はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~

18歳から人生の半分以上クレーターなおばさんの実録。いじりナシの経過写真多数です。

元難治性ニキビ、高打率クレーター移行体質の「はみんこ」です。


このブログは、日々ニキビ痕(クレーター)の改善を目指しているおばさんの記録です。

実録ですので肌写真は自前です。お見苦しい点は何卒ご了承ください。



はじめてお越しの方こちら をご覧ください。

よくある質問こちら です(一番効果があった治療法はなんですか?この治療はどうだった?TCAはどこで買えるの?等)。

◆ここ数年、クリニックではなく自宅治療をメインににしている理由はこちら


【コメントのご質問について】

・視力低下により、一般的な質問だけのコメントがボヤけてよく見えないため、返信ができなくなりました。
・私でないと分からないご質問(施術の経過・感想など)は、これまで通りできる限りお答えしたいと思います。

・肌について、この施術はこれに効くのか、等の一般的な質問は、素人の私ではなく専門家に聞いてください。


しばしば個別にアドバイスやカウンセリングのご希望をいただくのですが、なにぶん備忘録を書いているだけのド素人ゆえ、お受けできかねますのでご了承ください。■


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


         ■いつもご覧いただきありがとうございます■


こいつら↓を1日各1回クリックしていただけると、私は大喜び、あなたの肌はより美しくなることでしょう。

blogranking にほんブログ村 美容ブログ 凹凸・クレーター肌へ


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


2000年12月
ビタミンCイオン導入を始める。2001年後半のビタミンC誘導体化粧品認可前は、動物用名目で販売されていたAPM(リン酸アスコルビルmg)「ニャンC」を使用。



haminco village

2002年
スピロノラクトンで、毎朝のこもりニキビどもからようやく解放。

やっとこさクレーター治療に本腰を入れられるように。

クリスタルピーリング、クールタッチ、クールタッチⅡ、トレチノイン、ハイドロキノン、CO2アブレージョン、ヤグレーザー+切除縫合までやった肌です。それでもハレーション部分でさえも白く飛ばずにハッキリと凹みが分かるほどの陥没ぶりです。

haminco village


2003年
上記に加えてTCAピーリングを2回受けました。

知人から「友達が、あの人肌きれいになったけど何かやったの?って驚いてるよ」と伝い聞きしたほど改善を見せた状態です。

各クレーターの角が取れ、ボックススカーから皿型になったからと思われます。

まーそれでもこんなもんです。

2004年12月
自宅TCAを始める。


2005年6月
ビタミンC誘導体をAPPSに切り替える。


2007年11月
クレーター治療に湿潤療法(主にキズパワーパッド)の併用を始める。最初の記事はこちら


2008年7月
自宅ダーマローラーを始める。最初の記事はこちら


2009年9月
アンコア(ブリッジセラピー)を受ける。最初の記事はこちら


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


haminco village ◇◆haminco village◆◇
2007年以前の記録「ニキビ痕を治す会」などがあります。

faq ニキビ・ニキビ痕FAQ
ブログ等でよくある質問をQ&Aでお答えしています。


・当サイト内のテキストおよび画像は無断で使用しないでください。
・エロスパム、マルチポスト等は削除させていただきますのでご了承ください。
・あくまでも私個人の効果、感想ですので、すべての人にあてはまるものではありません。
・このブログを参考にして起きたことのすべてに対して、一切の責任を負いかねます。







テーマ:
会報誌を見ていたら、お便り欄に30周年へのメッセージ募集!てな記載があり、ああ30年かーと一人で耽っておりました。
84年、米店の小冊子「ほのぼの」の広告でESS(以下敬称略)を知ったこと、使い始めたMy revolutionが高校一年の90年。かなりの古株であります。

とはいえ、久方ぶりに先日クレーターカモフラ実験のためフィフローを買ったくらいで、まるでいい客ではありません。そのくせ、昔からお前のこと知ってんだぜヅラをかます。そんな面倒くさいオバサンからメッセージが届いても嫌でしょうから、こっちで勝手に書くことにしました。
ESSには勝手にいろいろと思い入れがあるもんでしてね。


なにしろ私が洗顔に興味を持ったきっかけはESSなのであります。ビオレやページワン(ヤングは知らないか)を使いながら、大人な高校生になってパパウォッシュを買うんだと夢見て中学時代を過ごしたわけです。

papawash


ところが念願の使用開始から1年半くらいでニキビが常駐し始め、慌ててポリーゼパックやACアクネシリーズ等を投入するも、まったく悪化は止まらない。これがパパウォッシュのせいでもなけりゃ、あの時は何をしてもどうにもならんかったことを知るのはずいぶん後で、当時は疑いをかけて浮気もしたもんです。


当然、それから数年経ってもRomanticは止まらない。
ますます惨状に磨きがかかってきた94年、エスティーローダーから画期的なフルーツ酸美容液「フルイション」が発売されます。浮気したくてまー辛抱たまらん。しか し、膿み腫れニキビとクレーターだらけの19歳がエスティのカウンターになど、とてもじゃないが行けるわけがない。私が園遊会の場にいるくらいに恐れ多 い。2秒でつまみ出される。

とはいえ、フルーツ酸とやらが私の肌をどうにかしてくれんじゃないかという希望が捨てきれずくすぶっておりました。そうしたらなんと光の速さでESSからフルーツ酸配合「フレッシュベール」発売!
しかも会報誌には「ニキビ跡が薄くなった!」とか書いてあるじゃありませんの。まー飛びつきましたよ。顔を見られず購入できる、これでボコボコがなくなる!と信じて何年もリピートしましたな。結果はご存じの通りでしたが。

まあ当たり前です。男性ホルモン受容体がおかしいだとかの、体質からくる膿みニキビや真皮が壊れたクレーターに、フルーツ酸風情が効くわけない。このことを知るのもずいぶん後なんですがね。

またこれはニキビと無関係ですが、それから間もなく、ディオールから痩せるジェルとして一世を風靡した「スヴェルト」が発売になります。その頃は現役BAで、カウンターのある1階から最上階まで列をなしている様子が今でも鮮明に焼き付いております。最近で言えば妖怪ウォッチのメダルみたいなもんか。
話がそれたよ。そう、そして、またもや間髪をいれずESSからスリミングジェルが発売。

フルーツ酸もスリミングジェルも、当時は新ジャンルであったにもかかわらず、このESSの動きの早さは一体なんなんだ。商品化までには、企画、試作、モニター試験等、時間がかかるはずなのにこの早さ。ESSにはとんでもない目利きかスパイがいるんじゃねえかと目が離せませんでした。
また、白いハトムギ化粧水を「スキンコンディショナー」の名称 で販売する心臓の強さにもシャッポを脱ぎましたな。
・・てな具合に斜に構えて会報誌を読み、しかもたいして買わない。そしてネットには書く。極めて嫌なババアです。

でもパパウォッシュのさっぱりした洗いあがりは好きなんすよ。真皮再生に寄与するAQシリーズのような必要不可欠アイテムではありませんが、それでも週2パパウォッシュはずっと続くでしょう。それは、いわゆるプルースト効果、嗅覚や味覚から過去の記憶が呼び覚まされるというやつの所為です。

パパウォッシュの香りを嗅ぐと、肌関係のもろもろが走馬灯のように駆け巡るのです。
スキンケアに興味を持ち始めた小4、既に取り壊された実家の洗面所でパパ ウォッシュを使っていた記憶、ニキビが出始めみるみる悪化して苦しんでいたころ、きれいなメイクや服のリア充を尻目に惨めになっていく様、化粧品でクレー ターが治ると信じていた迷走時代、難治性ニキビの実情を知り悪戦苦闘する熱中時代などなど。

てなことから、あの匂いは肌治し作業のモチベーションを上げるんですわ。なにが悲しゅうて劇薬で顔を溶かしたり針ぶっ刺したりせにゃならんのかと思うことも多々あるわけで、そんなときにはパパウォッシュで洗顔する。するってえと、たちどころに闘志が湧き上がるというわけです。

そして同時に自戒にもなっております。会報誌の「パパウォッシュでニキビが治った!」「ニキビ跡がなくなった!」が自分にも起こると信じ、何年も無駄にしたことです。
つまり、一般的なニキビではないということに気付けなかった失態。ハタチの頃、悪化しているのに出されるまま2年も抗生物質を飲み続けて、重症化に拍車をかけてしまったことにも通じますが、疑って調べて違う道を模索するということができなかった。

まあできてたとしてもネットのある今のようにはいかなかったでしょうし、当時は手段そのものがほとんどありゃしなかったんですからESSは悪くないんですがね。辛い状況とパパウォッシュがシンクロしてしまっただけで、ESSはたまったもんじゃありません。

ただ私はそれらを教訓にして、「自分に」合った方法をしつこく模索する癖はつきました。
今自分はどういう状態なのか、それはありがちなことなのか珍しいことなのか、この悩みを解消・緩和する手段があるのか、あるとすればなにか、そのためにはどんな物・処置が必要なのか。
そうやっていくうちに辿り着いて、一定の成果が見られ定着したのが、成長因子AQリカバリーセラム、フラナガン水素メガハイドレート、トランスフォーメーションピュアザイムなのです。
AQsolitionsリカバリーセラム はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~-メガハイドレートはみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~-トランスフォーメーション・ピュアザイム 
よくある「今までいろんな経験もあったけどぉー、これを乗り越えてこなければ旦那には出会えてなかったのぉ。」的なやつです。

このように、ESSは私の肌人生において10歳から多大な影響を及ぼし続けている会社なのであります。勝手にこんなところから改めて30周年おめでとうございます。

子供が立て続けにヘルパンギーナになったりでまた間が開きましたが、どうか見捨てず↓1日各1クリックどうかお願いしますだ。
blogranking

にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(7)

[PR]気になるキーワード