタンプ+リカバリーセラムのエレクトロポレーション」をやっていけそうです。
AQリカバリーセラム

せっかくそこまで穴を空けるんですからリカバリーセラムには現場急行していただかんとね。物理的な瘢痕組織破壊とリカバリーセラムのPDGF(瘢痕組織除去・創傷治癒促進)のコラボなんて見ものじゃございませんか奥様。オラわくわくすっぞ!


下からLEDで震えあがってしまった手で、ついでにこいつら↓1日各1クリックお願いしますだ。
blogranking

にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(7)

[PR]気になるキーワード