ひろじの物理ブログ ミオくんとなんでも科学探究隊

不思議ですてきな科学の世界。ミオくんといっしょに探究しましょう。


ご挨拶

 まんがと対話の「ミオくんとなんでも科学探究隊」(略称「ミオくんと科探隊」)で、自然科学の世界を楽しむサイトです。
 科学のいろんな分野を扱いますが、ぼくの専門が物理なので、物理学的なアプローチになります。
 自然科学についての記事は、小学生高学年から大人の方までが対象ですが、記事によっては高校以上の理科・数学の知識が必要なものもあります。

 コンテンツが多くなってきたのでサイトマップを作りました。

最初に下記のリンクでサイトマップ1・2をご覧になってください。

 そこから、サイトの各記事にリンクできるようになっています。

 自然科学教育についての身辺の出来事や、随想、論文、実験や教材の紹介もしています。
 心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(ひろじ)


まんが「ミオくんとなんでも科学探究隊」
 不思議な能力をもつミオくんと科探隊が、自然科学の謎をめぐって冒険をします。
ゲーム「ミオくんと科探隊」
 物理アドベンチャーゲームで遊ぶ、ミオくんと科探隊の新冒険です。
新科学対話「ミオくんと科探隊」
 まんがと対話でつづる、ミオくんと科探隊の新冒険です。
科学対話「ミオくんと科探隊」
 ひろじと科探隊との対話で、自然科学のさまざまなテーマを探ります。


自然科学・科学教育 まんが・イラスト/実験・教材
 まんが・イラストなどにより、自然科学の実験や教材の紹介・解説をしています。
自然科学・科学教育 エッセイ/ダイアリー/レポート
 自然科学や科学教育に関連する話題や、論文などを載せています。

【ご注意】このブログサイトで紹介している実験の中には、予測できるもの、予測できないものも含め、危険な事態が生じる場合があります。実験はすべて、ぼくやぼくの知人が実際に行ったことのあるものばかりですが、実験を再現される場合は、記事や参考文献の内容をよくご理解の上、ご自分の責任において行ってください。なお、生徒さんやお子さんの場合は、自分たちで単独では行わず、しかるべき指導者や保護者の方のご指導のもとに行ってください。

テーマ:

 

 「すぎもとくん」のモデルであるスギさんからFBのメッセージが届きました。長いPNG(パプアニューギニア)での国際支援活動(理科教員になる人たち向けの講座が主な活動)を終え、日本に帰ってきたので、会って飲もう、というお誘い。土産話が楽しみです。向こうへ行ってすぐ火山の噴火があったので、その話の詳細も聞きたいですねえ。(PNGでの土産話は、いずれここで、ご紹介できると思います)

 

 偶然は重なります。メッセージが届く直前は、ちょうどこのサイトに未掲載の「すぎもとくん」が載ったミニサークル誌「みゃあみゃあ」を資料の山から発掘し、それをデジタル修正加筆していたところでした。(原稿がほとんど紛失してしまっているので、自分でも何作書いたのか記憶にありません。かろうじて、ミニサークル誌のバックナンバーから、拾い出して紹介するのがやっとです)

 

 上の「水素爆発編」も、実話。同僚のTさんの鋭すぎる指摘も見逃せません。

 

 本人曰く「Tさんにいわれたけど、まあなんとかなるだろうとそのまま教室へ持っていって実験したんだけど、点火したら下のゴム栓がどかーんと下へはずれ、教卓の上がびしょびしょになった」・・・

 

 おそるべき心臓。

 

 同僚のTさんはぼくらの大先輩で、愛知物理サークルの創設者の一人。ぼくらと違って、作った実験装置をきちんと保管したり、壊れにくく工夫して毎年繰り返し使えるようにしたりと、細かい配慮をするタイプ。さすがですね。

 

 ところで、Tさんは東海豪雨のときにひどい目に遭っています。

 

 あのときはTさんの勤める学校は1階校舎が3メートルほど水没しました。重い教卓が浮力で床からめくれ上がるように外れていました。

 

 Tさんがこまめにまとめていた資料も実験装置もすべて汚水に水没。

 

 後片付けの応援に駆けつけると、Tさんががっくりと肩を落としていました。

 

 話を聞くと、先発隊で来たボランティアの人たちが、部屋の片付けをしてくれたのはいいんだけど、Tさんが作った実験装置の数々を「ゴミ」だと思って、ほとんど捨ててしまったというのです。

 

 専門外の人から見たら、ぼくらの作る装置は、たしかにゴミにしか見えないかもしれません。STRAY CATSのアイコンの通りです。

 

straycats image

 

 さて、スギさんの水素爆発の話に戻ります。

 

 水素の爆発をゴム栓を飛ばすことで見せるというのが、大迫力。冷静に考えれば上のゴム栓も下のゴム栓も摩擦で筒に留められているのだから、上のゴム栓だけ飛び上がると考える根拠はないわけです。

 

 でも、初めての装置をつくるときは、こういうミスはよくあること。思い込みは、実際に実験することで、一つ一つ消えていきます。(先日のフェナキストスコープの記事も同じで、当初、ぼくの頭の中では絵の1枚一枚が順に見えるだけで、動画になると思いこんでいました。絵と絵の間に白い壁が挿入されると、動画は非常に見にくくなるなんて、やってみるまでわかりませんでした。覗き穴の紙を黒くするだけで、動画の見やすさが改善されましたのに、感動しました)

 

 水の電解との絡みでの実験なので、こういう形式の爆発装置になっていますが、気体の爆発だけ見せたいなら、もっと簡単な「爆鳴器」という装置もあります。こちらは、また、別の機会に紹介しますね。

 

関連記事

 

→元祖アニメ・手作りフェナキストスコープ

 

→すぎもとくん#1指に火を・・・

 

→すぎもとくん#2実験の鉄則編

 

→すぎもとくん#3熱気球騒動

 

→すぎもとくん#4スキー場で

 

→すぎもとくん#5用水路編

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「その他」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。