久場先生が裏分解セミナーで披露されている剛柔流の取り手技法。

手首や肘を極めながら投げ崩す数々の技法を説明しながら、久場先生は「合気道では◎◎というらしいけど…」と、よく合気道との類似性を語っておられました。

私がいま合気道を習っているのは、そうした久場先生の発言の影響もあります。

しかし、合気道をかじり始めてみて、改めて久場先生のセミナーDVDを見直してみた感想は…「合気道とは全然違う!」

もちろん、合気道初学者が学ぶ基本型と、久場先生のようなグランドマスターが体現される技法が異なるのは当然のことなのですが、合気道の高段者が見せる技法と比べてみても、久場先生のそれは大きく異なっていると感じるのです。

まだその違いを上手く語れないのですが、
・合気道の投げが、打撃のリズムとは異なる抗えない等速運動の世界に相手を誘い込むのに対し、
・久場先生のそれは、打撃と同じリズムの中で突き蹴りの呼吸で繰り出されている、
という印象です。

打撃を繰り出す相手を異空間に引き摺り込もうとする合気道に対し、相手と同じ空間に留まりつつ打撃と同じスピードで取り手を極める久場先生。

相手と同じ地平に立たない合気道を“高度”と捉えることもできる一方で、呼吸とその場での落下を織り混ぜることで刹那の崩しを行う久場先生の技法の方が“高度”と言えるかもしれません。

少なくと、合気道をかじり始めたことで、「いま見れば、空手の取り手は原始的に見えるのでは?」と失礼なことを考えていた私は、見込み違いをしていたのだと分かりました。

今の所属会派では実際に取り手を交えた自由組手を行うのですが、互いに同じ技法を使う者同士の戦い故に、そこには拮抗状態が生じます。
あの拮抗状態から技に移行するには、久場先生が使う一瞬の落下、一瞬の力の解放による崩しがむしろ有効になりそうな気がします。

セイエンチン初手の四股立ち落下、四股立ちの弧の運足、そしてサンチンの転換歩方の際の股関節の解放による弾き。

特にこれらは使えそうな気がします。

AD

コメント(5)