はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~

18歳から人生の半分以上クレーターなおばさんの実録。いじりナシの経過写真多数です。

元難治性ニキビ、高打率クレーター移行体質の「はみんこ」です。



            ★お返事が滞っております★

また子供が順番に熱出してみたり、夫の遅い夏休みで外出していたりしていたためです。お返事は、メッセージ、コメントともに今しばらくお待ちくだされ。


このブログは、日々ニキビ痕(クレーター)の改善を目指しているおばさんの記録です。

実録ですので肌写真は自前です。お見苦しい点は何卒ご了承ください。



はじめてお越しの方こちら をご覧ください。

よくある質問こちら です(一番効果があった治療法はなんですか?この治療はどうだった?TCAはどこで買えるの?等)。

◆ここ数年、クリニックではなく自宅治療をメインににしている理由はこちら


【コメントのご質問について】

・視力低下により、一般的な質問だけのコメントがボヤけてよく見えないため、返信ができなくなりました。
・私でないと分からないご質問(施術の経過・感想など)は、これまで通りできる限りお答えしたいと思います。

・肌について、この施術はこれに効くのか、等の一般的な質問は、素人の私ではなく専門家に聞いてください。


しばしば個別にアドバイスやカウンセリングのご希望をいただくのですが、なにぶん備忘録を書いているだけのド素人ゆえ、お受けできかねますのでご了承ください。■


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


         ■いつもご覧いただきありがとうございます■ 


こいつら↓を1日各1回クリックしていただけると、私は大喜び、あなたの肌はより美しくなることでしょう。

blogranking にほんブログ村 美容ブログ 凹凸・クレーター肌へ


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


2000年12月
ビタミンCイオン導入を始める。2001年後半のビタミンC誘導体化粧品認可前は、動物用名目で販売されていたAPM(リン酸アスコルビルmg)「ニャンC」を使用。



haminco village 

2002年
スピロノラクトンで、毎朝のこもりニキビどもからようやく解放。

やっとこさクレーター治療に本腰を入れられるように。

クリスタルピーリング、クールタッチ、クールタッチⅡ、トレチノイン、ハイドロキノン、CO2アブレージョン、ヤグレーザー+切除縫合までやった肌です。それでもハレーション部分でさえも白く飛ばずにハッキリと凹みが分かるほどの陥没ぶりです。

haminco village 


2003年
上記に加えてTCAピーリングを2回受けました。

知人から「友達が、あの人肌きれいになったけど何かやったの?って驚いてるよ」と伝い聞きしたほど改善を見せた状態です。

各クレーターの角が取れ、ボックススカーから皿型になったからと思われます。

まーそれでもこんなもんです。

2004年12月
自宅TCAを始める。


2005年6月
ビタミンC誘導体をAPPSに切り替える。


2007年11月
クレーター治療に湿潤療法(主にキズパワーパッド)の併用を始める。最初の記事はこちら


2008年7月
自宅ダーマローラーを始める。最初の記事はこちら


2009年9月
アンコア(ブリッジセラピー)を受ける。最初の記事はこちら


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


haminco village  ◇◆haminco village◆◇
2007年以前の記録「ニキビ痕を治す会」などがあります。

faq  ニキビ・ニキビ痕FAQ
ブログ等でよくある質問をQ&Aでお答えしています。


・当サイト内のテキストおよび画像は無断で使用しないでください。
・エロスパム、マルチポスト等は削除させていただきますのでご了承ください。
・あくまでも私個人の効果、感想ですので、すべての人にあてはまるものではありません。
・このブログを参考にして起きたことのすべてに対して、一切の責任を負いかねます。







テーマ:
泣く子と遺伝子には勝てねえ。身長やお酒の強さはもとより、努力遺伝子や浮気遺伝子なるものも存在するってんですから。よく「人間ごときが自然には逆らえない」と言いますが、遺伝子なんて自然の最たるもんです。

そうそう、具体的には、バソプレシンというホルモンの分泌や受容体が貧弱だと浮気性になるそうですぜ。
見聞きのレベルですが、酒、金、異性、時間にルーズな人は、やらかした時点では本気で反省していても根本的にはどうしても治らない。やはり生まれ持った体質というか個体差なんでしょう。

幸い努力を続ける遺伝子はある程度持っているようで、日記は21年毎日欠かさず、クレーター対策も15年ほど続けております。方向性が正しいのかどうかは分かりませんが。
浮気に関しては私は生涯一度もしませんな。なんの我慢も努力もなく。これも私の遺伝子ゆえなんでしょう。でも大丈夫ですよ。宇宙人にさらわれてオマエガウワキシナケレバチキュウヲホロボスとか脅されたら、断腸の思いで地球を救いますのでご安心ください。

さていきなり話がマッハレベルで飛びますが、私の大量皮脂製造。これも遺伝子のなせる業に違いありません。
過剰皮脂分泌ホルモンDHT、酸化して肌トラブルにつながりやすい皮脂の組成、炎症の起こしやすさ、これらはすべて体質。

それゆえ、自分の状態をベストにして「肌を守らなきゃ!と過剰分泌する皮脂」とやらを抑えたところで、それは自分史上最良状態であるにすぎないのです。その自分史上最良が一般的な数値である保障は一切ない。
絶好調のハリセンボンはるかが全力で食べても平均的な量には至らないであろうイメージ、とでもいいましょうか。
デフォルトの数値が平均値からかけ離れていちゃ、最高のパフォーマンスをしても目的は果たせないということです。

ついでに皮脂を火の勢いに例えてみましょうかね。一般人は、ストレスや気温という要素で多少ブレたとしても消火器で消せる範疇。一方、我々は山火事。
当然、山火事を消せる消火器なんてもんはありません。何機もヘリを機動して何日がかりで鎮火しなければならない、もうスケールっつーか次元が違うのです。

これでもう「もちもちの泡を転がすように優しく洗えば毛穴の汚れまで落ちます」
これが、私のような皮脂の前ではもろくも崩れ去る戯言にすぎないということは、もうとっくにご存じなんだろ?
文句ばっか言ってても埒があきませんので、スーパー皮脂人のオラは、ひと月ほどもちもち泡洗顔をやってみました。

この後しばらくグロ画像が続きます。

角栓
案の定こんな角栓が売るほど製造されました。


小鼻の横、ちょっと搾ればこの惨状。
小鼻ニュルニュル
こいつは汚ねえッー!皮脂以下のにおいが プンプンするぜッーーーーッ!!
あらかじめ断っていたとは言え、本当にすみません。


まあ、このザマは自明の理であります。
しかしですよ。こんな角栓祭りでも、長年対峙していた化粧1時間後にドロドロに溶けて落ちる事態は回避されているので、私史上ではずいぶんマシになった状態ではあるんです。それでもこんな。
パントテン酸ビタミンB群に加えて、今さら漢方まで参入させて抑え込んでもこのザマ。
それでもまだ、これを「体質だなんて言い訳だよ。不摂生してたりケアの仕方が悪いんだよ。」とぬかす輩がおったら、あふれ出る皮脂をそのきれいな顔に塗りたくってやるな。


漢方についてはまた次回書くとして、今回はそんな過剰皮脂除去についていこうかと思います。
さて、過去に音波ハブラシ洗顔を紹介したことがありました。とにかく角栓を落としたくてしかたなかった。あれから40年。今では加齢臭を落としたい。
ではなく、あれから数年、今では超音波のウォータークレンジングがたくさん出ているんですな。2年くらい悩んでたけども、タイムリーに日テレのポシュレで紹介するもんで、ついにアクアエステソニックを買っちまいました。

さっそく、毛穴の汚れも落ちるはずのもちもち泡洗顔の後にやった結果がこれ。

アクアエステソニック


やっぱり、換気扇にこびりついたしつこい油汚れは特化した落とし方でなけりゃ落ちないんですよ。国分太一さん推奨のジョイのなで洗いもお皿や鍋ならいいけど、換気扇には太刀打ちできんのです。

まずはこれ単体のパワーを知りたかったためプレケアは泡洗顔のみにしておりましたが、今後は全力でいくんで週1でライポザイムの角栓分解を併用します。
ライポザイムのカプセルを開けてクレイパックに混ぜるのは、なんとか頑張ってますが正直面倒です。そこんとここいつは、充電式な上に洗顔後に顔を水で濡らすだけですぐ使えるので、継続しやすく素晴らしい。


さて、日ごろAQ Skin Solutionsの成長因子でベストな肌組織(真皮、表皮)を構築すべく邁進しておるわけですが、さすがにホルモンに起因する皮脂大量生産体質はどうにもならん別ジャンルであります。したがってクレーター改善とは並行して取り組むほかありません。
ただ平行することで相乗効果はあると思われます。なにしろ、酸化皮脂はアクネ菌のエサ、詰まった角栓はあいつらにとって心地よい無酸素環境。そのせいで、肌がニキビ、炎症、酸化に見舞われれば、成長因子に余計な仕事を課すことになり効率が落ちます。
そしてなによりあんなに邪魔者が詰まっていたら浸透するものもしやしねえ。さすがのミスアリーヴォさんもも匙投げるってもんです。

そんなわけで、TCAシーズン前にいいタイミングで角栓除去+細胞育成に取り組めているので、ベストコンディションで「TCA+ダーマスタンプ3.0mm、リカバリーセラムミスアリーヴォ」に臨めそうです。
はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~-ダーマスタンプ針部分AQsolitionsリカバリーセラムはみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~-ミスアリーヴォ


そう、体質は一筋縄ではいきませんから、皮脂については外側からの除去だけでなく漢方を含めた内側からの対策も講じております。こうやって全方向から攻めてようやく目標の30%くらいといったところでしょうかね。
過剰皮脂体質+クレーター体質。これはもう、厄介な体質選手権・直接的に命に関わりのない部門ではメダル獲得レベルですわ。
さすがにメダルレベルは曲者ぞろいですぜ。競合の借金癖体質、浮気体質なんかもなかなかヘビーでしょう。
仮に同部門なら体質トレードOKとか言われても、つるすべもちもち肌の多重債務浮気女になったらそれはそれで困るな。やっぱ、クレーターと皮脂対策を頑張ることにすっか。

月イチ更新になっちまってんのにクリックしていただけ涙がちょちょぎれます。
今後もこいつら↓1日各1クリックお願いしますだ。

blogranking

にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(28)

[PR]気になるキーワード