浜設計工房のブログ

千葉県千葉市を中心に、注文住宅・リフォームの設計施工をしています。


テーマ:

新年あけましておめでとうございます。

 

ブログをご覧いただいている皆様に新年のお慶びをこころより御礼もうしあげます。

断熱材アイシネンの施工写真と気密測定結果を添付します。

アイシネンの屋根と壁施工写真

 

屋根と壁の境目を吹き付けしているところです。

熱伝導率は他の充填断熱材と比較してもあまり変わりはありませんが、

アイシネンの特徴として他の断熱材に比べて吹き付け後も綿のような

柔らかさがありここちがいいですね。あまり固くならないのが特徴のようです。

 

壁吹き付け後の写真です。

 

ここで注意しておかなくてはならない事があります。

写真の上下に黒い四角のものがありますがコンセントのBOXです。

充填断熱の場合電気の配線工事を先に施工しておかないと

後からでは配線ができなくなってしまいますので事前にコンセントの

位置や照明の位置などの打ち合わせが必衰です。

 

外張り断熱施工の場合は大丈夫です。

もちろん施工前に打ち合わせをして配線工事を行います。

 

断熱性能を上げるのは簡単。

 

断熱性能を上げるには断熱材を屋根や壁にたくさん断熱材を使えば

温かくなります。寒くなったとき洋服を重ねれば寒さをしのげると

同じように知識のない工務店やハウスメーカーでもできます。

 

しかし、断熱材をいかに有効に使うかが技術であり設計者ではないでしょうか

 

浜設計工房は断熱材を100%有効にするために気密を重点

において施工しています。

気密測定機の写真

一般的に気密測定値1.5㎝2/m2~1.0㎝2/m2

良くて0.8㎝/m2と聞いてます。

 

弊社は今まで測定結果として0.5㎝2/m2~0.3㎝2/m2平均値0.4㎝2/m2

ですが今回は驚異的な数値が出ました。

昨年の11月に気密測定

 

相当隙間面積0.14㎝2/m2という驚異的な数値がでました。

 

建物面積は46坪ダブル断熱施工ZEHの建物です。

床下や小屋裏も含めて隙間面積が29センチですから5㎝X6㎝の大きさも

ない隙間になり、年賀はがきの4分の1以下の隙間になります。

 

いかに性能のいい断熱材を使っても、それを生かせなくては意味はありません

その技術を持っている工務店選びが大切だと思います。

 

一番重要なのは断熱性能、気密性能だけではなく、換気や結露、

シロアリなどの対策も非常に大切な事です。

それぞれの課題を考慮できる工務店がHAMA設計工房です。

 

住みごことのいい住まいづくり

 

それはすべてを含むトータルコーデネートだと思います。

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)、長期優良住宅の

申請から設計施工まですべて

 

HAMA設計工房が行なっています。

 

今後とも宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浜設計工房さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。