はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~

18歳から人生の半分以上クレーター肌をやってるおばさんの実録。いじりナシの経過写真多数です。


         ■いつもご覧いただきありがとうございます■


     元難治性ニキビ、高打率クレーター移行体質の「はみんこ」です。


----------------------------------------------------------------------------------------

 このブログは、日々ニキビ痕(クレーター)の改善を目指しているおばさんの記録です。

実録ですので肌写真は自前です。お見苦しい点は何卒ご了承ください。

----------------------------------------------------------------------------------------


[記事の信憑性を増し、箔をつけるための大風呂敷]

・日本ニュートリション協会 サプリメントアドバイザー
・元某海外化粧品ブランド ビューティーアドバイザー
・全国珠算連盟 珠算1級 暗算1級


はじめてお越しの方こちら をご覧ください。

よくある質問こちら です(一番効果があった治療法はなんですか?この治療はどうだった?TCAはどこで買えるの?等)。

◆ここ数年、クリニックではなく自宅治療をメインににしている理由はこちら


【コメントのご質問について】

・視力低下により、一般的な質問だけのコメントがボヤけてよく見えないため、返信ができなくなりました。
・私でないと分からないご質問(私の施術の経過・感想など)は、これまで通りできる限りお答えしたいと思います。

・「この施術はこれに効くのか」、また肌について等の一般的な質問は、素人の私ではなく専門家に聞いてください。


しばしば個別にアドバイスやカウンセリングのご希望をいただくのですが、なにぶん備忘録を書いているだけのド素人ゆえ、お受けできかねますのでご了承ください。■


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


こいつら↓を1日各1回クリックしていただけると、私は大喜び、あなたの肌はより美しくなることでしょう。

blogranking にほんブログ村 美容ブログ 凹凸・クレーター肌へ


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


2000年12月
ビタミンCイオン導入を始める。2001年後半のビタミンC誘導体化粧品認可前は、動物用名目で販売されていたAPM(リン酸アスコルビルmg)「ニャンC」を使用。



haminco village 

2002年
スピロノラクトンで、毎朝のこもりニキビどもからようやく解放。

やっとこさクレーター治療に本腰を入れられるように。

クリスタルピーリング、クールタッチ、クールタッチⅡ、トレチノイン、ハイドロキノン、CO2アブレージョン、ヤグレーザー+切除縫合までやった肌です。それでもハレーション部分でさえも白く飛ばずにハッキリと凹みが分かるほどの陥没ぶりです。

haminco village 


2003年
上記に加えてTCAピーリングを2回受けました。

知人から「友達が、あの人肌きれいになったけど何かやったの?って驚いてるよ」と伝い聞きしたほど改善を見せた状態です。

各クレーターの角が取れ、ボックススカーから皿型になったからと思われます。

まーそれでもこんなもんです。

2004年12月
自宅TCAを始める。


2005年6月
ビタミンC誘導体をAPPSに切り替える。


2007年11月
クレーター治療に湿潤療法(主にキズパワーパッド)の併用を始める。最初の記事はこちら


2008年7月
自宅ダーマローラーを始める。最初の記事はこちら


2009年9月
アンコア(ブリッジセラピー)を受ける。最初の記事はこちら


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


haminco village  ◇◆haminco village◆◇
2007年以前の記録「ニキビ痕を治す会」などがあります。

faq  ニキビ・ニキビ痕FAQ
ブログ等でよくある質問をQ&Aでお答えしています。


・当サイト内のテキストおよび画像は無断で使用しないでください。
・エロスパム、マルチポスト等は削除させていただきますのでご了承ください。
・あくまでも私個人の効果、感想ですので、すべての人にあてはまるものではありません。
・このブログを参考にして起きたことのすべてに対して、一切の責任を負いかねます。







テーマ:
季節は巡り、切除縫合から半年ちょっと。
やっと縫合部分のシコリががなくなりつつあります。
この間にいろいろなことがありました。
家族間で仲良くインフルエンザをシェアしたり、いきなり関節に力が入らなくなり高熱が出てダウンしたり、包丁で指の肉をえぐってしまったり、ドアップで生の今井絵理子さんを見てしまったり、歌丸さんから春風亭昇太世代交代したり、実直な日本がメダルラッシュだったり、世の中はめまぐるしく変わりますな。

そのシコリがだいぶなくなった様子がこちらです。
肌近況1608
右下、やはり覚悟はしていた線は残っております。
もう、普通の人の平坦な肌までにはなれない宿命は受け入れているので、その中でよりよい精神状態を保つための改善をしていくのが私の目的なのであります。
なにしろ縫合前はこんな穴だったんですから。
向上心は持てども足るを知る。これ大事。
ほうれい線のクレーター

人は見た目じゃないよ!そもそももうオバハンなんだし!というなぐさめもございましょうが、特に顔というのはその人の象徴のようなもんですから、ある意味こだわりがあってもよいと思うわけです。

ちょっと前の話になりますが、小池百合子さんと石原元都知事のひと騒動が印象に残っております。
都知事が先天性の目の下のアザをカバーしている事情を、知ってか知らでか「厚化粧」と揶揄してしまったやつです。
ネットでは「顔はいつも見られる場所、顔にずっとアザがあるというのはどれだけ辛いことかと思うよ。見た目をけなすのは最低。」というような意見も多く見られました。

しかしこれ症状がクレーターになると、人口が少なく理解があまりないためか、今までも散々な言葉を浴びせかけられてきたわけです。
とは言い条、百合子の件の反応の通り、多くの人は本質は分かっているはずなんですよね。顔に壊滅的なネガティブ要素を抱えているということが、どれだけの心の負担になるかということを。
おっと、百合子とか馴れ馴れしく呼び捨てしてしまった。7月中だったら選挙法違反で豚箱入りだったな。

話を戻そう。
心=意識=想念というものが「人」を作っている根源だと思うので、そこに大きなダメージを与えるコンプレックスがあるならば、それに対して納得いく形で向き合うことは、自分の内面に対峙することになると思うのです。ぱっと見は外見に固執しているような印象ですが、実はその限りではないと。
まー、正直なところ、「きったねー顔のオバハン」という印象を持たれるのは嬉しかないので、外見にこだわっている部分もあるっちゃありますがね。

ただ、今は、なにがなんでもほとんどの人が持っている普通の平坦な肌が欲しいと思っていた治療黎明期とは、だいぶ意識は変わってきています。
そりゃ綾瀬はるか肌をくれるもんならもらいますし、よりよい改善法があれば興味は持ちますが、現実は自分のできる範囲で楽しく治療をしていくスタンスです。

そもそも、数学の公式じゃないんですから、ある一定の方法で誰でも同じ答えが得られるようなもんではないわけでして。
てなことを考えていたら、タイムリーに、AQ Skin Solutionsこんなサイトを見つけました。
かなり前の記事みたいですが。

インドネシアのジャカルタで、クレーターや傷痕治療のドクター向けトレーニングがあったという内容です。
なんとこのトレーニングメソッドが、我らが「リカバリーセラム+ダーマスタンプ」だつーんですよ。

AQリカバリーセラムはみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~-ダーマスタンプ針部分
固くなった凹み部分を壊してから成長因子を入魂するという、まさにこのフロー。
2012年、AQを見つけて使ってみた時の衝撃が甦るてなもんです。

おおっと、今書こうとしているのはそのことではなかった。
この地がインドネシアだということ。
感覚的に東北やロシアなど寒い地域では元からきめ細やかな肌質(体質)で、東南アジアなど赤道付近では毛穴が開いてニキビが多いという印象を持つ人が多いことでしょう。

しかし、寒い地域の人は規則的な生活習慣・スキンケアを行い、蒸し暑い地域の人はみんなアッパラパー、というわけではない。
人間ごときが操作できる範疇ではない、これこそ「持って生まれたDNA」だろうと。
だからこそ、AQがクレーター治療トレーニングに選んだ地も、ロシアではなく需要のある東南アジアだったのではないかと。


でもって、こういう肌質・DNAで生まれたからこそ考えさせられることもある旨を、2005年ころに作った本サイトでも書いていましたが改めて感じたわけであります。

具体的には、人の心の痛みだとか、願ったり努力すればなんでも叶うもんではないこと、このことをどう捉え消化(昇華)していくかということだとか、クレーター治療にいそしめる立場であること自体恵まれているという事実や、揶揄する人たちの認識や立場もそれぞれであること、辛いのは自分だけではない、やせ我慢はよくないが自分ばっかり何故という思考に陥ると利己的に傾く恐れがある、とか、とまあいろいろと感じるのであります。
汚肌街道初期は、ただただ落ち込み妬み恨み泣いてあがいていただけでしたな。
あらやだ、クレーターで悟りを拓いてしまったらどうしましょう。クレーター教とか笑えねえですよ。

普段、私の脳みそは「カピバラと脇腹って、なんか似てる。全然共通点はないのに。フフ。」みたいなことを考えるのが本業であるにも関わらず、このように下手に酷使してしまったためか、冒頭で挙げた関節ガクガクの38.5℃に見舞われたのやもしれません。知恵熱ってやつですな。

そんな不測のヘロヘロ時に活躍したニューカマーサプリがございまして、翌朝には普通に仕事に行けたほどの活躍ぶりでした。
これをぜひとも伝えたいと思いつつ、長くなったので次回に回します。なお、3ヶ月も空かない予定です。
ですので、後生ですからこいつら↓1日各1クリックお願いします。

blogranking  
 
にほんブログ村  


AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。